« バーゲンセール | トップページ | 二つのバイオリン »

2013年7月19日 (金)

モータウン

1960年代イギリスのリバプールサウンドとアメリカのモータウンサウンドが若者音楽の中心であった。スモーキーロビンソン&ミラクルズ、スティーヴィーワンダー、ダイアナロス&シュプリームス、ジャクソン5、テンプテーションズ、マーヴィンゲイ、コモドアーズ・・・これらのアーチストを輩出したのがアメリカデトロイトを拠点に持つモータウンレコードである。デトロイトは自動車の町でありアメリカ発展の象徴のような都市であったが、財政破綻のニュースを聞き、栄枯盛衰を感じる。モータウンサウンドの代表格マイケルジャクソンは既に他界し、スティーヴィーワンダーも63歳、ついでながら11月に来日するリバプールサウンドの代表格ビートルズのポールマッカートニーはリンダと死別し、ヘザーミルズと再婚したが50億円の慰謝料を払って離婚し、ナンシーシェベルに5カラット5千万円のダイヤモンドを贈って17歳差婚を実現し50年以上現役であり続けているが、いまや71歳の高齢者である。

« バーゲンセール | トップページ | 二つのバイオリン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーゲンセール | トップページ | 二つのバイオリン »