« 責任 | トップページ | 模様がえ »

2013年7月26日 (金)

高速鉄道

スペインの列車脱線事故のニュースを聞いて、尼崎のJR脱線事故を思い出した。今回のスペインの高速鉄道の事故については現在調査中だが、カーブでの制限速度80kmの倍以上の190kmのスピードで走っていたと言う証言を聞くと、運転手が遅れを取り戻そうとした結果の事故であるように思える。 スペインの運賃払い戻し条件は、20分の遅れで25%、40分で50%、60分だと100%なのだという。      日本は2時間遅れで全額払い戻しだから、スペインは厳しい。中国やスペインは高速鉄道で速さ世界一を争っているようで、そこには「安全」と言う言葉は二の次のように思える。       こんな国の高速鉄道は乗りたくない。

« 責任 | トップページ | 模様がえ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 責任 | トップページ | 模様がえ »