« 時代劇 | トップページ | 流行語 »

2013年9月25日 (水)

JR北海道

JR北海道の不祥事には呆れる。JR北海道は関西で言えば関西電力や大阪ガス同様ほぼ独占企業である。こんな状況で顧客第一とか安全第一と言う発想など生まれてくるはずはない。最初は運転手が操作ミスを隠すためATSをハンマーで破壊し、赤字だからレール幅の広がりを放置すると言う感覚は、運輸業に携わる企業としては最低最悪だ。当初は97か所と言っていたが、線路異常検査基準を間違って適用したのが新たに判明し、実は民営化以前の旧国鉄時代から28年間、間違った検査を続けていたらしく、異常放置は267カ所に増えたとか。ロシアや中国じゃあるまいし、ここは日本だ。JR四国だって、赤字のほぼ独占企業だが、なぜ四国に出来ることが北海道で出来ないのだろう?交通手段に選択肢のない道民が気の毒だ。

« 時代劇 | トップページ | 流行語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代劇 | トップページ | 流行語 »