« 4万キロ | トップページ | 台風18号 »

2013年9月14日 (土)

婚外子

結婚していない男女間に生まれた婚外子の遺産相続分が、結婚した夫婦の子の半分とした民法の規定は「違憲」だと最高裁が9月4日に判断したことについて、どの新聞もこぞって評価したが、全面的に違憲というのは言いすぎのように思う。ケースバイケースだ。妻子を持つ父と未婚の母との間に生まれた裁判の当事者の一人は、父が亡くなり、相続問題が持ち上がって初めて差別を実感し、どんな立場で生まれても子供は平等と認めてもらうために訴えたと言う気持ちは十分わかる。朝日新聞は「国内外から指摘されて久しい問題で遅すぎた救済」とさえ書き、読売新聞も、シングルマザーという言葉が定着し、事実婚も珍しくなくなった風潮を挙げて、「日本人の家族観の変化を踏まえた歴史的な違憲判断」と歓迎している。世界の流れと言うが、でも日本の家族観が悪いとは思わないし、何でもかんでも西洋第一と言う考えもおかしい。であるなら「日本的結婚制度は崩壊」し「ますます非婚化」し「婚外子をつくることが公然と正当化」される。たとえば親の介護を長年してきて、親がなくなり遺産相続の場面で突然、介護を何一つやって来なかったのに「私も遺産相続する権利が同じだけある」と見ず知らずの人間が現れたら、だれだって怒る。婚外子が生まれる理由は不倫だけではない場合もある。結婚とは何かと言うことをもう一度考え直す必要がありそうだ。事実婚とかシングルマザーは、私たちの世代が身につけている道徳観とは若干ズレがある。生まれてきた子供は平等だと言っても、大金持ちのお坊ちゃまと貧乏な家の子とはスタートラインから違うのも事実だ。

« 4万キロ | トップページ | 台風18号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4万キロ | トップページ | 台風18号 »