« 藤原の効果 | トップページ | ドラフト会議 »

2013年10月23日 (水)

食材偽装

冷凍保存した魚を「鮮魚」として提供し、「九条ねぎ」と表示しながら一般的な青ネギなどを使用し、「芝海老」と表示しながら安価なバナメイエビ(クルマエビ)を使用し、「手捏ね煮込みハンバーグ定食」で既製のハンバーグを提供したり、「自家菜園サラダ」を別ルートの野菜で出したり、、「レッドキャビア」と表示しながら本来の「マスの卵」ではなく、「トビウオの卵」を使用したり、メニューの偽装問題が発覚した阪急阪神ホテルズの系列ホテルでは、利用客らからの問い合わせや苦情の電話が殺到しているそうだ。返金に応じるというが、どうやって対応するのかパニック必至だ。なぜこんな事実が発覚したのか不明だが、おそらく正義感の強い料理人が告発したか、逆に会社に恨みを持つ社員の内部告発だろう。私はほとんど外食をしないが、多かれ少なかれこんな偽装はどこでも日常的に行われていると思っている。飲食業は裏に回れば「見てはいけない恐ろしい事実」がたくさんあると思う。それを承知で外食するほかない。

« 藤原の効果 | トップページ | ドラフト会議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤原の効果 | トップページ | ドラフト会議 »