« 家族葬 | トップページ | 社葬 »

2013年10月10日 (木)

美味しい米

美味しい米は「コシヒカリ」「あきたこまち」「ササニシキ」と思っていたが、最近は「森のくまさん」「ヒノヒカリ」「さがびより」「ハナエチゼン」「なすひかり」「つや姫」「ひとめぼれ」「ゆめぴりか」そして特別賞?「里田米」・・・など人気ブランドも年々変化している。とは言え、美味しいという評価は極めて主観的なものであり、またイメージにも左右されるし、食べる環境、炊き方次第でどのようにも変化する。一人で食べるご飯は多分美味しくないし、食卓を囲むメンバーによって味も左右されるものだ。また安物の炊飯器で炊いたご飯はやはりそれなりの味になってしまう。また我が家のように、食べる前に精米したてのご飯はたとえ古米でも味は良い。TPPの成り行き次第では、関税が撤廃され、外国の安価な不良米が怒涛のごとく流れてきて、それに耐えきれず良質な日本米が淘汰されると言う事もあり得る話だ。聖域なきと言うが、私は米と乳製品と医療・保険制度は絶対守るべき聖域だと考えている。

« 家族葬 | トップページ | 社葬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族葬 | トップページ | 社葬 »