« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

年の瀬

晩秋を堪能するまもなく、カレンダーもいよいよ残り一枚になり、いよいよ年の瀬である。年末と言えば業界のドン、バーニングプロダクションの周防郁雄の意向で決まる日本レコード大賞、受信料で成り立つNHKが制作費に3億円もつぎ込む紅白歌合戦、そしてMicrosoftのOS発売じゃあるまいし全国各地で行われるカウントダウン。「ダウンタウンのガキの使い」に「ドラえもん」に「ボクシング」・・・もっと気の利いた番組はないものか?今年もひねくれ爺がぼやく年末になりそうだ。

2013年11月29日 (金)

琵琶湖の魚

琵琶湖の魚を使った料理でおいしかった、または食べてみたい料理①うな丼②アユの塩焼き③シジミ味噌汁④小鮎の天ぷら⑤シジミご飯⑥ふなずし⑦エビ豆⑧コイの造り・・・のじゅんだったそうである。うな丼は意外である。①琵琶湖のウナギは天然ものなので超高級で私のような下々の人間は食べたことがない。②③④⑤シジミやアユはまず順当なところ。⑥ふなずしは嫌いなので脅迫されても絶対食べない。⑦アレルギーなのでエビの入っていないエビ豆なら食べる。⑧コイの造りは生臭いので嫌だ。結局私は滋賀県民なのに、滋賀県の食材は基本的に嫌いと言うわけだ。近江米と近江牛はOKだが・・・。

2013年11月28日 (木)

参議院違憲

今年7月の参院選が違憲と判決が出た。たしかに鳥取選挙区で自民党の舞立昇治さんが約16万票で当選したが、東京選挙区では民主党の鈴木寛さんが約55万票で落選。これは確かに不合理だ。しかし3年ごとに半数が改選なので定数は最低でも2となる。鳥取の定数2であれば人口から考えて東京の定数を44にしないと格差是正は数字的にできない。現実東京は定数10である。東京、名古屋、大阪に人口の50%以上が集中している限り格差是正はできない。しかし私には秘策がある。良識の府と呼ばれているがタレントや評論家のような無駄と言っては失礼だが、政治を勉強していない人間が本当に国会議員として必要なのだろうか?参議院をなくしてしまえば、問題は一気に解決すると思うのだが。

2013年11月27日 (水)

猪瀬知事

猪瀬東京都知事が初対面の徳洲会の人から、選挙前に無利子無担保で5000万円を個人的に借用すると言う、あまりにも胡散臭い子供でもわかる99%ギルティな話をいったい誰が信用するのか?個人的に家を建てるとかする場合、病院ではなく銀行から借金するのが普通だ。しかも会見たびに発言が二転三転し、なかったはずの借用書が,いつ捏造されたのか知らないが、公にされ、しかもその内容が、子供銀行の借金ごっこのような、印紙も印鑑もない「5000万円」と書かれた稚拙なものだ。普通「金五千萬円也とか¥50,000,000-」とか書くだろう。見苦しい会見などさっさとやめて職を辞するべきだ。東京オリンピック誘致で世界からお客様を「おもてなし」するはずだったのに、不正が「おもてざた」になって、もはやTHE      ENDだ。

2013年11月26日 (火)

特定秘密保護

あるアンケートによると国民の77%が反対した特定秘密保護法案が強行採決された。国民に対する説明があまりにも不十分で、議論も十分に尽くしていない法案をなぜ強行採決しなければいけないのかわからないだけに、何か恐ろしいことが決まってしまったような気がしてならない。かと言って今までから政治家や役人は、数えきれないほどの自分たちに不都合な事を隠していたのは間違いない。何を今さらと言う感じもするし、穿った見方をするなら、拙速に決めたと言う事は国民のためと言うより、特定の組織や特定の人間の保護が目的なのかもしれない。

2013年11月25日 (月)

人間の脳のうち、右脳は知覚や感性を、左脳は思考や論理を司どると言われている。右脳は、五感で感じた感覚や感性を直感的に判断してDVDのディスクのように記憶する。見たものは覚える。逆に左脳は言葉や文字を認識して論理的に判断するが、パソコンのCPUのように記憶容量が少ないのですぐ忘れてしまう。では夢と言うものはいったい何なんだろう?夢は寝ている間無意識に出てくる。詳しく覚えている場合と忘れてしまう場合がある。マイナスの感情や願望は意識して抑えているが寝ていると意識の力が弱まり無意識が表面に出てくるそうだ。ただ夢にもイロイロ種類があって、支離滅裂なストーリーの場合が多い。同じ夢を二日連続で見たこともある。また寝る前に怖いドラマを見たり、昔懐かしい写真を見たりすると、その内容が形を変えて夢の中に出てくる場合もある。自分が見た夢を記憶するために枕元にメモを置いていたこともあるが、結局続かないので一日でやめてしまった。高齢になると夢を見なくなると言うが、結局は見た夢を忘れてしまうのだろう。夢とは摩訶不思議な現象であるが、まだ見た夢を覚えてると言う事はボケていない証拠なのだろう。今日、無意識ではなく意識して夢を見た。年末ジャンボ宝くじ当選の夢を見て少し買った。ドリームズカムトゥルー。

2013年11月24日 (日)

湖南三山

滋賀県には紅葉の名所はたくさんあるが、有名なのは湖東三山であるが、隠れ名勝として、湖南三山というのがある。長寿寺、常楽寺、善水寺である。今日はそのうちの長寿寺に行った。好天のなか、赤・黄・緑色とりどりで紅葉の見ごろであった。ご利益から言えば長寿寺は「子宝・安産・長寿」、常楽寺は「願い事全般」、善水寺は「病気の平癒・身体健全・厄除祈願」である。平たく言えば長生きしたけりゃ「長寿寺」、宝くじに当たりたければ「常楽寺」、病気を治したければ「善水寺」なのである。他にも「図書館」「マクドナルド」「DIYアヤハディオ」「衣料品ユニクロ」「衣料品しまむら」「食品スーパーハズイ」「フレンドマート」色々回って、晩秋の一日が終わった。最近スマホの万歩計を使いだしてから出歩くのが楽しい。

2013年11月23日 (土)

グラチャン

バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ略してグラチャンバレー・・・女子はまだ頑張っているからいいものの、男子は本来出場する力もないのに、日本開催の特権で出ているが、あまりにも哀れでみじめだ。この大会に日本は20億円ほど出費している。交通費以外会場費、宿泊食事代からウェアの洗濯代まで日本が負担している関係で、必ず開催国は日本で、日本選手にとってアウェイになることはない。完全ホームで、応援も北朝鮮のマスゲームを見るような一糸乱れぬ声援が不気味であり、これだけ弱いとスポンサーの怒りはいかばかりか?金持ちの国なら弱くても無条件で参加できるこんなアンフェアな馬鹿馬鹿しい大会などやめてしまえばいい。

2013年11月22日 (金)

静電気

肌荒れと言う言葉は、女性用化粧品のCMに必ず出てくる言葉だが、私みたいなオヤジも、冬になると困るのが肌荒れと静電気だ。空気が乾燥すると、毎年顔の表面や背中がカサカサになり、唇も荒れる。指先のパックン割れと踵のひび割れもある。ハンドクリームやらイロイロ使っているが決め手はない。今さら気にする年齢でもないが、やはりつらい。それと静電気だ。車から降りて、金属部分を触ると、バチッと電気が走るのでちょっと恐怖だ。服装の組み合わせと車の座席シートとの相性もあるのだろうが、イヤダイヤダ。今日も会社から戻って、車から降りようとドアを触ったら、暗いせいもあるが指先がピカッと光った。とは言え、少々物忘れの激しい年頃だ。頭に少々電気ショックを与えた方がいいのかもしれない。

2013年11月20日 (水)

飛び出し坊や

路地や住宅街でドライバーに注意を促す交通安全啓発看板「飛び出し坊や」は滋賀県八日市市(現在の東近江市)社会福祉協議会の依頼で1973年「久田工芸」と言う看板屋さんが全国で初めて制作したと言われている。おらが県の自慢の一つだ。ただ冷静に考えてみると、「飛び出し」たら車にはねられるわけだから、「飛び出さない坊や」に名前を変更すべきだ。最近は偽ものや、アニメキャラを使った著作権侵害ものなどたくさん出回っているが、オリジナルは初代の新幹線のように0系と呼ばれているそうだ。道路を走っているとたまに車にぶつかって首が取れた「飛び出し坊や」がそのまま放置してあるところもある。ちょっとブラックで悲惨だ。子供は想定外の動きをするので車の運転は要注意だが、最近は車道を歩いたり、道路のど真ん中を自転車やミニバイクで悠々と走る高齢者によく出くわす。「無法危険ジジババ出没注意」の看板が必要かもしれない。私もそろそろ他人のことを言える状況ではなくなってきたが・・・。      

2013年11月19日 (火)

武豊

私の職場はJRA栗東トレーニングセンターのそばにあるので、武豊騎手に親しみを感じる。武豊騎手が前人未踏のG1通算100勝を達成した。ただ私は競馬のことはほとんど何も知らないので、これがどんなに素晴らしい快挙なのか知らないが、私自身素朴な疑問がある。競馬は騎手が走るわけではない。走るのは馬だ。もちろん騎手の手綱さばきとかテクニックと言うものがあるのだろうが、所詮強い馬に乗れば優勝の確率は高くなる。武豊のお爺さんが元馬主協会の会長であったとか、競馬界において有名な家系の出身で、縁故のある馬主、調教師から数多くの有力馬が彼に集められていたとも言われている。しかしそんな縁故者の数も年々減り、武豊への有力馬の騎乗依頼が最近激減していたそうだ。そんな中でのコツコツ積み重ねの快挙だったのか?最近は岩田、福永、内田と言う騎手の名前をよく聞く。武豊一人勝ちの時代が変わっているのかもしれない。

2013年11月18日 (月)

ケネディ

1963年日米のテレビ衛星放送が開始したときの最初のニュースがジョン・F・ケネディ元米大統領の暗殺であったことを今でも覚えている。衝撃的な惨劇から50年経過したわけだ。そのケネディ元大統領の長女キャロライン・ケネディさんが新駐日大使として着任したが、まるでアイドルタレントのような扱いで歓迎されている。日米友好と言う面から思えばいいことだが、キャロライン・ケネディさんが政治的経験を持っていないことを不安視する声と共に、米国が日本を軽視していることの表れだという批判的意見も出ているのも事実だ。駐日大使と言うのは基本的にアメリカの国益を守るのが仕事だ。現在日米間には「TPP」「普天間基地移設問題」「日米地位協定」「日中・日韓関係」など難しい課題山積だ。それらを「政治経験のない」キャロライン・ケネディさんが解決できるのか不安だ。

2013年11月17日 (日)

年賀はがき

携帯スマホの普及で最近は年賀状をやり取りしない若者が多い。当然年賀状の販売枚数が減少するはずだ。平成15年末の44億5900万枚をピークに年々減少傾向にある。しかし本当に国民がそれだけ年賀状を出しているのか少々疑問だ。噂では日本郵便は正社員に1万枚、非正規社員に5千枚の年賀状販売ノルマがあるとか。それを販売しないと、出世にも給料にも影響するらしく、社員は仕方なく、ノルマの数だけ自腹で買って、損を覚悟で金券ショップに売りに行くそうだ。日本郵便も知っていて知らないふりだそうだ。民営化していなかったらこんな馬鹿げた事はなかったのかもしれない。昨日頼んでいた年賀状が届き、ちょっと複雑な気分だ。

2013年11月16日 (土)

原発ゼロ

小泉元総理が、各地の講演で「原発ゼロ」を決断せよと迫っている。もちろん言論は自由だし、出来る事ならゼロにしたいが、できないから苦労しているのだ。小泉さんが総理だった頃、原発を推進していたのに、いまさら外野からこんな発言をするのは極めて無責任だと思うし、こんな綺麗事は誰でも言える。いま原発が動かないと莫大なお金を今後も産油国に払い続けなければならないし、もし中東に再び大戦争が起こって石油が日本に入ってこなくなると、日本経済は崩壊する。核燃料の廃棄も、廃止するしないに関わらず、廃棄施設を探さなければならないのは同じことだ。もし総理大臣を批判するのであればもう一度政治家に戻って、国会の場でやってほしいものだ。

2013年11月15日 (金)

漢字一文字

少々早いが今年の日本の世相を反映した漢字一文字を考えてみた。安倍総理再登場、原発再稼働の「再」、株価と大企業の景気上昇の「昇」、半沢直樹で一世を風靡した倍返しの「倍」、楽天優勝の「楽」、台風18号26号そしてフィリピンの30号の「風」、東京オリンピック招致で五輪の「輪」・・・ちょっとひねって、アベノミクス3本目の矢が不発に終わった「矢」、飲食業界のメニュー詐欺で、毎日お詫びの「詫」、時の人になった田中将大と里田まいで「田」、中国船が海賊のようにうろちょろ出没する尖閣諸島の「尖」、台風18号で福井、京都、滋賀に初の大雨特別警報発令の「警」・・・まだまだ年末までイロイロありそうだ。

2013年11月14日 (木)

ポール

月火水と真冬のような寒さだったが、今日は一変の小春日和だった。6時前に帰宅して、テレビを見ると、大関二人休場で盛り上がらない大相撲九州場所なのに、異様な雰囲気だ。よく見ると、来日中のポールマッカートニー夫妻が観戦に来ていたからだ。71歳とは思えないカッコよさはさすがだ。相撲内容では盛り上がらないのが寂しい話だ。私は今から11年前の60歳のポールマッカートニーライブを大阪ドームのアリーナ席で観た。「ナマビートルズ」の熱唱に涙が出るほど感動したのを今でも覚えている。「ヒアトゥデイ」「サムシング」「マイラブ」「シーズリービングホーム」「イエスタデイ」・・・そしてラストの「サージェントペパーズ」を歌い終わったのが10時。2時間半も歌い続けたポールのパワーに圧倒されたものだ。60歳が日本で最後のライブになると信じていたが、まさか71歳で現役とは恐れ入りました!

2013年11月13日 (水)

ゴミの分別

マクドナルドは企業として、地球環境のことをまじめに考えているように見える。レジ袋・紙ナプキン削減キャンペーンをやったり、食材の廃棄ロスを大幅に削減しり、簡易包装を開始したりしてきた。先日大阪に行ったとき入ったマクドナルドには、燃えるゴミとプラスチック類を分別するダストボックスが置いてあった。食べ終わったカップや包み紙を客に分別して捨てるようなシステムにしてあるのは良いことだと思っていた。しかしスタッフが、たまったゴミを処理する際、せっかく分けてある2種のゴミを一つのゴミ袋にまとめて、縛って裏の方へ持って行く光景を見てしまった。これではまじめに分別するのがばかばかしくなる。市町村によってゴミの分別方法が違うのはわかるが、せっかく客が律儀に分別したものを、せめて客の前では嘘でもいいから見せないでほしい。世の中本音と建前はある。しかし知ってしまったら不愉快だ。

2013年11月12日 (火)

火事場泥棒

火事場泥棒と言う言葉が日本にあると言う事は、きっとそんな人間が日本にもいるのだろう。猛烈な台風30号の直撃を受けたフィリピン中部レイテ島の中心都市タクロバンを中心に、被災地域の死者が1万人を超える可能性があると発表があった。895hpで風速90mの台風はかつて経験したことのないような大惨事を引き起こした。被災地では治安も悪化しており、救援車両の襲撃事件や、略奪が横行している。毎度のことだが、海外では襲撃や略奪が起こるのに、なぜ日本人だけ救援物資を受け取るために住民が整然と並ぶのだろう?東日本大震災の時も被害の甚大さに世界は驚いたが、その一方で大きな驚きをもって報じられたのは、日本人が平静と秩序を保っていたことだった。日本以外の国なら、たいてい暴動による大混乱、そして必ずといえるほどの略奪が見られる。アメリカのロサンゼルス大地震のときも、中国の大地震のときも、暴動略奪と言う「火事場泥棒」が必ず出現するのが世の常である。なぜ日本では災害につきものの略奪があまり起きないのか、日本人の常識は世界の人から見たら非常識なのだ。逆に世界から支援の輪が広がっているが、一番最初に声を上げているのが、アメリカと中国である。目立つようにアピールするのは得意なようだが、実際被災地から感謝されるのは地味な支援活動をするパーフォーマンスの下手な日本なのである。たぶん。でもそれでいいのだ。

2013年11月11日 (月)

皮膚の手入れ

昨日久々大阪に行ってきた。先日の歯に続いて皮膚の手入れに関するシンポジウムを聞きに行った。今まで間違っていたことがイロイロわかって勉強になった。洗顔はぬるま湯を使い、軽く撫でる程度にしてあまりゴシゴシ洗わない。時々鏡で自分の顔を見て、肌荒れとか湿疹とか、肌の変化をよく観察をすること。足がつったり、むくんだりするのは糖尿病の危険信号であるということ。足の血行をよくし、足の指先まで丁寧に清潔にケアすること。清潔を維持するため毎日連続して同じ靴を履かない。皮膚は他の臓器と密接な関係があり、乾癬がメタボを併発することがある・・・目から鱗の話だった。途中ハービス、グランフロントなど立ち寄り、お土産ももらってオノボリサンを終え帰宅。ところで、今なぜ「皮膚」なのか?それは11月12日が「イイヒフ」の日なのだ。しかし火曜日では人が集まらないのでその近くの日曜日に開催されたというわけだ。

2013年11月10日 (日)

タマネギ

農業を上手くやっている人は、色々な形で記録をつけている人が多い。種まきをしたり苗を植えた月日を記録し、連作をしたかどうか、また肥料はどんなタイミングで何を撒いたか記録しておくと翌年の参考になる。私のような素人も失敗を繰り返し、少しずつ成果が出るようになってきた。去年タマネギの苗を植えたのが11月23日だったが少し遅かったので、今年は昨日植えた。とりあえず200本+紫タマネギ50本である。追肥は12月と2月あたりが良いそうだ。去年は3月頃撒いたので今年は少し早めたい。これで2014年6月以降我が家はタマネギを買わなくても良い。投資金額8円×250本+肥料代800円=2800円・・・無事収穫出来たら1個当たり11円のタマネギとなる。

2013年11月 9日 (土)

島倉千代子

私は阪神ファンではないが、記憶が正しければ1960年代前半、ピッチャーは小山、村山、バッキーの三本柱にキャッチャー山本哲、ファースト藤本、セカンド鎌田、サード三宅、ショート吉田、レフトソロムコ、センター並木、ライト藤井だった。ただファーストは相手が左投げの時は藤本で、右投げの時は遠井だった。1963年ケネディ大統領暗殺など暗いニュースが多い中、その藤本勝巳が、島倉千代子と結婚したのは当時明るい芸能ニュースだったのを子供心に覚えている。NHK紅白の視聴率が80%超えと言う半沢直樹もびっくりする時代で、島倉千代子は30年連続紅白出場と言う快挙を成し遂げた美空ひばりと並ぶ大歌手であった。その後信頼していた人間に騙され億単位の他人の借金抱え込むことになり、病気もあって苦難の人生だったが、借金を全額返済した根性はさすがだ。私はあるイベントで島倉さんのリハーサル風景をのぞいた経験があるが、和服イメージが定着しているのにジーンズ姿で本番で歌う立ち位置を確認する際、マイク電源が入っていなかったが、ワンフレーズ歌われた声が客席の後ろの方までピーンと聞こえたのを覚えている。「からたち日記」を歌っていた頃の、か細い声の歌手とはとても思えない声量だった。8日亡くなられた昭和を代表する大歌手島倉千代子さんのご冥福を祈ります。

2013年11月 8日 (金)

フィット

10月の車名別販売台数ランキングが①フィット②プリウス③アクア④NBOX⑤スペーシア⑥ミラ⑦カローラ⑧ムーブ⑨ワゴンR⑩デイズと発表された。ホンダ・トヨタ・スズキ・ダイハツが好調だ。日産は三菱から供給されたデイズだけで、ちょっと落ち目だ。マツダ、三菱、スバルとかが上位に見当たらないのがさみしい。先日ゴーン社長が売り上げの下方修正を発表したのとは対照的に、トヨタは円安効果で今期の営業利益予想を2兆2000億円に上方修正した。景気の良い話だ。車と言えば、私が軽自動車に乗っているから言うわけではないが、軽の税金を上げようという動きがあるのは見逃せない。交通の便利な大都会の人間には理解できないだろうが、地方都市や過疎地に住む住民が生活して行くには車が欠かせない。4人家族で車が4台と言うのは贅沢ではなく生きて行くために必要なのだ。普通車との開きが大きすぎるというのなら、貧しい者から税金を巻き上げる事を考えるより、国会議員や役人の数を減らして、普通車の税金を安くすればよい。高性能で税金の安いのが許せん!と言うアメリカの外圧に対して、日本の軽の税金を上げてTPPの交渉材料にするのはやめてほしい。守るべき聖域は農業だけではない。軽自動車の増税断固反対だ!

2013年11月 7日 (木)

77%OFF

楽天日本一セール77 %OFFをやってくれるのは結構なことだが、とんでもない詐欺商法は許しがたい。そもそもシュークリームが1個1200円なんてありえないが、10個12000円のシュークリームを77%OFF2600円で販売しますとネット上に出た。本来製造元の「茶游堂」が10個2600円で販売しているものを「産直食卓」サイト運営者の、株式会社キャストグループが、でっち上げたものだが、これを「手違い」で済まされる内容ではないし、悪意に満ちた確信犯だ。ましてや楽天サイトは無関係を装っているが責任は逃れられないはずだ。医薬品のネット販売で政府をごちゃごちゃ批判している三木谷社長はもっと謙虚に自らを律するべきだ。シュークリームが大好物の私にとって、重大な事件だ。

2013年11月 6日 (水)

不文律

日本シリーズ最終戦、田中将大投手は巨人のロペスから三振を取ったとき、大げさなガッツポーズをとり雄叫びをあげたが、メジャーリーグでは絶対やってはいけない暗黙のルールらしい。文化が違うとルールも違う。メジャーリーグには不文律と言うものがあるそうだ。①勝ったときでも、相手チームや敵のファンが見えるところでは大げさに騒いではならない。②相手打者から三振を取ったあと派手にガッツポーズをしてはならない③スライディングのとき、決してスパイクを相手の体に向けてはならない④ホームランを打った瞬間、ホームプレートに立ち止まって打球の行方を目で追ってはいけない⑤打席に立つとき過度に足場を固めてはならない⑥チームが5点以上、勝っているときは相手投手のボールカウント0-3からの球をスイングしてはならない⑦6回以降、5点以上差をつけている場合は盗塁をしてはならない⑧味方投手がノーヒット・ノーランを達成しようとしているときは口に出してはいけない。これは実況アナウンサーも同様とか。要するに相手に気持ちを考えろと言う事なのだろう。国際試合でのシャラポアの雄叫びや、福原愛の「サー」はいいのだろうか?

2013年11月 5日 (火)

安堂ロイド

昨日は振替休日。楽天優勝から一夜明けた新聞は一般紙もスポーツ紙並みの扱いであり、NHKもトップニュースで扱い、民放テレビ局も「楽天ネタ」オンパレードである。野球ファンが集まればみなさん迷野球解説者で議論は尽きない。それでも、殺人や食品偽装や公務員の不祥事の話題よりは明るくて良い。楽天人気のあおりで、「安堂ロイド」の視聴率が大きく下がったとか?と言うよりも、ドラマの展開が面白くないので私も先週から見るのをやめた。家庭菜園は小休止のままだが、来週あたりに、比較的世話が楽な、タマネギの苗を植えたい。今年は植える場所が少なくなり、200本程度に縮小の予定だが、順調に育てば来年6月以降のタマネギは自給自足になる。

2013年11月 4日 (月)

楽天日本一

楽天が巨人を破って日本一になった。前日160球も投げた田中将大がクローザーとして登場したのは驚きであり、感動的であった。特にアメリカ球団のスカウトが見たらクレイジーで、ここで無理をするなとハラハラドキドキだったろう。歴史に残る日本シリーズを最後まで見られたのは感動的だったし、ましてやライブでスタンド観戦した人たちは身震いするほどの体験だったと察する。最終回はスタンド内外圧倒的に楽天の勝利を願い、まるで正義と悪との対決のような雰囲気で、巨人ファンには気の毒だった。田中将大の登場は、まるで野球漫画を見ているようなスーパーヒーローのようであり、ファンを惹きつけてやまないオーラを発していたのがテレビでも伝わってきた。宿敵巨人を倒した星野監督もようやく積年の悔しさを晴らし、昨晩は日本人の大好きな勧善懲悪、仇討を一気に見せてもらった。さあ今日から楽天優勝記念でこの際楽天市場の全品77%OFFにしてもらおう!

2013年11月 3日 (日)

今日はまだ11月3日だと言うのに今年は早々と年賀状イラスト集をゲットし、これぞと思うイラストデザインを早速パソコンに保存した。2014年の干支は馬。馬と名のつくことわざ・・・馬耳東風(議員定数を削減しますと言う公約で選挙に当選したら、もう知らん顔)、馬の耳に念仏(政治家に原発廃止と言ってもムダ)、天高く馬肥ゆ(私の体重は現状維持のまま)、竹馬の友(最近はゲームソフトの友)、馬脚を露す(食品偽装はいずれバレる)、馬子にも衣装(前田敦子も時代劇で和服を着れば大女優)、馬には乗ってみよ人には添うてみよ(現場を知らない役人は被災地の苦しみが理解できない)、馬の背を分ける(アベノミクスで貧富の差ますます拡大)・・・私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」である。調子に乗らず、落ち込まず、自然体で過ごすべし。

2013年11月 2日 (土)

当たり前田のクラッカー

10月は台風が6個も日本に接近し、気温も30度を超える日もあり、平年より1.5度程度高く、降水量も平年の2倍以上降った。しかもこの後は突然冬のような気象になるそうだ。日本は、初秋、仲秋、晩秋と秋が少しずつ深まるのが通常であったが、極端に言えば猛暑台風大雨の後はいきなり冬がやってくる、秋のない変な気候の国になり、秋の風情など当たり前が当たり前でなくなってきた。当たり前と言えば連日の食品偽装発覚と幹部の謝罪映像。口裏を合わせたように「ご心配とご迷惑をおかけいたしました」「お客様をだますつもりはありませんでした」「再発防止に努めます」・・・当たり前の事しか言えないのか。もっと気の利いた謝罪コメントはないのか?そして何より、外食産業は多かれ少なかれ、どこでも偽装は当たり前と承知すべきだ。ネット社会も匿名とか個人情報の保護などありえないし、何もかもバレバレが当たり前と認識すべきだ。さらに大きな話になるがアメリカがドイツ首相の携帯電話を盗聴したと騒いでいるが、盗聴はスパイ活動の一環であり、世界は今や情報戦争の真っただ中であり、盗聴されるのは当たり前だと覚悟すべきだ。こう言う状況を昔の人は「あたり前田のクラッカー」と言う。

220px1_2

2013年11月 1日 (金)

判官贔屓

海の向こうでレッドソックスの上原が大活躍しているのはうれしいが、日本シリーズも楽天が3勝巨人が2勝と面白くなってきた。私は特に楽天ファンでもないが、単に巨人嫌いである。今年の楽天は戦力が整っているとは言え、私のイメージとしては「手漕ぎボートで戦艦にぶつかってゆく?」「竹槍で戦闘機に立ち向かう?」イメージで見ている。そんな戦力的に見て選手層の厚さの違いすぎるチームが戦い、弱者が強者を挫く展開は判官贔屓というのか痛快だ。判官贔屓は「はんがん」ともいうが「ほうがん」が正しいそうだ。源義経を心情的に贔屓することから始まった言葉だ。論理的な理由ではなく心情的な理由で弱者を応援する時に使われることが多い。三木谷社長は心情的に嫌いだが、とりあえず日本シリーズは「楽天がんばれ」である。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »