« 安堂ロイド | トップページ | 77%OFF »

2013年11月 6日 (水)

不文律

日本シリーズ最終戦、田中将大投手は巨人のロペスから三振を取ったとき、大げさなガッツポーズをとり雄叫びをあげたが、メジャーリーグでは絶対やってはいけない暗黙のルールらしい。文化が違うとルールも違う。メジャーリーグには不文律と言うものがあるそうだ。①勝ったときでも、相手チームや敵のファンが見えるところでは大げさに騒いではならない。②相手打者から三振を取ったあと派手にガッツポーズをしてはならない③スライディングのとき、決してスパイクを相手の体に向けてはならない④ホームランを打った瞬間、ホームプレートに立ち止まって打球の行方を目で追ってはいけない⑤打席に立つとき過度に足場を固めてはならない⑥チームが5点以上、勝っているときは相手投手のボールカウント0-3からの球をスイングしてはならない⑦6回以降、5点以上差をつけている場合は盗塁をしてはならない⑧味方投手がノーヒット・ノーランを達成しようとしているときは口に出してはいけない。これは実況アナウンサーも同様とか。要するに相手に気持ちを考えろと言う事なのだろう。国際試合でのシャラポアの雄叫びや、福原愛の「サー」はいいのだろうか?

« 安堂ロイド | トップページ | 77%OFF »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安堂ロイド | トップページ | 77%OFF »