« フィット | トップページ | タマネギ »

2013年11月 9日 (土)

島倉千代子

私は阪神ファンではないが、記憶が正しければ1960年代前半、ピッチャーは小山、村山、バッキーの三本柱にキャッチャー山本哲、ファースト藤本、セカンド鎌田、サード三宅、ショート吉田、レフトソロムコ、センター並木、ライト藤井だった。ただファーストは相手が左投げの時は藤本で、右投げの時は遠井だった。1963年ケネディ大統領暗殺など暗いニュースが多い中、その藤本勝巳が、島倉千代子と結婚したのは当時明るい芸能ニュースだったのを子供心に覚えている。NHK紅白の視聴率が80%超えと言う半沢直樹もびっくりする時代で、島倉千代子は30年連続紅白出場と言う快挙を成し遂げた美空ひばりと並ぶ大歌手であった。その後信頼していた人間に騙され億単位の他人の借金抱え込むことになり、病気もあって苦難の人生だったが、借金を全額返済した根性はさすがだ。私はあるイベントで島倉さんのリハーサル風景をのぞいた経験があるが、和服イメージが定着しているのにジーンズ姿で本番で歌う立ち位置を確認する際、マイク電源が入っていなかったが、ワンフレーズ歌われた声が客席の後ろの方までピーンと聞こえたのを覚えている。「からたち日記」を歌っていた頃の、か細い声の歌手とはとても思えない声量だった。8日亡くなられた昭和を代表する大歌手島倉千代子さんのご冥福を祈ります。

« フィット | トップページ | タマネギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィット | トップページ | タマネギ »