« 銃弾 | トップページ | 仕事納め »

2013年12月26日 (木)

靖国参拝

安倍総理が今日、靖国神社を参拝した。日本のために尊い命を犠牲にした英霊に尊崇の念を表し、御霊安らかなれと祈る気持ちは何も間違っていない。戦争で命を落とされた人々の冥福を祈り、不戦の誓いをすることも間違っていない。ただ中国、韓国は靖国神社参拝はいわゆる戦犯を崇拝する行為であるとの誤解に基づく批判がある。中国、韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ないといえども、総理の靖国参拝は、いわば中国韓国にケンカを売る行為だ。これによって関係がますます険悪になり、日米関係にも決して良い結果を生まない。靖国参拝は宗教行為ではなく、政治外交行為なのだ。所詮歴史認識と言うものは自国を中心に考えるから、他国と認識が一致することなどありえないと思う。安倍総理の主張は正しいが、主張を貫くことで他国の逆鱗に触れるのは大人の対応とは思えない。年末年始に、中国や韓国旅行を計画している人は大変だ。9連休を自宅待機する私には関係ないことだが。

« 銃弾 | トップページ | 仕事納め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銃弾 | トップページ | 仕事納め »