« 大田南畝 | トップページ | セパ順位予想 »

2014年1月30日 (木)

STAP細胞

理化学研究所の30歳の小保方(おぼかた)晴子さんが様々な組織に変化できる「STAP細胞」を作ったと昨日の新聞の大一面に報じられていた。これがどれほどすごい事か知らないが、当初、一流科学誌から「信じられない」「細胞生物学の歴史を愚弄している」と酷評されたそうだが、日本のベテラン研究陣の後押しが成功に導いたとか。「MKノー」は会社をダメにする上司の口癖とか、「見たこともない、聞いたこともない」と言って、斬新な考え方を経験的に否定する上司のいる組織はダメだと言う話だ。きっと小保方さんを後押しした研究陣は「MKイエス」・・・「見たことも聞いたこともない」からやってみようと肯定したのだろう。

« 大田南畝 | トップページ | セパ順位予想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大田南畝 | トップページ | セパ順位予想 »