« 軍師官兵衛 | トップページ | たかじんさん »

2014年1月 8日 (水)

海原しおり

漫才にはボケとツッコミと言う役回りがある。これを英語で言うとどうなるのか?ボケはthickhead、ツッコミはstraight guyだそうだ。たとえば宮川大助がボケで宮川花子がツッコミであるが、笑い飯のような双方がボケツッコミと言うコンビもある。昔は今のようにボケとツッコミが完全に分業化していなかったと思う。やすしきよし、カウスボタン、阪神巨人などは時々ボケとツッコミが逆転することがある。私の好きな漫才コンビ大木こだまひかりである。「おーじょーしまっせ」「ちっちきち」のギャグを言うだみ声の方がこだま、相方のツッコミがひびきである。彼らの漫才の面白い所はこだまのボケに対してひびきがつっこみ、それに更にこだまが屁理屈のようなボケでつっこみ返すというパターンがちょっと異色だ。ボケの大木こだまの奥さんはツッコミ海原さおりであるのも面白い。そのさおりさんの相方でボケ役の海原しおりさんが1月3日、脳腫瘍のため58歳の若さで亡くなった。人間の運命は予測が出来ず残酷だ。それでも多くのファンを笑いで包んで、漫才師はある意味素晴らしい職業だと思う。ご冥福を祈ります。

« 軍師官兵衛 | トップページ | たかじんさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍師官兵衛 | トップページ | たかじんさん »