« ポコパン | トップページ | サラ川柳 »

2014年2月19日 (水)

拗音

「きゃりーぱみゅぱみゅ」を「きやりいぱみゆぱみゆ」と書くと間が抜けて変だ。日本語で拗音(ようおん)というものがある。みゅ、ちゃ、ぎょ、しゃ、きゅ、ふぃ・・・とか小さくかなを付け足す言葉である。しかしこれを社名にするとバランスが悪いので小さい仮名を大きくしているのが一般的だ。何気なく見ている企業の社名も新聞広告やオフィシャルサイトを見ると文字のバランスを考えて「キャノンではなくキヤノン」、「シャチハタではなくシヤチハタ」、「富士フィルムではなく富士フイルム」、「キューピーではなくキユーピー」など色々発見する。他にも色んなこだわりの社名がある。「ブリジストンではなくブリヂストン」であったり、「MATSDAではなくMAZDA」(これは知性・理性・調和の神アフラ・マズダーAhura Mazdaから来ている)とか、Mitskanも読みやすいように最近Mizkanに変えた。そういえば昔近鉄百貨店の鉄の字が「金へんに失」ではなく「金へんに矢」であった。金を失うと言うのを嫌ってそうしたのだが、子供が間違った漢字を覚えるとクレームがあって現在の近鉄に修正した歴史がある。社名の由来を辿ると色々おもしろい。

« ポコパン | トップページ | サラ川柳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポコパン | トップページ | サラ川柳 »