« チャップリン | トップページ | タマネギ追肥 »

2014年2月11日 (火)

メダル候補

最近のオリンピックで、メダル候補と言われている選手がメダルを取れなかった時のコメントが気になる。「ベストを尽くしたので悔いはありません」はまだ理解できるが「爽やかです」「楽しみました」などというコメントは国民を少々馬鹿にしているように思う。せめてそんな言葉は自分に対する負け惜しみとしてそっと心の中で秘めておいてほしい。メダルを取ることを目標に一般人には想像もつかない必死の努力をし、オリンピックへの参加資格を勝ち取ったことには敬意を表する。また本人の気持ちとは裏腹にマスコミが「メダル有力候補」と勝手に書きたてているのも事実だ。ただ、メダル獲得を目標にしてきたのにそれが叶わないと本来はめちゃくちゃ悔しいはずだ。しかも強化費だの派遣費だの国民の税金をたくさん使っていると言う自覚があまりないのだろうか?最近のオリンピックは「お国のため、国威発揚のため」にやっているわけでもないが、こんなに軽いコメントをされたら声援を送る国民の一人としては、ちょっと寂しい。

« チャップリン | トップページ | タマネギ追肥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャップリン | トップページ | タマネギ追肥 »