« ヒノキ花粉 | トップページ | 鳥インフル »

2014年4月13日 (日)

二胡と胡弓

二胡と胡弓は混同しやすい。二胡は中国の楽器、胡弓は日本の楽器である。中国の二胡は二本の弦を間に挟んだ弓で弾くが、日本の胡弓は三本の弦を持ち三味線を小さくした形をしている。これらによく似た楽器でモンゴルの馬頭琴がある。これも二本の弦を持った擦弦楽器である。馬頭琴と言えばモンゴルの民話「スーホーの白い馬」を思い出す。ストーリーを話せば長くなるのでやめておくが、チョッと哀しい物語だった。明治の初めバイオリンも胡弓と呼ばれていた時期があったとか。今日はバイオリンの練習日であった。7月本番まで前途は険しい。

« ヒノキ花粉 | トップページ | 鳥インフル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒノキ花粉 | トップページ | 鳥インフル »