« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

まだはもうなり

まだ5月だと言うのに昨日に続き30度超えの真夏日。猛暑の中、午後はエアコンの効いた部屋でバイオリン合奏の猛特訓!「バッハのアリア」「パッフェルベルのカノン」「バッハの二つのバイオリンのための協奏曲」「ザイツのバイオリン協奏曲第5番」など2時間ほど練習に参加したら肘や指がつりそうだった。今年が最後の舞台と決めているので気合も入るが技術がついて来ない。本番までまだ1か月半もあると考えるべきか?もう1か月半しかないと考えるべきか?株売買の金言集より「まだはもうなり、もうはまだなり」今日も猛暑だビールが美味い!

2014年5月29日 (木)

AKB

AKBのメンバーが襲われて何やら物騒な世の中だ。CD買ったら握手させてやると言う企画自体何か違和感がある。サイン会ならわからないでもないが、事件の再発がなければよいが。AKBと言っても大島優子、篠田麻里子、板野友美が退団後は指原莉乃か渡辺麻友くらいしか知らない。てゆ~か、渡辺満里奈なら知ってるけど、これはモー娘の更に前のおニャン子クラブの世界だ。そういえば新田恵利、国生さゆり、河合その子、秋元康の嫁高井麻巳子、演歌歌手城之内早苗、シブがき隊布川の妹布川智子、キムタクの嫁工藤静香、女優生稲晃子、モデルの杉浦美雪・・・「あの人は今?」ああイヤダイヤダ歳はとりたくねえ。

維新の会

今日は度を超える暑さであった。明日もあさっても30度超えとか。5月だと言うのに札幌でも30度超え、群馬山梨でヒョウがふったとか。維新の会が分党。最初から基本的な理念の違う人間が、人気に便乗しようとした茶番劇。当然の結果だが、野党がヨタヨタ権力闘争と言うか国民不在の政治ごっこをしているうちに、政府は「集団的自衛権」の都合のいい解釈を国民が納得できる説明もなしに決めてしまい、「残業手当廃止」という労働者を窮地に追い込みブラック大企業を国がサポートすると言うとんでもないことを決めてしまいそうだ。野党!しっかりせい!このままだと日本はチベットのように中国の属国になってしまうぞ。

2014年5月28日 (水)

野菜たち

いよいよ夏だ。日曜日あたりには30度を超えると予想されている。となると心配なのが電力供給だが、今考えても仕方ないし、節電くらいしか対応策はない。暑くなってくると野菜たちも少しずつ育ってくる。タマネギは何本か引いて食べたが新鮮だ。ジャガイモも来週あたりに掘る予定だ。サヤエンドウもモロッコインゲンも順調だ。定番のトマト、キュウリ、ピーマン、オクラ、ゴーヤも順調で今年始めたサニーレタスは毎朝食べている。無農薬なので虫の被害も多少あるが無視している。今年の近畿は6月気温が高く雨が少ないが7月は雨が多く梅雨明けが遅いらしい。

2014年5月27日 (火)

アイリスオオヤマ

アイリスオオヤマと言う会社は一体本業は何なのだ?LED、家電、調理用品、日用品、寝具、インテリア、収納用品、ヘルスケア、ペット用品、園芸用品、米など何でもありだ。しかもメーカーでありながら問屋機能も併せ持っているから、直接小売店に働きかけができるのが強みだ。また、YKK、竹中工務店、JTB、佐川急便、マルハン、ロッテ、ミツカン等と同様株上場していないのが特徴だ。株主の顔色を見ながら経営するのではなく、自らのポリシーで経営するのだと言う姿勢が明確だ。この会社は伸びるぞ。

2014年5月26日 (月)

遺憾

1960年代前半、朝日放送テレビの人気番組「てなもんや三度笠」を毎週見ていた。藤田まことが扮する「あんかけの時次郎」が主人公の時代劇コメディであった。悪党を威嚇する時の決め台詞は「耳の穴から手ぇ突っ込んで奥歯ぁガタガタ言わしたろか」である。政治家や役人は「遺憾」という言葉をよく使う。本来「残念」とか「心残り」と言う意味だと思うが、なにか不祥事や事件があると謝罪会見に幹部が出てきて「誠に遺憾に存じます」と言う。これって謝罪の言葉じゃないと思う。要するに反省はしていないが残念だと言う程度の意味だ。東シナ海上空で中国軍の戦闘機が自衛隊機2機に相次いで異常接近した問題で、日本政府は中国側に外交ルートを通じて「厳重な抗議」を行ったと言う。菅義偉官房長官が記者会見で中国軍機の行動は「誠に遺憾」と言う。残念だという程度の会見だが、これはとんでもない話だ。一触即発の中国の愚行に対しこんな生ぬるい話でいいのか?藤田まことを呼んできて、習近平捕まえて、「なめたことしとったら、耳の穴から手ぇ突っ込んで奥歯ぁガタガタ言わすぞ」くらい言うべきだ。

2014年5月25日 (日)

レタス

毎朝、庭の新鮮なレタスを2~3枚ちぎって食べているがこれは健康的でかなり贅沢な行為だ。無農薬なので、たまに虫もついているので、流水でよく洗ってから、ハムとチーズとと共にパンにはさんで食べる。さらにコーヒーと牛乳をかけたシリアルも食べるので尚一層健康的だと思う。今日は町内の草刈清掃に参加。参加賞のペットボトル入り飲料をゲット。昼は親族の病気見舞いに病院に行き、買い物を終えて帰り、庭の水遣りをして平凡な休日であった。ようやく夏らしい天気になって来た。寒けりゃ寒いで文句を言うが、暑けりゃ暑いのもたまらん!今日もビールで乾杯だ。

2014年5月24日 (土)

何か?

漫才コンビおぎやはぎの最初の部分は「小木です」「矢作です」「おぎやはぎです」「おぎやはぎですけど何か?」で始まる。最近この言い回しが流行っているようだ。たしかかくかくしかじかダイハツムーヴのCMにもあったような?大変イヤーな気分になる言い回しだ。「それがどうした!文句あるんか!とでも言いだしそうな傲慢で不快感がある。昨日私の前を走るスポーツカータイプ車。マフラーを改造しているので大爆音を鳴らしている。車の後ろにステッカーが貼ってあって「大爆音です。それが何か?」と書いてある。運転者の表情は見えないが、社会に迷惑をふりまいて、何の意味があるのだろうか?

2014年5月23日 (金)

おかずなし

今年のサラリーマン川柳ベスト5!1位「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」、2位「もの忘れ べんりな言葉 『あれ』と『それ』」、3位「妻不機嫌 お米と味噌汁 『お・か・ず・な・し』」、4位「帰宅して うがい手洗い 皿洗い」、5位「おもてなし 受けてみたいが あてもなし」・・・いつもながらうまい事考える人がいるものだ。面白い発想は、まず読書!と言うわけで、今日から雫井脩介著「仮面同窓会」と嵐山光三郎著「年をとったら驚いた!」と五十嵐貴久著「可愛いベイビー」を順次読むぞ!

2014年5月22日 (木)

アンナカ

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたASKA容疑者の主治医だと言われている医師が「実はアンナカを処方したのは私」とテレビ番組で打ち明けた。「安息香酸ナトリウムカフェイン」と言う薬品を略してアンナカと言うらしい。脳の神経に興奮的に作用し、精神活動をよくし、眠気や疲労感をとったり、頭の重い感じをスッキリさせ、頭痛薬の鎮痛効果を助ける効能があるそうだ。末期がんの患者さんの痛みを緩和するために医療用麻薬モルヒネが使われるという話をよく聞く。どんな副作用があるのか知らないが、使い方を誤らなければアンナカもモルヒネも薬の範疇に入る。「クスリを逆に読むとリスク」とよく言われるが、危険と隣り合わせであることには違いない。「アンナカ」という言葉が悪いイメージで広がり「群馬県安中市」の住民が困惑しているとか?そういえば、どうでもいい話だが、滋賀県には「湖南市」がある。私はこの地域を車で走行するといつも「名探偵コナン」を思い出す。

2014年5月21日 (水)

鍋の乱

安さ、美味さ、速さがファーストフード店の生命線だ。すき家の「牛すき鍋定食」は美味しそうだが、作るのが大変らしい。トータルの仕込み時間は、牛丼の15分に対し、牛すき鍋は1時間かかるという。「本部からは20分でできると言われたが絶対無理」・・・要するに現場を知らない本社のエライさんが決定したことが、現場で混乱を招き、現場の社員が限界を感じ離反したのがすき家「鍋の乱」と呼ばれる状況だ。店舗があっても働く人間がいない。現場を知らない幹部がいる会社は潰れる。店舗改装のため休業と言う看板が空しい。

2014年5月20日 (火)

遠隔操作

パソコンの遠隔操作で、4人の人が誤認逮捕された事件で、元IT関連会社員片山祐輔が逮捕され、「真犯人」を名乗るメールをスマホからタイマーを使って自分を無実にしようと姑息なことをしたこともバレた。素晴らしいパソコンの操作技術を持ちながら、間違った使い方で4人の人の人生を狂わせた罪は重い。しかもやっていることが稚拙なのでその落差が理解できない。逮捕時も終始薄ら笑いを浮かべ不気味だ。あのアーチ型の眉を見て、思わず、「こち亀」の「両津勘吉」を思い出した。個人レベルの問題はさておき、中国政府による米に対するサイバー攻撃は悪辣を極める。原発や太陽電池に関する情報を盗んだり、悪質極まりないスパイ行動だ。自国で開発できない、ならず者政府は他国から盗むしか方法がないようだ。著作物を盗み、機密情報を盗み、領土を盗む国家に明日はない。

2014年5月19日 (月)

放駒親方

昨日から車の中でCHAGE&ASKAの音楽を連続で流している。死んだわけではないのに、まるで生前を偲んだ追悼のようである。改めて彼らの偉大な足跡を思うと残念でならない。追悼と言えば元大関魁傑の放駒親方がゴルフ練習中に倒れ亡くなった。66歳だ。大関から一旦平幕まで落ちて、再度大関に復活した唯一の力士だ。噂では八百長が蔓延していた頃、魁傑とその弟子だった横綱大乃国さらにはその時代、安芸ノ島、両国、など八百長に応じなかった真面目な力士もいた。八百長問題を理事長として解決したのも放駒親方であった。反面、通算1045勝とか53連勝とかで国民栄誉賞までもらった横綱千代の富士がかなりギルティだったと噂されているが真実は闇の中である。

2014年5月18日 (日)

村上春樹

朝寒く、昼五月晴れ、そして夜また寒い。こんな日が続く。近所にローソンがオープンしたのでクーポンを持って買い物に行った。240円の買い物をして100円引き券を利用して、差し引き140円の買い物である。店にとってはセコイ嫌な客だ。今日の午後村上春樹の「女のいない男たち」を読んだ。6作の短編集だ。平易な文章で、日常的で、特に盛り上がりもなく、ハラハラドキドキする場面もなく、オチもない、さらっと読める作品だが、読んだ後何かしら不思議な雰囲気が残る。これが村上春樹の作品に共通する私の印象だ。「木野」が特に印象深かった。

2014年5月17日 (土)

ASKA

週刊誌等で色々噂されていたが、CHAGE&ASKAの飛鳥が覚せい剤所持で逮捕された。長年のファンであっただけにショックである。「LoveSong」「SayYes」「YahYahYah」さらにソロ活動後の「はじまりはいつも雨」そして岩崎宏美とのデュエットの名曲「Love      Is Alive」・・・洋楽しか聞かない私も山下達郎とB’zとCHAGE&ASKAは好んで聞いた。栄光と挫折・・・あとは何も言うまい。

2014年5月16日 (金)

まぐれ

まぐれのことを「フロック」と言う。でも正しいのは「fluke」だから「フルーク」と言うべきだがフロックで定着しているので今更変更できない。ローマ字のことを「ヘボン式」と言う。幕末に来日して和英辞典を作ったジェームスカーティスヘボンから由来している。しかしこの名前を英語で書くとJames      Curtis Hepburn・・・すなわちオードリーヘップバーンAudrey Hepburnと同じなので「ヘップバーン式」というのが本来正しいが今更変えられない。究極はミシンであろう。Sewing      Machine(ソーイング・マシン)の「マシン」を「ミシン」と呼んでしまって以来、服を縫うのは「ミシン」なのである。

2014年5月15日 (木)

遠藤とマー君

大相撲で遠藤が初土俵から8場所目での初金星!元大関・武双山の7場所に次ぐ2番目のスピード記録!こりゃすごいわ。田中マー君、メッツ戦で初完封で無傷の6連勝。こりゃまたすごいわ。ニコニコ動画のドワンゴと角川書店のKADOKAWAが一緒になって何する気?わけわからんわ。トヨタ、日立、三菱重工、JR東海、オリエンタルランド、近鉄など過去最高益の企業が続々・・・世間はヒマなのにわけわからんわ。昨日は夏日、そして今日は寒い・・・さっぱりわけわからんわ。

2014年5月14日 (水)

出家詐欺

世の中悪い奴は多い。おれおれ詐欺、振り込め詐欺、押し買い、不正送金詐欺、そして今度は出家詐欺だそうだ。ブラックリストにのった人は簡単には改名できないが、出家したら簡単に改名はできる。出家するには宗教法人である寺の住職の協力が必要となるが、主に協力するのは檀家がいなくなって潰れかけて、お金に困っている寺の住職だ。住職・詐欺者・不動産屋がグルになって金融機関を騙すのだ。おれおれ詐欺のように高齢者を騙すのではなく、金融機関を騙すと言う点で新手の詐欺だ。こう言うのを坊主丸儲けと言う。どんな商売でも売上と仕入れがあるが、坊主は経を読むだけで仕入れも在庫もなく売上が上がるので坊主丸儲けなのである。ただ坊さんの名誉のために書いておくが、寺は税制面でかなり優遇されているが、税金を払っていないわけではないので誤解なく。固定資産税、自動車税のシーズンだ!

2014年5月13日 (火)

優先順位

今日は最高気温が26度前後で暑かったが、各地で30度を超える地域もあった。今朝、サッカーワールドカップメンバーが発表されたと言うニュースが一般紙の第一面に掲載された。それほどの大ニュースなのか、サッカーに何の興味もない私には理解し難い扱いだ。集団的自衛権問題とか、南シナ海における中国の挑発的威嚇攻撃や、ロシアの裏工作でウクライナ東部親露派ドネツクの独立、南極西部の氷床が急速に溶け出し、遅くとも数百年で完全に消失し、すべて溶けた場合、海面上昇は最大で5メートル前後に達するという話など、色々あるのにと思った。重要性とか優先順位と言うものは個人差があると言う事だ。

2014年5月12日 (月)

夢洲

漫画の「美味しんぼ」がいま色々批判されている。東日本大震災のがれき処理を受け入れた大阪で住民に健康被害が出たとの記述があり、がれきを処理した焼却施設の周辺住民を対象とした調査結果として、登場人物が「放射線だけの影響と断定はできませんが、眼や呼吸器系の症状が出ています」「鼻血、眼、のどや皮膚などに、不快な症状を訴える人が約800人もあった」とある。真相は徐々に判明するだろうが、最終的には焼却灰を大阪湾の人工島「夢洲」に埋め立てるわけだ。その夢洲に今度はカジノを誘致しようとプランが着々と進んでいる。商業施設を含んだカジノは間違いなく海外からの旅行客を増やし、大阪に経済効果をもたらす。ただ心配事は、放射能の影響と、犯罪の増加と、カジノ依存症患者の増加だ。一つ間違えば大阪はバットマンのゴッサムシティのような退廃的な街になってしまうかもしれない怖さがある。夢洲が悪夢にならなければよいが。

2014年5月11日 (日)

憲法論議

集団的自衛権とは外国のために日本人が戦争に行き、自衛隊員が戦死することが当たり前になる。攻撃できるということは裏返せば日本がテロなど報復の対象にもなるということである。ベトナム沖で侵略戦争を開始した中国の次のターゲットは日本である。尖閣はもとより沖縄、そして日本本土へ、いつ中国が攻撃してくるかわからない。中国が日本を侵略しようとした場合、もしアメリカがそっぽを向いたら、自分で守らなければならない。そういうリスクを考えると今の憲法は不備だと思う。憲法は本来、国の権力者から国民の人権を守るためにある。その憲法9条を改正しようとする動きがある。憲法を変えやすくするための前段階として憲法96条を変えようとしている。憲法を変えるには衆参両議院がそれぞれ総議員の3分の2以上の賛成が必要だがそれを過半数にすると変えやすくなる。憲法が憲法であるために憲法96条だけ先に変えるためにはもっと議論が必要なのではないかと心配する。

2014年5月10日 (土)

消滅自治体

少子化で日本の人口は減って行くのはイメージとしてわかるが、昨日の日本創成会議・人口減少問題検討分科会の発表はかなり衝撃的だった。全国1800市区町村の約半分の自治体で、子どもを産む人の大多数を占める「20〜39歳の女性人口」が2010年からの30年間で5割以上減り、その結果523の自治体が消滅すると言う。選挙目当てで高齢者ばかり優遇し、子どもの多い世帯を支援することを怠ってきた歴代の政治家の責任は大きい。結局は東京中心の一極集中では日本は滅びるから、道州制を導入して地方分権をせにゃならんと言うわけだ。幸いわが町は消滅自治体ではなかった。

2014年5月 9日 (金)

黒の軽

2014年4月の新車販売台数ベスト10①タント軽[ダイハツ]19390台②フィット普[ホンダ]15621台③アクア普[トヨタ]13683台④デイズ軽[日産]12537台・・・以下⑤ワゴンR軽[スズキ]⑥N-BOX軽[ホンダ]⑦アルト軽[スズキ]⑧ムーヴ軽[ダイハツ]⑨ヴォクシー普[トヨタ]⑩スペーシア軽[スズキ]・・・10台中7台が軽・・・ということはやはり景気はあまり良くないということだ。最近矢鱈黒の軽自動車が目立つ。小さくても高級感を出そうと言う事だろうが、私もその一人だ。洋画を見ていると車は赤青黄色とカラフルなのに、なぜ日本は黒白シルバーばかりなのか?特に高級車に至ってはほとんど無彩色だ。「無難」が日本人の日本人たるキーワードなのだろう。

2014年5月 8日 (木)

わらしべ長者

わらしべ長者と言う話がある。貧しい男が観音様に願掛けしたら「お堂を出て最初に手にしたものがお前を金持ちにする」とお告げがあった。お堂を出たとき、つまずいて掴んだ一本の藁。この藁に、飛んでいたアブをしばって歩き続けたら、赤ん坊が欲しがるのであげたらお礼にミカンをもらう。ミカンを食べようと思ったら、お金持ちのお嬢様らしき人が水を欲しがって苦しんでいたので、ミカンをあげたらお礼に上等の絹の反物をもらった。今度は倒れた馬と反物を取り替えようと言われ、死にかけの馬を強引に引き取らされてしまう。男は懸命に馬を介抱し、馬は元気になった。馬を連れて町まで行くと、馬を気に入った金持ちが千両で買うと言う。大金に驚いて失神した男を、金持ちの娘が介抱するが、それは以前ミカンをあげたお嬢様だった。そして男はそのお嬢様と結婚し大金持ちになると言う話だ。こんな甘い話はない。まじめに生きよう。

2014年5月 7日 (水)

知事選挙

連休明け、今日はどうしても月曜日のイメージがあったが水曜日である。今日は見事な快晴で午後は初夏の様相だった。滋賀県の嘉田知事が7月の選挙に立候補しないことが決まった。栗東に新幹線駅を誘致することを阻止し、結局何も生まず、途中滋賀県を「ほったらかし」にして県民を愚弄し、小沢一郎におだてられ日本未来の党党首になったが選挙で惨敗し、小沢一郎に見捨てられ、滋賀県に出戻ってきた嘉田知事に次のポストはない。これで選挙は民主の三日月大造と、自公推薦の小鑓隆史と共産推薦の坪田五久男の三つ巴がほぼ決まった。私の個人的な印象だが、滋賀県は日本一の琵琶湖を擁しながらも、全国的に岩手、栃木、富山、鳥取、佐賀のような地味な県であることに変わりない。

2014年5月 6日 (火)

連休最終日

ゴールデンウィーク最終日。山で遭難が相次いでいる。本来なら今頃は絶好の登山シーズンのはずが、山頂付近は未だ真冬の状況らしく、軽装備で遭難したようだ。命が助かっても救助費用は最低数百万円。長引けば1千万円を超えることもあるとか。趣味は何かと高くつく。Uターンラッシュは我が家には無縁の話。演奏会が2か月後に迫ったバイオリンの本格的な合奏練習が始まった。細かい点でまだまだ練習すべき点、修正すべき点が少しわかった。明日の朝は冬の寒さに逆戻りし、また昼は初夏の暑さになるそうだ。不順な天候で、自律神経がおかしくなりそうだ。

Dscn3603

2014年5月 5日 (月)

子供の日

早朝伊豆大島で大きな地震発生したが、なぜ80キロも離れた東京千代田区で震度5弱になったのかちょっと不思議だ。我が家では早朝雨が降るまでの間、庭の草引きをしたあと、しばらく放置したままで草花が生え、通りにくかった「犬走り」にブロックを並べて整地した。犬走りとは文字通り犬が走れる程度の空間を言うが、隣の家との境界から自宅の外壁面との間のわずかなスペースをコンクリートで舗装した部分を犬走りと呼んでいる。この部分に土砂と雑草が覆って、見苦しかったのでブロックですっきりさせた。かなり重労働であったが新たな畑が出来、また何か野菜か草花を植えようと思う。昼前某ショッピングモールに行き用事を済ませた後、某麺類店で昼食。某食品スーパーで買い物をし、帰宅。子供の日、親に何か買ってもらうのか?どこに行っても子供がいっぱい。母の日グッズも売れているようだ。連休はどこに行っても人人人である。

2014年5月 4日 (日)

農作業

今日は朝から農作業。花や雑草が生えた場所を耕して、肥料を撒いて野菜畑に変身。新たに野菜苗を植えるスペースが出来たので、レタスの野菜苗を数個とミニトマト数本など買って、植えた。朝から夕刻まで一日働いたのであす以降の腰痛が心配である。これで、今日現在我が家の果て家には「桃太郎トマト」「ミニトマト」「タマネギ」「紫タマネギ」「男爵イモ」「メイクーイーンイモ」「青ネギ」「ラッキョウ」「キヌサヤ」「モロッコインゲン」「ジャンボピーマン」「キュウリ」「ゴーヤ」が植わっている。いずれも収穫は6月以降だが楽しみだ。まだ畳1枚分ほどの空きスペースがあるのでさてどうする?

2014年5月 3日 (土)

4連休初日

午前中、トマトの苗大小合わせて15本の植え付けをした後、午後は着ることのない衣服を袋に詰め込んでBookoffに持ち込み数百円ゲット。捨てるよりマシか?琵琶湖なぎさ公園はゴールデンウィーク期間中は野外バーベキューOKで、大勢の団体がいた。風が強く湖面は海のように波立っていた。駐車場を出ようとしたら、つり銭切れで駐車料金のおつりが出ない。こんなの市県役所による悪質つり銭詐欺だ!夕刻は、オバマ安倍会談のような回らない高級寿司ではなく、回転寿司に行った。茶わん蒸しや味噌汁などを注文すると、新幹線リニアカーに乗って届くのが面白い。最近の回転寿司と言うのはすごいシステムだ。

2014年5月 2日 (金)

ゴールデン

今年はカレンダーの並びが悪く、ゴールデンと言う感じではないが、明日から4日間休みに入る。現在は伊坂幸太郎著「首折り男のための協奏曲」を読みかけているが、なかなかおもしろい。図書館にリクエストしておいた村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」が意外に早く手に入ったので、これも連休中読もうと思う。朝は畑仕事だ。夏野菜を植える場所の準備は出来た。明日、早朝から営業している地元農家に行って、キュウリ、トマト、トウガラシ、ゴーヤ、ピーマンを少しずつ買うつもりだ。バイオリンの練習も全く出来ていないので「アリア」「カノン」「ドッペル」など猛練習?をしなければ・・・。ちなみにドイツ語でドッペルとは二重とか分身とか言う意味がある。バッハの「2つのバイオリンのための協奏曲」のことを音楽関係の人は「ドッペル」と呼ぶようだ。ドッペルゲンガーと言うちょっと怖~い現象があるが話が長くなるので今日はやめておこう。

2014年5月 1日 (木)

クールビズ

いわゆる衣替えは毎年6月1日であったが、最近はクールビズとやらで、5月~10月の期間クールビズと称して公務員はじめ一般企業も上着なしノーネクタイの運動が始まった。節電という意味からこれも致し方ないが、国会議員のクールビズは個人差があるが、基本的にだらしなく見え、品格を感じないおっさん議員が多すぎる。国会の議論も町内会の集会みたいで締りがない。中身さえあれば良いとはいえ、服装も中身もダメな国会議員は、定数をさっさと減らせ!消費税増税時には国会議員自ら身を切る改革をすると寝言のように言っていたのはやっぱり嘘だったのか?

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »