« 黒の軽 | トップページ | 憲法論議 »

2014年5月10日 (土)

消滅自治体

少子化で日本の人口は減って行くのはイメージとしてわかるが、昨日の日本創成会議・人口減少問題検討分科会の発表はかなり衝撃的だった。全国1800市区町村の約半分の自治体で、子どもを産む人の大多数を占める「20〜39歳の女性人口」が2010年からの30年間で5割以上減り、その結果523の自治体が消滅すると言う。選挙目当てで高齢者ばかり優遇し、子どもの多い世帯を支援することを怠ってきた歴代の政治家の責任は大きい。結局は東京中心の一極集中では日本は滅びるから、道州制を導入して地方分権をせにゃならんと言うわけだ。幸いわが町は消滅自治体ではなかった。

« 黒の軽 | トップページ | 憲法論議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒の軽 | トップページ | 憲法論議 »