« ASKA | トップページ | 放駒親方 »

2014年5月18日 (日)

村上春樹

朝寒く、昼五月晴れ、そして夜また寒い。こんな日が続く。近所にローソンがオープンしたのでクーポンを持って買い物に行った。240円の買い物をして100円引き券を利用して、差し引き140円の買い物である。店にとってはセコイ嫌な客だ。今日の午後村上春樹の「女のいない男たち」を読んだ。6作の短編集だ。平易な文章で、日常的で、特に盛り上がりもなく、ハラハラドキドキする場面もなく、オチもない、さらっと読める作品だが、読んだ後何かしら不思議な雰囲気が残る。これが村上春樹の作品に共通する私の印象だ。「木野」が特に印象深かった。

« ASKA | トップページ | 放駒親方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ASKA | トップページ | 放駒親方 »