« ドログバ | トップページ | 茶屋町 »

2014年6月13日 (金)

外来語

NHKが「コンシェルジュ」「ファンド」「コラボ」といった外来語を番組で多用し、精神的苦痛を受けたとして、岐阜県のがNHKを相手取り、慰謝料を求めたわけの分からない訴訟に対して、名古屋地裁は請求を棄却した。確かに最近は日本語でも表現できるのにあえて外来語を使う傾向がある。総合世話係と言うよりコンシェルジュのほうが響きは良い??資金基金と言うよりファンドのほうがわかりやすい??協力共同と言うよりコラボのほうが一般的??正直、高齢者には意味不明だ。かと言って訴訟をおこすほどのことでもない。こうやって少しずつ高齢者は社会の隅へ追いやられてゆくのである。それが嫌ならもっと好奇心を持って勉強すれば良い。 パティシエなんてただの菓子職人、カフェ&ダイニングなんてただの喫茶&食堂やん?

« ドログバ | トップページ | 茶屋町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドログバ | トップページ | 茶屋町 »