« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

桃のシーズンである。全国の桃の生産量は山梨、福島、長野、和歌山、山形、岡山の順であるが、おらが滋賀県ではほとんど栽培されていないが実情だ。その中で、蒲生郡竜王町というところで10件ほどの農家が桃を栽培されていて、味が大変良いと言うことで、先日買ってきた。アグリパーク竜王という直売所には桃以外にもスイカ、トマト、キュウリなど地元野菜がいっぱい並んでいた。桃から連想する言葉・・・桃源郷、桃栗三年柿八年、昔話桃太郎、桃の節句、桃太郎電鉄、ピーチアビエーション、ピンクレディ、ももいろクローバZ・・・そういえばももクロファンの田中将大君の容態はその後どうなっているのだろう?

2014年7月30日 (水)

自己啓発

テレビドラマ「ペテロの葬列」の中で自己啓発セミナーの恐ろしさを知った。知ったと言うより私も20~30代の頃、会社の社員教育でイロイロ経験した。お互い罵り合って相手が泣き出すまで攻撃したり、逆に相手の気持を理解するためとことん話し込んだり、大声を出す発声練習など、ためになったものや、胡散臭いものやら何度か経験した。ある意味企業の社員教育の流行のようなものがあり、インストラクターと呼ばれる指導者に「洗脳」まがいの教育を受けたこともある。現在でもそんなものがあるのだろうか?自己啓発と言う名目で「本当の自分を見つけ」「可能性を開く」「自己の殻を打ち破る」「心の癒し」「トラウマの解消」などと銘打って結局はカルト宗教の勧誘だったり、霊感商法、ねずみ講、マルチ商法に引きずり込まれるパターンも結構あるそうなので要注意だ。最近でも胡散臭い新聞広告や、教祖が書いたと言う書籍の宣伝などよく見る。宗教法人にして、お布施で荒稼ぎしているので広告宣伝費は使い放題なのだろう。日本人は中国や北朝鮮と違い、基本的人権として、思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由、集会・結社・表現の自由、信仰心情の自由は認められている。それだけに、中身については自己責任で吟味する必要がありそうだ。

2014年7月29日 (火)

土用の丑

「兎追いしかの山~♪、鰻美味し蒲焼き~♪」・・・今日は土用の丑の日。鰻食べたし、値段が高杉晋作。高ければ、値下がり待とうホトトギス。成長ホルモンや、抗生物質が大量に投与された中国産鰻を食べるは自殺行為。イワシ、アジ、サバの味醂干しで我慢しよう。ウナギの稚魚の年間採捕量は1960年代に100トンを超えていたが、2012年はわずか2トンとか。しかし日本人はすごい!4年ほど前世界ではじめてニホンウナギの完全養殖に成功した。三重県の水産総合研究センター増養殖研究所によると、まだまだ庶民の口に入るまで課題が山積とか。秋以降ニホンウナギの稚魚が順調に育つと良いのだが。鰻と松茸は我等庶民には今後口にすることのできない記憶に残る食材となるのか?

2014年7月28日 (月)

ドラッグストア

ドラッグと言っても脱法ドラッグや危険ドラッグの話ではない。ドラッグストアである。2013年度ドラッグストア売上ランキングを見ると1.マツモトキヨシ4,563億円2.サンドラッグ4,074億円3.スギホールディングス3,436億円4.ツルハホールディングス5.ココカラファイン6.コスモス薬品7.ウエルシアホールディングスと言う順になっている。マツモトキヨシは滋賀県内に2店あるが千葉に本社があり創業者松本清がそのまんま店名になっている。ツルハ?滋賀県に6店ほどあるそうだが、札幌が本社で馴染みが薄い。ココカラファイン?聞いたことないがセガミやジップドラッグの親会社だ。コスモス薬品?聞いたことないが福岡の会社で滋賀県には1店もない。ウェルシア?聞いたことがないが東京に本社があり滋賀県に3店舗しかなく、ほとんど未知のドラッグだ。こうしてみるとドラッグと言うのは意外と地域性のある業界なのかもしれない。私の印象ではドラッグと言えばドラッグユタカかキリン堂である。

2014年7月27日 (日)

掃除機

昨日の猛暑も一段落。午前から久々のまとまった雨が降って少し涼しくなった。我が家の掃除機がつぶれたので、Y電機に行ってP社のサイクロン掃除機を買った。日曜日の午後だと言うのに客の入りも少なく閑散としていた。ネット販売が主流とは言え、消費増税による景気低迷を実感した。スマホで最安値を調べ、価格もネットの最安値に合わせてもらった。スマホはこんなとき便利だ。総理大臣が言うほど世間の景気は良くないのがわかる。帰路、株主優待でもらった食品スーパーBの商品券で買い物をし、晩の食材をゲット。

2014年7月26日 (土)

東近江市

何でも日本一になることは素晴らしいが、本日滋賀県東近江市の最高気温が38.8度で日本一に輝いた。午後外出したが体がとけそうな暑さだった。今日は節電のため昼間家族はエアコンの入っている部屋に集合し、エアコン稼働は1台だけで乗り切った。それでもこの暑さには忍耐も限界だ。そこで素朴な疑問。日本中の原発が停止したままで、なぜ電気の供給が出来るのか?昨日も今年最高の電力使用量であったが、コストの高い火力発電を稼働させ、他県の電力会社から電気の融通を受け、綱渡りではあるが何とか危機を乗り切っている。ただ、近い将来原発再稼働されない限り電気代は値上げされるだろう。

2014年7月25日 (金)

後の祭り

信仰か観光かの議論の中49年ぶりに祇園祭の後祭りが24日行われた。これが本来の信仰の姿である。京都八坂神社の祇園祭の期間中、17日を「前の祭り」といい24日を「後の祭り」という。前の祭りは、祇園ばやしにあわせて鉾車や山車がたくさん出るため、パレードのように賑やかだが、後の祭りは、神様が神輿で神社に帰ってくる還幸祭であるため、山鉾もお囃子もなく地味で、見てもあまり面白くない。「見物に行っても意味がない」という事から、「後の祭り」は後悔や手遅れという意味となったと言う説がある。庭のトマトが赤く熟し、もう一日採らずに置いておいたら、朝、コガネムシに食われていた。後の祭りである。

2014年7月24日 (木)

チキンナゲット

マクドナルドやファミリーマートで販売されているチキンナゲットの一部原材料が期限切れの肉を使った中国産であったことが判明。工場での衛生管理はデタラメで、床に落ちた肉やナゲットを拾って生産ラインに戻している映像はショッキングだ。日本の外食産業経営者はまだ懲りないのか、それでも中国産を使うのか、大きく見せかけるために膨張剤を注入して爆発するスイカ、毒入り餃子、野菜の入ったむちゃくちゃな量の残留農薬、・・・中国人が悪いとは思わないが、日本人とは価値観、倫理観、文化が違いすぎる。床に落ちたものは不衛生であり、期限切れの材料は使ってはならないと言う日本人には子供でも当たり前に思う事柄が中国人には理解できないのだ。と言うより嘘もばれなきゃ嘘でなくなり、自分の利益のためには他人を騙しても良いと言う思想なのだ。死にたくなければ中国産食材は口に入れるなかれ。中国ばかりではない。山口県の輸入業者がベトナムから輸入した冷凍シシャモに、殺鼠剤や汚物とみられる異物が混入。ベトナムの製造会社で現地従業員が意図的に混入した疑いがあり。安物を買うか、安全なものを買うか、自分で選択するしかない。

2014年7月23日 (水)

危険

7月20日中国、四国で梅雨明け、21日九州、近畿、東海で梅雨明け、22日関東、甲信で梅雨明け、いよいよ夏本番。猛暑対策商品がスーパーやドラッグの店頭に山積みされている。ドラッグの店頭に飲料と共に、熱を冷ます冷却スプレーが大量に陳列してある。服の上からシュ~としたら涼しくなるのだが、危険性が指摘されている。車の中でスプレーした直後、タバコを吸おうとライターに火をつけた瞬間服に火が燃え移り、火傷をするという事故が発生した。使い方を誤ると怖い。ドラッグと言えば「脱法ドラッグ」の名称が「危険ドラッグ」に呼称が変わった。名前を買えても大した意味はない。誰もが危険と感じるハーブを販売する悪徳業者を法律で禁止できないのはおかしい。世論を盛り上げ法整備を急いでこんな悪徳業者を早く逮捕して欲しい。

2014年7月22日 (火)

農薬

今年は我が家の庭先のトマトが豊作なのであるが、完熟したものはことごとくコガネムシに食べられ、悲惨な状況である。かといって農薬をまくのも気が進まないので、不本意ながらも完熟の少し前に収穫している。キュウリやゴーヤもカラスにいたずらされ食いちぎられている。昼間仕事で家にいないのでやりたい放題だ。サニーレタスもそろそろ枯れてきたので抜いて、土を掘り返したら、何やら幼虫がゴロゴロ出てきた。スミチオン乳剤やオルトラン水和剤やダイアジノン粒剤などの散布を勧める人もいるが、やはり農薬はやめておこうと思う。

2014年7月21日 (月)

痙攣

バイオリンの演奏会を目標に、この3か月間それなりに練習してきたが、本番も終わり、今は何かほっとしたと言うか、脱力感が全身を覆っている。人間と言うものは目標があればそれを目指すが、それがなくなると無気力になるものだ。演奏会本番1時間ほど前、原因不明の足の痙攣が起こり苦しんだが、今はようやく落ち着いてきた。靴が合わないのか、靴下のゴムがきついのか、脱水症状だったのか、エアコンで冷え過ぎたのか、マグネシウム、カリウム、カルシウム、またビタミンB1、タンパク質の不足なのか、動脈硬化に伴う血行不良なのか?症状が続くようなら一度医者に行ってみよう。

2014年7月20日 (日)

演奏会

昨日はバイオリンの演奏会で客席800席の大舞台に立たせてもらった。合奏なので少しのミスは誤魔化しが効くのでプレッシャーは少ない。とは言え一曲目はやはり手が震えて本来の音が全く出なかった。スポットライトを浴びての迷?演奏、この年齢でこんな経験が出来るのは幸せな事だと思う。全10曲、自己採点で出来は72点?であったがともかく25分余り弾きまくった。もうこれで悔いはない。知人から分不相応な立派な花束をいただき、人生最初で最後のスター気分を味わった。

Dscn3707_2 Dscn3710_2











2014年7月19日 (土)

誤爆

きな臭い事件が発生した。ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機ボーイング777が撃墜された。ウクライナの親露派がウクライナの軍用機と間違えてミサイルを発射したと言う話もあるが真実はまだわからない。子供を含む何の罪もない民間人がいきなり爆撃を受け殺されると言う悲惨な事件だ。報復の連鎖とは違う、許しがたい誤爆だ。人生いつどこで何が起こるかわからない。

2014年7月18日 (金)

高校野球の応援

夏の高校野球の予選が始まっている。春と違って滋賀県はとりあえず1校は出場できるので地元の期待も大きい。高校野球は応援も賑やかだ。ブラスバンドが主役である。「狙い撃ち」「サウスポー」「エルクンバンチェロ」「パラダイス銀河」「ポパイザセーラーマン」「宇宙戦艦ヤマト」・・・ふと感じたのだが、なんで山本リンダだの、ピンクレディだの、光GENJIだの古臭い曲が選曲されるのだろう?エルクンバンチェロと言えば1943年、まだ私が生まれる前に、プエルトリコの作曲家ラファエルエルナンデスが作曲したラテン音楽の代表作だ。最新ヒット曲でも、営利目的でもなくお金を取るわけではないので著作権には抵触しないはず。なのになんで山本リンダなのだ?きっと指導する先生の趣味なのだろう。たぶん。そういえば昨年の町内の大運動会のBGMは「あまちゃん」であった。大音響で流される「あまちゃん」のテーマはあまりにも鬱陶しかった。

2014年7月17日 (木)

なし崩し

せんだい原発が10月再稼働することになった。せんだいと言っても宮城県の仙台ではなく鹿児島県の川内である。九州電力は一安心だろうが、住民の不安はどうなんだろう?これを契機に次々再稼働が始まり、福島の事故の時に誓った「脱原発」は、なし崩し的に無視されてゆくのだろうか?このなし崩しと言う言葉には「うやむやにする」「誤魔化す」と言うマイナスのイメージで使われることが多いが、本当は「済し崩し」と書き、「少しずつ片付けて行く」とか「借金を少しずつ返済する」とか言うプラスの意味で使う言葉らしい。なしくずしのなしは「無し」ではなく「済し」なのである。

2014年7月16日 (水)

オールスター

アメリカ大リーグでオールスター戦があり、怪我の田中マー君は欠場となったが、ダルビッシュと上原が持ち味を出した。日本ではプロ野球セパ交流戦が始まった頃から、オールスターゲームの魅力がなくなったように思う。昔々「人気のセ、実力のパ」と言われた時期があって、パ・リーグの選手は真剣に勝負を挑んだ。ところが最近のオールスターは真剣味がなく、豪華景品がもらえる、ニコニコなごやかなパーフォーマンス合戦に成り下がり、スポーツと言うよりテレビバラエティを見ているようにすら思える。セパを代表する選手が最高のパーフォーマンスを繰り広げ激突する姿は今はない。大切な各チームの主力選手を預かっているので怪我や無理をさせないようにだけ配慮するのはわかるが、これは野球というより「お遊び」ゲームだ。あまり見る気もしない。

2014年7月15日 (火)

教皇対決

カトリックの頂点に立つのが教皇様。前のベネディクト16世はドイツ出身、現在のフランシスコ1世はアルゼンチン出身。まるでワールドカップ決勝戦のようだ。教皇様は立場上どっちを応援したのだろう?結局ドイツが1対0でアルゼンチンを下し、優勝した。大会MVPになぜアルゼンチンのメッシが選ばれたのかはちょいと疑問だ。ドイツのミュラーが選ばれるべきではなかったのか?色々あったがとにかく開催が危ぶまれ、心配されていたブラジル大会が無事終わり、開催関係者の皆さん、ブラジルは優勝できなかったけどお疲れさんでした。

2014年7月14日 (月)

クロワッサン

滋賀県知事選で元民主党衆院議員の三日月大造さんが無党派層の多くの支持を得て当選した。対立候補の小鑓隆史さんには自民公明の大物議員が続々応援に来たが、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定のタイミングが悪かったようで、「卒原発」の三日月さんには及ばなかった。投票率50.15%で三日月さん253728票対小鑓さん240652票でその差は13076票の僅差であった。三日月は英語でクレッセント、フランス語ではクロワッサンとなる。そういえばパン屋に並ぶクロワッサンは三日月の形をしている。知らんかった。

2014年7月13日 (日)

知事選挙

昨日はバイオリンの演奏会の一週間前の最後のリハーサル。いよいよ来週は本番である。私的にはまだまだ怪しい技量であるが、今さらジタバタしても仕方あるまい。あとは健康で怪我もせず本番を迎えるまでだ。本日午後は知事選挙の投票に行き国民県民の権利義務を果たした。誰が当選しても同じ、たかが一票であるが、「投票しないのなんでだろう」のテツ&トモの投票率アップキャンペーンを何度も見たので行くことにした。「CD買わなくても投票できるのなんでだろう?」には笑ってしまった。テツ&トモの「テツ」こと中本哲也さんは大津市石山高校出身で地元では有名人だ。今回の選挙戦で選挙カーに乗って候補者の名前の連呼はほとんどなかったのが印象的だ。大音響スピーカーでの名前連呼の大迷惑がようやく候補者にもわかってきたようだ。

2014年7月12日 (土)

顧客情報

顧客情報が大量流出したベネッセの会員にジャストシステムのDMが届いた。ということはベネッセの関係者が顧客情報をジャストシステムに売ったことが推測される。売った奴は悪いがそれを買った奴も悪い。そんなわけで、ベネッセ株が5%ほど下がり、ジャストシステムは15%ほど下がった。何者かがベネッセ顧客情報を盗み、ジャストシステムは盗品と知りつつ利用したのだから当然の報いだ。ライバルを蹴落とすためには何でもありの企業戦争。不正はいかんぜよ。ジャストシステムと言えば、パソコンを長年使っている人にはお馴染みの一太郎の開発者浮川和宣夫妻が代表者であったが2009年福良伴昭に譲った。キーエンス傘下に入ってから経営基盤も安定し、今年東証一部に上場したばかりだが、前回のインサイダー取引問題、そして今回の顧客情報流用スキャンダルですっかり信用を落としてしまった。

2014年7月11日 (金)

村上海賊の娘

沖縄、新潟で記録的豪雨、長野で土石流、山形はじめ各地で豪雨災害発生のニュースを聞き、あらためてわが町の無事に感謝である。結果的には台風は近畿南部を通過したが勢力が衰え、さほど雨も降らず無事だった。図書館からリクエストしてあった本が入ったのはうれしいが、ちょっと困った。今年の本屋大賞を受賞した和田竜著の『村上海賊の娘』であるが上下巻同時に入った。上下合わせて1000ページ近い大作である。返却期限まで読み終えるには相当な覚悟と根性が必要だ。バイオリンの演奏会も本番が近付き、焦る日々である。

2014年7月10日 (木)

四股名

大相撲で昔は四股名で所属の部屋がわかった。栃は春日野部屋、千代は九重部屋、琴は佐渡ヶ嶽部屋・・・最近は面白い四股名が増えた。右肩上(みぎかたあがり)、勢(いきおい)、山本山(やまもとやま)、丹蔵(たんぞう)、桃智桜(ももちざくら)、大露羅(おおろら)、爆羅騎(ばらき)、光源治(ひかるげんじ)、宇瑠虎(うるとら)、天空海(あくあ)、究極は新弟子検査で体重が不足で水とうどんとおにぎりを詰め込んでギリギリクリアした育盛(そだちざかり)・・・どこまで進化するのだろう?明治時代には「自動車(じどうしゃ)早太郎」「三毛猫(みけねこ)泣太郎」「一二三山(ひふみやま)四五六」とか言う四股名の力士がいたそうだ。名前より中身が肝心。日本人力士頑張れ。遠藤もかっこいい四股名をつけて、相撲界の星となれ。 

2014年7月 9日 (水)

主力の欠場

沖縄も、新潟佐渡も50年に一度の記録的豪雨。台風8号はあす九州に上陸しそうだ。勢力が衰えて消滅してくれれば良いのだが。★サッカーワールドカップドイツ対ブラジル戦、地元が勝ってほしいと言う心情はわかるが7対1と言う歴史的大敗で、ブラジルではバスの放火、略奪が行われているとか。攻撃の要でありエースのFWネイマールがコロンビア戦で脊椎骨折の重傷を負って離脱。さらに累積警告による出場停止で守備の要であり主将のDFチアゴ・シウバの離脱はあまりにも痛い。残されたメンバーでもう少し頑張って欲しかった。ヤクルトだってバレンティン、畠山、ミレッジ、小川、館山、由規などエースと4番が欠場の中とりあえず善戦しているぞ。

2014年7月 8日 (火)

ペテロの葬列

暴風、波浪、高潮の特別警報が出た台風8号は沖縄に甚大な被害をもたらした。この台風が近畿地方に11日の金曜日頃最接近する。多少勢いは衰えているだろうが恐ろしい。★昨日からテレビで宮部みゆき原作の「ペテロの葬列」がドラマとしてスタートした。本を読んだのでストーリーは知っているがテレビドラマも、これはこれで面白い。レンブラントの「聖ペテロの否認」と言う絵画がある。ペテロは処刑されることをおそれ「わたしはイエス様のことは知らない」と3度否認してイエス様を裏切る。しかし自分の弱さを反省して後に悔い改めると言う話だが、この「バスジャック」のドラマとどう関わるのか未だわからない。修行が足りん。

2014年7月 7日 (月)

椋鳥

ムクドリは漢字で書くと椋鳥となる。椋の木の実を好んで食べるのでその名がついたそうだ。JR瀬田駅前は今椋鳥の名所となっている。宅地開発が進み、鳥の住む場所が無くなったのか、夕刻駅前の木々や電線に千?五千?1万?羽の椋鳥が集まってくる。やかましいし、糞害で地元民は憤慨している。まるでヒッチコックサスペンスの「鳥」のような状況だ。とりあえず捕獲や駆除が認められていない保護鳥なので手出しも出来ない。人間の身勝手が鳥の住処まで奪ってしまった。それにしてもなんでわざわざ人の多い駅前に鳥たちは集合するのか?何かをアピールしているのだろうか?

2014年7月 6日 (日)

ガーシュイン

昨日はクラシックコンサートのため大阪に行ってきた。通常クラシックと言えば、バッハ、ヴィヴァルディ、モーツアルト、ベートーヴェン、チャイコフスキーなどヨーロッパ音楽が多いが、今回はアメリカ音楽であった。ガーシュインとコープランドというアメリカを代表する作曲家の演奏会であった。パリのアメリカ人やラプソディインブルーはイントロ部分を何度も聴いたことはあるが、生で全曲聴くのは初めての経験で感動的であった。余りの素晴らしい演奏で、2週間後に迫った私のバイオリン演奏会が何か情けなく思えてきた。プロはプロ、アマはアマ、それなりにベストを尽くすべえ。

2014年7月 5日 (土)

歯のメンテ

年2回程度で歯のメンテナンスをしてもらっている。朝一番で予約しておいた。歯の磨き方で良くないところは指導してもらい、とりあえず80歳まで生きると言う前提で20本の歯を残すことを目標にしている。しっかり噛めないと食べ物の味も良くないし、頭もボケると言われている。最近は歯ブラシも磨く部分を考えて2本併用している。歯間ブラシやフロスも時々ではあるが使っている。それでも磨き残しが指摘されると反省!

2014年7月 4日 (金)

コンサート

知人からクラシックコンサートの無料招待券を頂いたので土曜日大阪いずみホールまで行くことになった。アメリカを代表するガーシュウィンとコープランドの作品が演奏される予定で、楽しみだ。素晴らしいコンサートホールだが、適当な昼食場所がないのが難点だ。ホテルニューオータニ内の飲食店はボッタクリ価格で我等シモジモが食べるには高すぎる。結局はIMPビルかツイン21あたりに行くしかない。

2014年7月 3日 (木)

県議

長崎で3時間に200ミリを超える雨を観測。50年に一度の記録的豪雨だそうだ。今晩近畿も要注意らしいが、家にいるしか方法はない。★昨年度年間195回の日帰り出張をし、そのうち106回が城崎温泉に行き、政務活動費から領収書のない交通費約300万円を支出していた問題で、兵庫県議会議員の野々村竜太郎が会見を開いたが、冒頭会見にやってきた記者の名刺を全員から集めたのも異常だが、話の途中、突然気が狂ったのか泣きわめきだした。結局、視察の有無や目的など何の説明もせず、醜態をさらけ出すだけで会見が終了。泣いたら許されるとでも思ったのか・・・東京都議のヤジ問題と言い、所詮地方議会議員はこんな程度の人間の集まりなのかと思ってしまう。関西ではこんな人間をアホと言う。

2014年7月 2日 (水)

つる

最近寝ているときによく足がつる。足のふくらはぎの部分の筋肉がけいれんを起す症状で、痛くて思わず目を覚ます。この症状の原因の一つはカルシウムとマグネシウム不足だと言われている。さらには閉塞性動脈硬化症などの病気による症状として現れることがあると言う。主に下肢の血管が詰まり、血流が悪くなるのだ。最初は下肢の冷えから始まり、次第にじっとしていても痛みが起こる様になり、最終的には歩行困難や、下肢の壊死などの状態を招く。また最近運転中に手の指がつる。運転中エアコンの冷気が直接手にあたるのが良くないのだろうか?またバイオリン演奏中に左手の指がつる。とにかく最近手足がつりっぱなしだ。要検査か?

2014年7月 1日 (火)

東京ブルース

2013年国会議員の平均所得は2281万円。株や土地売買などアベノミクス効果で国会議員は潤ったようだ。①鳩山邦夫29億3757万円は別格②今村洋史1億3429万円③岡本三成9397万円・・・以下桜田義孝、河野正美、新谷正義、小渕優子、神山佐市、鴨下一郎、小沢一郎と続く。まるで別世界の話だ。平成24年11月、当時の野田佳彦首相と野党だった安倍晋三自民党総裁が党首討論で、衆院解散の条件として消費税増税に伴い議員定数を削減する方針を確認した。「身を切る改革」など真っ赤な大嘘だったわけだ。国民は完全に騙された。結局はアベノミクスで議員の懐を潤すだけで、TPP、集団的自衛権でウヤムヤにされた。「泣いた女がバカなのか、だました男が悪いのか、あせたルージュの、くちびる噛んで、夜霧の街でむせびなく、恋のみれんの東京ブルース」昭和30年代後半東京オリンピックが開催されていたころ、現在の関口宏の奥さん西田佐知子さんの歌でヒットした東京ブルース。騙された国民がバカなのか、騙した政府が悪いのか?

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »