« 危険 | トップページ | 後の祭り »

2014年7月24日 (木)

チキンナゲット

マクドナルドやファミリーマートで販売されているチキンナゲットの一部原材料が期限切れの肉を使った中国産であったことが判明。工場での衛生管理はデタラメで、床に落ちた肉やナゲットを拾って生産ラインに戻している映像はショッキングだ。日本の外食産業経営者はまだ懲りないのか、それでも中国産を使うのか、大きく見せかけるために膨張剤を注入して爆発するスイカ、毒入り餃子、野菜の入ったむちゃくちゃな量の残留農薬、・・・中国人が悪いとは思わないが、日本人とは価値観、倫理観、文化が違いすぎる。床に落ちたものは不衛生であり、期限切れの材料は使ってはならないと言う日本人には子供でも当たり前に思う事柄が中国人には理解できないのだ。と言うより嘘もばれなきゃ嘘でなくなり、自分の利益のためには他人を騙しても良いと言う思想なのだ。死にたくなければ中国産食材は口に入れるなかれ。中国ばかりではない。山口県の輸入業者がベトナムから輸入した冷凍シシャモに、殺鼠剤や汚物とみられる異物が混入。ベトナムの製造会社で現地従業員が意図的に混入した疑いがあり。安物を買うか、安全なものを買うか、自分で選択するしかない。

« 危険 | トップページ | 後の祭り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 危険 | トップページ | 後の祭り »