« au WALLET | トップページ | 白銀ジャック »

2014年8月 2日 (土)

歌劇

今日は極めて文化的な一日である。日本センチュリー交響楽団の公演を聴きに地元びわ湖ホールに行った。モーツアルトの歌劇の代表作品「フィガロの結婚」「魔笛」「コジファントゥッテ」の序曲とメンデルスゾーンの交響曲第五番「宗教改革」と言う珍しい組み合わせの演奏であった。モーツアルトの歌劇は諸説あるが17作品ある。その中で、イタリア語で有名なのが「フィガロの結婚」「ドンジョヴァンニ」「コジファントゥッテ」であり、ドイツ語で有名なのが「後宮からの誘拐」「劇場支配人」「魔笛」である。ソプラノの中村恵理さんの美声にうっとりし、沼尻竜典さんの指揮に引き込まれた、素晴らしい演奏会だった。「宗教改革」も厳かで名演奏だった。アンコールのアイネクライネムジークも肩の力がすっと抜けて優雅で軽やかな演奏だった。アカデミックな雰囲気を残しながら、某回転寿司で「優雅に」?腹ごしらえ。歌劇もいいが寿司もいい。

« au WALLET | トップページ | 白銀ジャック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« au WALLET | トップページ | 白銀ジャック »