« 錦織 | トップページ | これでいいのだ »

2014年9月 5日 (金)

プリン体

スーパーの飲料売場に行くと、糖質ゼロ、プリン体ゼロの発泡酒が目立つ。サッポロ、サントリー、アサヒ、各社とも事前談合したかのように缶の色がブルーに統一されている。プリン体がなぜいけないのか?プリン体は穀物や、肉、魚、野菜など食品全体に含まれている。プリン体は分解されて尿酸に変化し体外に排出されるが、尿酸量が排出能力を超え、体内に蓄積されると痛風の原因となるといわれている。健康志向でますます需要が伸びそうだが、早速某メーカーのものを一缶飲んでみたが、正直味は良くない。やはり本来自然界に存在するものを無理に除去すること自体おかしいのではないか?旨みの成分も一緒に取り除いているのではないか?痛風になるのが嫌だったら、飲む量を減らせばよいのだ。

« 錦織 | トップページ | これでいいのだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 錦織 | トップページ | これでいいのだ »