« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

網棚

列車に網棚がある。昔は文字通り網で出来ていたが、今はステンレス製であるので網棚という言葉はもはや死語である。その網棚の利用頻度が低いので、なくそうという動きがあるそうだ。身長の低い人が届かない。忘れ物をする可能性がある。駅間が近く載せるのが面倒。落下した時危険。荷物の上げ下ろしの際他の客に迷惑がかかる。特に若者が利用しているのをあまり見たことがない。その他いろいろな理由であまり使われていないように思う。あれば邪魔だが、なければやはり困る人もいる困る。それが網棚だ。

2014年10月30日 (木)

年末モード

青木宣親残念!3勝3敗で最終戦ロイヤルズがジャイアンツに惜しくも破れ快挙は逃したが、メジャーに行ってあまり出番もなく日本に帰ってくる選手もいれば、青木のようにカンザスのファンに愛され最後まで盛り上れて幸せな選手だ。明後日から早くも11月だ。計量記念日、自衛隊記念日、犬の日、点字記念日、すしの日、紅茶の日、古典の日、教育の日、キリスト教諸聖人の日、年賀状発売の日、今年の漢字応募開始の日・・・この辺りから年末モードに入ってゆく。

2014年10月29日 (水)

10%

消費税を8%から10%に引き上げようとする動きが始まった。10000万円の買い物をしたら税込11000円だ。総理大臣の周りだけが好景気で地方都市は疲弊したままであるのに今増税したら、ますます貧富の格差が広がる。ざけんな!ったく!しかも増税したってそれが社会保障や福祉に回されると言うがそんな大嘘を信じる国民など少数だ。政府の暴走を止めることは出来ないものか。しかも、相変わらず野党は週刊誌を熟読し、スキャンダル探しに明け暮れ、法律違反をする大臣も悪いが、それを追っかけてはしゃいでいる野党には呆れる。こんなことは時間外でやってくれ。国民の事を考えている政治家は一人もいないのか?

2014年10月28日 (火)

すし半

関西でファミリーレストランの草分けと言えば、フレンドリーである。子供の頃「すし半」という店があったが、最近大阪に行かないので知らないが、法善寺横丁の入り口に「すし半」があり繁盛している。そのすし半から別れて「フレンドリー」と「和食のさと」になった。ところが今や「フレンドリー」は風前のともしびであるのに対し「和食のさと」は堅実に経営している。飲食業は味と価格と立地とサービスなどいろんな要素で繁盛したり衰退したりする。お客様は「神様」である反面、案外薄情なものだ。最近は景気が悪く、ファーストフード店は徹底的にコストダウンを図り、とことん価格競争で生き残ろうとするが、それだけでもダメなのだ。厳しい世の中だ。「餃子の王将」は私も時々行くが、食の安全を考え、今年10月から「餃子」に使用している主要食材(豚肉・小麦粉・キャベツ・ニラ・にんにく・生姜)はすべて国産とした。ラーメンなどで使用する「麺」の小麦粉についても国産化した。ただし、揚げそば(皿うどん)の麺に限っては、従来通り外国産小麦粉を使用するので、安いからといってあまり食べないほうが良さそうだ。

2014年10月27日 (月)

木枯らし

土日は好天で温かい陽気であったが、今朝は雷雨で、気温がぐんと下がり、天気図も西高東低で、近畿地方も木枯らし1号が吹いたと言う発表があり、晩秋を通り越して一転冬の様相である。さぶっ。向こう3ヶ月の長期予報によると、西日本は平年より気温が高いそうだが、本当かな。NHKの高い受信料のモトをとるため、せっせとドラマを見ている。火曜日は「さよなら私」「タイムスパイラル」、木曜日は時代劇「ぼんくら」、金曜日は「大岡越前2」、土曜日は「ボーダーライン」、日曜日は「昨夜のカレー明日のパン」、そしてBSプレミアムの洋画を1~2本、日本シリーズとワールドシリーズ、そして再来週日曜からの大相撲。最近特に感じるのはNHKは企業CMがない代わりに番宣がめちゃ多い。それでも受信料は高すぎる。先日の御嶽山の噴火時、朝から晩までそのニュースを中心に報道していた。本来は重要な報道に徹するのが公営放送たるNHKの務めだと思う。

2014年10月26日 (日)

奈良

Dscn3765


昨日はイベントがあり、奈良に行ってきた。京都大阪方面は良く行くが、奈良は久しぶりである。興福寺など少しだけ観光もして、100年会館でのイベントに参加。奈良は京都と同様歴史的遺産が数多くあり、2010年平城遷都1300年と言う気が遠くなるような歴史があり、外国人観光客も多い。リニア新幹線を奈良経由にするか京都経由にするかもめているが、地理的にも、また東海道に大災害が起こったときの代替え交通としても、将来の発展を考えてもやっぱり奈良が相応しいと思う。昨日行ったなら100年会館はなぜ100年なのか?1999年が奈良市市制施行100周年にあたり、その年杮落としされたからである。1600名以上収容の大ホールは奈良県最大である。

2014年10月25日 (土)

阪神先勝

s今日からプロ野球日本シリーズが始まる。阪神とソフトバンク。どちらが勝っても私には経済効果もないし、青木宣親が所属するメジャーのロイヤルズでも応援しよう。今日はロイヤルズが勝って対戦成績を2勝1敗とし、阪神タイガースが先勝して1勝0敗とした。今日は奈良まで行って今帰ったばかりで疲れ果てたので寝る。

2014年10月24日 (金)

ドラフト会議

ドラフト会議悲喜こもごも。球団と選手との相思相愛であればラッキーだが、そうでない場合も多い。指名される選手も、プロであればどこでもOKという大らかで腹の座った大物もいれば、意中の球団以外は断固拒否という意志強固な選手もいる。空白の1日を利用して強引に巨人入団を果たした江川卓、巨人に指名され困惑した桑田真澄、西武に指名され涙を流した清原和博、ロッテに指名されがっくりする小池秀郎、ヤクルトに指名され困惑した荒木大輔、ロッテに指名され1年ホンダに残留した長野久義、日本ハムが指名して1年棒に振った菅野智之、日本ハムに指名され悩んだ末入団した大谷翔平、今年は大騒ぎする大物は数少ないが、成功するかしないかは、周りの環境と、本人の努力と、球団の指導次第である。今年大ブレークしたヤクルトの山田哲人だって、斎藤佑樹を抽選で外し、ハズレ1位の塩見貴洋をまたまた外し、ハズレハズレ対決でヤクルトがオリックスに勝って獲得した選手だ。ちなみに2010年のドラフトでオリックスがくじをひいたのは岡田監督。大石達也(早大)       が外れ、伊志嶺翔大(東海大) が外れ、山田哲人(履正社) が外れ3連敗の結果ハズレハズレハズレ1位の後藤駿太(前橋商)を指名した。 今年のドラフトの目玉安楽は楽天、有原は日本ハム。そしてヤクルトは竹下真吾?知らんなあ~。

2014年10月23日 (木)

空き家

日本は空き家が今どんどん増え続けている。7月に総務省発表によると、全国の「空き家率」は820万戸となり、総住宅数に占める割合が13.5%と過去最高を更新したと言う。おそらくあと数年で日本の住宅の30%くらいは空き家になると思う。「ローンが払えなくなり仕方なく安い賃貸に引っ越す」「独居老人が亡くなる」「遺族の誰が家を管理するのかという相続問題が解決しない」「賃貸しようにも借り手がつかない」「解体したくても解体費が工面できない」「解体して更地になると固定資産税があがるので勿体ない」・・・もっと基本的に、これだけ家が余っているのに、農地を宅地にして、なぜ新築住宅やマンションが建設されるのか?大金持ちの相続対策なのか?これでは日本中に廃墟が生まれる。家を買うならいましばらく価格が暴落するのを待つのが得策だ。廃墟で思い出した。「明るい廃墟」として話題のショッピングモール「ピエリ守山」がいよいよ12月中旬リニュアルオープンする。今度は大丈夫??

2014年10月22日 (水)

ちょっと早すぎるが今年の漢字一文字を予想してみよう。今年の夏はとにかく「雨」。豪雨災害で「崩」落。御嶽山の「噴」火。野々村小保方「泣」「涙」。デングにエボラの「熱」。朝日新聞「虚」「偽」「騙」。いずれにせよ、今年は暗い、マイナスの漢字ばかりが並んでしまった。明るい漢字はないのか?神懸かり的な阪神4連勝で下剋上の「神」「剋」。高円宮典子さまご結婚の「典」。ノーベル賞青色発光ダイオードの「青」。・・・結局「雨」で決まりだろう。

2014年10月21日 (火)

胴上げ

プロ野球パ・リーグクライマックスシリーズで日本ハムが最終戦まで善戦したが、結果は首位のソフトバンクが勝利し、日本シリーズ阪神と戦うことが決まった。秋山監督の胴上げも良かったが、何と言って今シーズンで引退する稲葉選手を相手チームの選手たちが胴上げをするシーンが感動的だった。さわやかな感動とは対照的に政治の世界はドロドロ陰湿だ。小渕経済産業相と松島法相が「ダブル辞任」した。大臣として相応しくないお金の使い方をしたので当然の結果で、野党は「してやったり」だが、なにか釈然としない。与党の足を引っ張ることだけが野党の仕事に成り下がっている。国民は税金を使って運営される国会では、もっと建設的な議論を望んでいるが、結局は多数与党が多数決で何でも決めてしまうから、野党の存在感は週刊誌からの引用で低次元な与党の揚げ足取りだけになっている。「知らなかった」では済まされない大きな問題だが、こんなことで勢いづいている野党議員が情けない。

2014年10月20日 (月)

枇杷の木

土日は久々の秋晴れが続き、2日がかりで高さ3m近くまで伸びた庭の枇杷の木を背丈くらいまで切った。398円で買った剪定鋸が大活躍だ。枇杷の葉は薬効もあるそうだが、染料としても使われる。ご近所の方が染物に使うとかで一部引き取ってもらった。うちも片付くし一石二鳥だ。先日業者さんに庭石を引き取ってもらったので、庭がすっきりした。2日後あたり、腰痛または最悪ぎっくり腰になるかもしれないぞ。いずれにせよこんな大仕事あと数年したら出来なくなるのは間違いなさそうなので、ひと様にご迷惑をかけないよう、自分で出来るうちは出来る範囲で頑張っておこうと思う。誰かが言ってた。人間、今が一番若いのだ。1日後は今より1日歳を重ねる。1年後は今より1年歳を重ねる。深~い。

2014年10月19日 (日)

下剋上

公式戦で広島が最終戦黒星で「タナボタ」のセリーグ2位の阪神。その阪神が王者巨人にまさか?の4連勝でクライマックスシリーズ下剋上で日本シリーズ進出を決めた。巨人のセリーグ優勝に異論はないし、優勝チームが日本シリーズに出られないのは違和感があるが、阪神球団、甲子園球場、阪神電車など関西経済?の事を考えると商業的には面白くなってきた。クライマックスシリーズのメリットとデメリットが同時に出た結果である。和田監督の選手起用や采配には何度も「なんで?」「何考えてるの?」と感じることが多いが、勝てば官軍。名監督である。たぶん。 

2014年10月18日 (土)

リニア

2020年の東京オリンピックまではなんとか生きてテレビで見ようと思うが、富士山が大爆発したら中止せざるをえないだろう。2027年の開業を目指すリニア中央新幹線、夢の乗り物も13年先だから、私はおそらく生きているうちには乗れそうもない夢物語だ。たとえ生きて、足腰がその頃まで丈夫であったとしても、そんなに急いでどこへ行く?である。ボニー&クライドではないけれど、俺たちに明日はない。ところでリニア新幹線は関西では結局奈良なのか京都なのか、まだまだバトルが続きそうだ。経済効果は京都のほうが大きいそうだが、私は当初計画通り奈良にしたほうが、直線的に走行出来て合理的だと思うし、万が一東海道に災害が起こった時の代替交通として奈良にしておいたほうが良いと思う。明日がない人間が言うのもどうかと思うが。

2014年10月17日 (金)

パソコン

最近家電店に行くと、客が少ない。消費税増税が主な理由だが、何より買いたいものがない。テレビは地デジが開始される時期に買ったばかりだし、エアコンは猛暑の昨年買ったし、冷蔵庫、洗濯機など一度買えば長持ちする。デジカメもスマホがあれば不要。最近パソコン売り場で若者に出会わない。見ているのは高齢者ばかりのような気がする。いまどきの若者はスマホでほとんど何でも対応出来るので、私的にパソコンを保つ必要がないのかもしれない。私達の世代はパソコンを持ったら、やれExcelだWordだOutlookだAccessだPowerPointだとまるで「信仰」のようにインストールして勉強し、年賀状のシーズンには宛名書きソフトとプリンターをセットで購入したが、今は、年賀状を出す習慣が若者にはなくなりつつあり、ビジネスの世界以外ではパソコンは無用になってしまったのだろうか?さらに言えばデータ入力も音声他ますます簡単になり、キーボードすら無用の長物になるのかもしれない。20年後の若者にキーボードとマウスを見せて「クイズ・・・さてこれは何に使う道具でしょう?」てな具合に過去の遺物になってしまうのだろうか?

2014年10月16日 (木)

ロイヤルズ

この時期まだプロ野球を楽しめる巨人阪神ソフトバンク日本ハムのファンは幸せだ。ヤクルトファンは既にシーズンが終了している。そんな中で元ヤクルトの青木宣親が所属するカンザスシティロイヤルズがワイルドカードからの「下剋上」で、29年ぶり、ワールドシリーズ進出が決まった。メジャーリーグのシステムを復習しよう。メジャーには日本のセリーグとパリーグのようにアメリカンリーグとナショナルリーグがある。それぞれのリーグに東地区・中地区・西地区があり各5球団全部で30球団ある。リーグの東中西それぞれ1位チーム3球団+2位でも勝率の良かったチーム1球団がワイルドカードと呼ばれ参加できる。ロイヤルズはアメリカンリーグ中地区2位であったが、リーグ優勝決定シリーズに参加でき、そして勝ち抜いた。相手はナショナルリーグの強豪ジャイアンツかカージナルスの勝者である。日本の野球よりアメリカの野球を応援すると張本勲さんに「カツ」を入れられそうだ。

2014年10月15日 (水)

エボラ出血熱

黒死病、コレラ、チフス、結核、1984年頃エイズウィルス、1997年鳥インフルエンザ、2003年頃サーズ、デング熱の次はエボラ出血熱・・・次々と新しい脅威が生まれる。エボラ出血熱は西アフリカに行かなければ問題ないと思われていたが、アメリカ国内で死者が出て、大変だ。感染者の致死率が90%近いとか。空気感染することはないし患者と直接接触しない限りは大丈夫だと言うが、今後どのように広がるか未知の世界だ。一説では南極北極の氷が解けて、今まで閉じ込められていた病原菌やウィルスが広がっていると言う話もまんざらでたらめでもなさそうに思える今日この頃である。

2014年10月14日 (火)

避けた

連日台風の話ばかりだが、19号の結果検証をしてみよう。10月9日頃の予想通り、近畿を直撃し午後8時半ころ大阪府岸和田市に上陸し、直進すれば我が家の上空を台風の目が通過するはずで、それなりの覚悟をしたが、何故か突然琵琶湖を避けるように東に向きを変え、雨は降ったが、暴風というほどの風は吹かなかった。JRも被害を最小にするため、早々に16時以降の運休を発表したが、賛否両論別れているようだ。私は好判断だったと思うが、新幹線も私鉄各線も運転する中、迷惑を感じた人も多かっただろう。しかし逆に台風が都心に直撃していた場合、大勢の乗客を駅や列車の中に足止めし、大混乱したはずだ。休日と言う状況も考えると良しとするのが妥当かと思う。JRだって、出来れば売り上げが下がる対応はしたくないはずだ。ただこういう状況が何度も続くと「オオカミ少年」と言われるのだ。自然を相手に安全か便利さか、危機管理の難しい所だ。

Tai19

2014年10月13日 (月)

台風19号

台風19号の接近でJR西日本は、混乱を避けるため、午後4時以降のすべての列車の運休を早々と発表した。雨の降らない京セラドームのオリックス日ハム第3戦も中止となった。今日は家に引きこもりを決めたが、平日、スマホの万歩計は平均3000歩は記録するが、今見たら今日は300歩である。と言う事は定年後「サンデー毎日」状態になったら毎日がこの程度しか歩かなくなるのだろうか?午前8時半鹿児島県枕崎市に上陸し、午後2時半高知県宿毛市に再上陸。そして午後5時ごろ台風の中心が高知市にあるのに、すでに我が家も暴風圏に入っていた。台風の大きさがわかる。その後近畿に再上陸し真夜中に足早に過ぎ去る予報だ。 体育の日。各地に甚大な被害を残し、いろんなイベントのキャンセルが続き、残念な3連休となった。

2014年10月12日 (日)

石材店

猫の額ほどではあるが我が家に庭がある。そこに庭石が数個あり、自分の力ではとても動かせないので、今後の事も考え、近所の石材店にお願いして撤去してもらった。梃子でも動かない石を、ワイヤーとクレーンであっという間に持ち上げて、30分で終了。餅屋は餅屋、石屋は石屋である。これで猫の額が牛の額ほど広がった。あとは時間をかけて、ゆっくりボチボチ整地して花と野菜を植えようと思う。

2014年10月11日 (土)

台風直撃

台風19号がやってきた。最新の進路予想を見ると、13日の夜から14日の明け方に、まさに私が住んでいる場所の上空を950hpで通過しそうだ。台風は地震と違って、事前にある程度の覚悟と準備が出来るが、台風の大きさなら考えて、暴風圏から逃れられない。植木鉢とか物干しざおとか飛ぶと危険なものは12日中に片付け、雨戸を閉めてただ通り過ぎるのを耐えて待つしかない。台風の影響で今年のプロ野球クライマックスシリーズは変則的になってきた。甲子園も広島も屋根なし球場なので、台風の進路を考えると、今日セリーグは阪神が勝ったので、ほぼこれで阪神がファーストステージを突破しそうだ。パリーグもいくら京セラドームと言えどもお客さんの安全を考えると中止もあり得るので日本ハムが俄然有利になった。台風と言う運命のいたずらで喜ぶ人、悲しむ人、それ以上に、そんなことのんきに言っている場合ではない被災地。ああ台風直撃だ。

2014年10月10日 (金)

コーヒー好き

 びんぼーな私だが若い頃から朝のパンとコーヒーは欠かしたことがない。もしかしてカフェイン依存症かもしれない。我が家の朝の食卓の必需品、コーヒーの価格が11月から25%値上げされる。中国インドを中心とした需要の爆発的増大、生産量減少で国際取引価格上昇、円安など悪い状況が重なった。となったら当然我が家も防衛策をたてなければ・・・沸かす水の量を25%削減し、スプーン大さじを小さじに変更し、牛乳を増やしてオーレで我慢するか。これが「オレ流」節約法だ。ところで日本で一番コーヒーが飲まれている都道府県は、という調査があった。何年のデータか知らないが家計支出の中でコーヒーの占める割合で行くと①奈良②石川③北海道④愛媛⑤山口だった。おらが滋賀県は18位だった。

2014年10月 9日 (木)

物理学賞

く2014年度のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオードを開発した名城大学教授の赤崎勇さん、名古屋大学教授の天野浩さん、カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の中村修二さんの3人の受賞が決まった。日本出身者のノーベル賞受賞者は合計22人となった。めでたいお話だ。今回の受賞は、すでにLEDが身近にあるのでわかりやすい。色の三原色、赤青黄色のうち、青色の光を発明したことによって多方面に利用できる画期的な業績だ。1人当たり4000万円の賞金だとか。この賞金額多いか少ないか?プロスポーツ選手の年棒と比べたらスズメの涙のようにも思える。とは言え学者としての最高峰の賞を受賞すると言う大変名誉なことだから、これでいいのかも。われら凡人はノーベル「のど黒飴」でも舐めていればいいのだ。

2014年10月 8日 (水)

目線

阪神淡路大震災の時、村山総理が被災地を訪問した際、被災者に立ったままお見舞いをした。福島に菅総理が訪問した時、被災者にお見舞いの言葉もなく逃げるように立ち去った。一方、天皇皇后両陛下、皇太子ご夫妻は、必ず被災者の目線に合わすため、座ってお見舞いの言葉を述べられる。多くの被災者の方は感動して涙を流す人もいる。この差は一体何なんだろう。政治家は損得勘定で行動し、両陛下は心の底から被災者を心配されているから、自然とそんな姿勢になられるのだろう。これは単なるパーフォーマンスの問題でなく、心の持ちようの問題だ。子育ても同じだ。上から目線では気持ちは通じ合わないが、子供の目線で話せば必ず理解される。今の政治家に何も期待しないが、情けない話だ。選挙の時は土下座もするのに、役人は世界共通で上から目線だ。先生方はそんなに偉いのか。

2014年10月 7日 (火)

広島カープ

去年のプロ野球セリーグのクライマックスシリーズの売り上げは1位の巨人の場合、主催3試合+放映権料+グッズ収入含め7億5千万円程度。2位の阪神の場合、主催2試合+放映権料+グッズ収入+飲食収入+電鉄利用料含め5億5千万円程度、そして3位の広島はグッズ販売のみで150万円程度、2位と3位ではホームかアウェイかで天国地獄の差である。昨日広島が勝てば2位、負ければ3位と言う運命の試合で負けてしまった。ファンの悔しさはいかばかりかと推測するが、球団も極端に言えばこの試合の結果5億円がパァになった。私はクライマックスシリーズと言う制度には反対だが、広島としては、甲子園で阪神を破り、東京ドームで巨人を破れば、日本シリーズを広島でも戦えるのだ。奇跡を祈ろう。

2014年10月 6日 (月)

台風18号

台風には「大きさ」と「強さ」がある。まず「大きさ」であるが、風速毎秒15m以上の風が吹く範囲で大きさが決まる。半径500~800キロのものを「大型」と呼び、半径800キロ以上のものを超大型と呼ぶ。次に「強さ」であるが、最大風速32.7m以上が強い、43.7m以上が非常に強い、54m以上が猛烈な台風となる。10月4日頃は935hpと言う過去最強クラスの非常に強い台風であったが、6日には大型で強い台風になった18号。沖縄から四国和歌山三重沖を通過し勢力を保ったまま6日午前8時過ぎ、浜松市に上陸し、そのまま関東地方を横断し、同日午後に三陸沖に抜けた。台風の影響で交通がパニック。東京、静岡、千葉の3都県で計約5万3000人に避難指示、8都県で約215万人に避難勧告が出された。幸いわが地方はまたまた大きな被害もなく通過してくれた。来週も同じような台風19号が来るそうだ。いやだいやだ。

2014年10月 5日 (日)

青山繁晴

台風が接近すると言うのに、大阪に行ってきた。相続に関するセミナーの最後に独立総合研究所の青山繁晴さんの講演があるので、それが目的で聞きに行った。政治経済の裏側を語る、歯に衣着せぬ過激なお話をテレビではいつも聞いているが、ナマはやっぱり迫力があって面白い。「家族を守る・資産を守る」と言うテーマから話がどんどん広がって、拉致問題、アベノミクス、皇室、農業、メタンハイドレードに至るまで、台本もなく熱弁がどこに行ってしまうのかとハラハラ興味深く聞きながら、最後は見事に話をまとめられた。これほど面白く感動的な講演は本当に久しぶりだった。終了後台風が来ないうちに逃げるようにして無事帰宅した。

2014年10月 4日 (土)

捜索

御嶽山の噴火で47名の死亡が確認され、なお16名が安否不明の中今日新たに心肺停止の4名が発見された。私たちはお気楽にテレビを見ながらのんびり過ごしているが、警察、消防、自衛隊の方々の必死の努力には頭が下がる。非常に強い大型の台風18号が明日明後日接近し、捜索も出来ないだろう。18号の後を追っかけるように19号がやってくる。来週は大荒れになりそうだ。

2014年10月 3日 (金)

テレビドラマ

930hpと言う非常に強い台風18号が日曜日沖縄に接近し、月曜日には近畿も大きな影響を受けそうだ。★最近のテレビは、笑えないお笑いバラエティと刑事、医者、教師、弁護士を主人公にしたドラマばかりが目立つ。劇的な展開にしやすく、予算も安上がりでそこそこ視聴率もとれる。そんな安易な民放が多すぎる。スポンサー企業の意向なのかもしれない。最近はNHKまでも追随しているようだ。普通の職業人をテーマにした心の葛藤などを描いてみても視聴率はとれないのだろう。時代劇に至ってはカツラ、衣装、大道具小道具、時代検証など予算が膨れ上がるのでNHKの独壇場だ。民放はかつてのアナログ時代の時代劇の再放送をするのがやっとだ。いやならテレビを観なけりゃいいのだ。

2014年10月 2日 (木)

哲学

秋になると柄にもなく思いにふける。人はなんのために生きるのか?答えはない。あるとしたら、幸せを実感するために生きる。では幸せとはなんぞや。宝くじで3億9千万円を当てることなのか?三木谷さんのように東京で23億円の新居に住むことなのか?羨ましいいがそれは違う。最近哲学という言葉を聞かなくなった。難しい話は分からないが、人の生死に関わる問題を昔は僧侶や牧師や神父が指導してきたが、最近は心理カウンセラーという医師の延長にある人が行うようになってきた気がする。中には心理カウンセラーを装った得体の知れぬ宗教まがいの人間が人を騙す詐欺まがいが横行しているのは嘆かわしい。幸せとは何ぞや?明日オータムジャンボ宝くじを買おう。

2014年10月 1日 (水)

女子オープン

私の職場の近くに琵琶湖カントリー倶楽部がある。明日から日本女子オープンゴルフ選手権があるので混雑が予想される。ゴルフには興味のない私ではあるが、世界のゴルフ4大大会と言えば「ザマスターズ」「全英オープン」「全米オープン」「全米プロ選手権PGA」くらいは知っている。日本にも大きな大会があって、ここの琵琶湖カントリー倶楽部は1993年「日本オープン」、2009年「日本シニアオープン」、2011年「アジア・パシフィック(パナソニック)オープン」、そして2014年の「日本女子オープン」が開催されたことになる。15年ほど前、一度ギャラリーの無料券を頂いて見に行ったことがある。テレビで見ていると、選手の後をぞろぞろ付いて行って何が面白いのかと思っていたが、実際行ってみると、プロの凄さがわかるし、結構運動にもなる。決勝をギャラリーで見たいが、5000円のお金がないからテレビで見よう。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »