« 空き家 | トップページ | 阪神先勝 »

2014年10月24日 (金)

ドラフト会議

ドラフト会議悲喜こもごも。球団と選手との相思相愛であればラッキーだが、そうでない場合も多い。指名される選手も、プロであればどこでもOKという大らかで腹の座った大物もいれば、意中の球団以外は断固拒否という意志強固な選手もいる。空白の1日を利用して強引に巨人入団を果たした江川卓、巨人に指名され困惑した桑田真澄、西武に指名され涙を流した清原和博、ロッテに指名されがっくりする小池秀郎、ヤクルトに指名され困惑した荒木大輔、ロッテに指名され1年ホンダに残留した長野久義、日本ハムが指名して1年棒に振った菅野智之、日本ハムに指名され悩んだ末入団した大谷翔平、今年は大騒ぎする大物は数少ないが、成功するかしないかは、周りの環境と、本人の努力と、球団の指導次第である。今年大ブレークしたヤクルトの山田哲人だって、斎藤佑樹を抽選で外し、ハズレ1位の塩見貴洋をまたまた外し、ハズレハズレ対決でヤクルトがオリックスに勝って獲得した選手だ。ちなみに2010年のドラフトでオリックスがくじをひいたのは岡田監督。大石達也(早大)       が外れ、伊志嶺翔大(東海大) が外れ、山田哲人(履正社) が外れ3連敗の結果ハズレハズレハズレ1位の後藤駿太(前橋商)を指名した。 今年のドラフトの目玉安楽は楽天、有原は日本ハム。そしてヤクルトは竹下真吾?知らんなあ~。

« 空き家 | トップページ | 阪神先勝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空き家 | トップページ | 阪神先勝 »