« 雨 | トップページ | ドラフト会議 »

2014年10月23日 (木)

空き家

日本は空き家が今どんどん増え続けている。7月に総務省発表によると、全国の「空き家率」は820万戸となり、総住宅数に占める割合が13.5%と過去最高を更新したと言う。おそらくあと数年で日本の住宅の30%くらいは空き家になると思う。「ローンが払えなくなり仕方なく安い賃貸に引っ越す」「独居老人が亡くなる」「遺族の誰が家を管理するのかという相続問題が解決しない」「賃貸しようにも借り手がつかない」「解体したくても解体費が工面できない」「解体して更地になると固定資産税があがるので勿体ない」・・・もっと基本的に、これだけ家が余っているのに、農地を宅地にして、なぜ新築住宅やマンションが建設されるのか?大金持ちの相続対策なのか?これでは日本中に廃墟が生まれる。家を買うならいましばらく価格が暴落するのを待つのが得策だ。廃墟で思い出した。「明るい廃墟」として話題のショッピングモール「ピエリ守山」がいよいよ12月中旬リニュアルオープンする。今度は大丈夫??

« 雨 | トップページ | ドラフト会議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨 | トップページ | ドラフト会議 »