« | トップページ | あおいそら »

2014年11月 9日 (日)

羽生激突

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ中国・上海大会。男子フリーの最終滑走組の公式練習で羽生結弦が中国のエン・カンと正面衝突。額と顎からはひどい流血。うつろな表情で、痙攣を起こしたようにリンク外に引き上げた羽生は、頭に肌色のテーピングをグルグルまき、あごの裂傷部分に絆創膏が張られる痛々しい姿で登場。コーチや周囲は、欠場を薦めたが、強行出場した。痛々しくて見ていられなかった。計5度の転倒をしたが、フリー演技を最後までやりきった。上海の会場は、その羽生の魂の滑りに感動の涙と拍手が広がった。終了後羽生は号泣した。歴史に残る鬼気迫る演技だった。しかしそれでも私は演技すべきではなかったと思うし、取り巻きも絶対制止すべきだったと思う。将来ある日本の至宝に後遺症が残ったら誰が責任をとるのか。衝突の瞬間、また中国政府による、羽生潰しの陰謀だと思ったが、今回はそうでもなさそうだ。

« | トップページ | あおいそら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | あおいそら »