« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

年齢相応

最近アンチエイジングと言う言葉が氾濫している。老化防止のために化粧品やらサプリメントやら怪しい製品も山ほどあるが、これってどうなん?街を歩いていても元気に闊歩する高齢者軍団に遭遇するとちょっと不気味でもある。1980年代半ばに「コクーン」と言う映画を見たが、海底から引き揚げられた奇妙な繭の影響で養老院で余生を送る老人が一気に若返ってしまう話だ。面白いストーリーだったがラストはあまりにも現実逃避的で寂しい映画だった。不老長寿は人類長年の夢だが、今でも十分長生きである。私自身今年は自分も高齢者であることを自覚させられた年でもある。最新ニュースや文化ファッション、そして最新音楽には興味は尽きないが、マスコミに煽動されないように、来年も年齢相応、自然体でゆるりと生きて行く事にしよう。とりあえず今年も紅白歌合戦など見ないで、来年は大河ドラマも見ないことに決めた。除夜の鐘ゴ~~~ンと鳴り響くころはたぶん夢の第2幕を見ている時刻だ。

2014年12月30日 (火)

クラビット

夜中の苦しい咳は治まったが、明日から病院も休みになるので診察を受けた。抗生物質のジスロマックA錠250mgを3日服用したがあまり効果的でなかったので今度はクラビット錠500mgが処方され5日間服用することになった。そんなわけで連休も前半はほとんど外出を控え自宅待機?である。お蔭で日頃から気になっているチマチマとした自宅の整理がかなり進んだ。ただ正月も近いので、一応「おせち」の中に入るべき食材を地元デパートで少しずつ買ってとりあえず元旦の食卓の準備は整った。あと2日寝るとお正月。

2014年12月29日 (月)

10大ニュース

今年は何といっても消費増税に怒った一年だ。議員自ら身を切る改革など大嘘で税だけ上げたことに怒り心頭。そんな中で私のささやかな10大ニュース
①いろんなジャンルの多くのセミナーに参加。「大阪・癌セミナー」「大阪・日経新聞ネット」「草津・歯のセミナー」「草津・電磁波・食中毒の公開講座」「守山・胃がん」「大阪・家族を守る:青山繁晴講演会」「奈良・呼吸ケア学会」「大阪・皮膚の日」「大津・才能を伸ばす:井村雅代講演会」「京都・ビール工場見学」その他まだあったような??
②3月10日高齢者の象徴?義歯(部分入れ歯)を入れた。ぴったりフィットして今は違和感はない
③5月走行6万キロ。軽ではあるがタイヤをダンロップからミシュランに替えたら運転が快適になった
④7月いずみホール日本センチュリー交響楽団ガーシュウィン・コープランドの音楽に感動
⑤7月恥ずかしながらバイオリン演奏会に出演し豪華な花束をいただいた
⑥8月連日の雨で気が滅入り日本の夏の異常を嘆く
⑦8月湖南三山の一つ善水寺観光その他、車で1時間以内の数か所探索
⑧10月ヤクルト最下位で落胆しつつも大型補強で来年は光明
⑨10月台風18号19号連発でコースの変化に一喜一憂
⑩12月肺炎に罹る
来年も多くは望まず、普通に暮らせたら良しとしよう。

2014年12月28日 (日)

もらいもん人生

9連休2日目。今日も自宅療養?と言いながらも部屋の模様替えと押入れの大掃除。不用品を捨てて、衣料品も衣装ケースにきれいに分別し、カレンダーも掛け替えて、あとは明日明後日、病院で診察を受けて、年始の食料の買い物と車の洗車。これで迎春体制は万全だ。 2日は親族宴会。3日は恒例大阪で高校のクラス会。あとの予定は白紙である。今年も一年農家で野菜をいただいたり、中元歳暮でビールや食品をいただいたり、いろんな人からいろんなものをいただいた。特にあちらこちらから株主優待券をもらって、回転寿司やハンバーガーや色々「ただ飯」にありつけた。今年も幸せな「もらいもん人生」であった。

2014年12月27日 (土)

広島愛

9連休の初日、体調不良で少しの買い物で外出した以外は江戸時代の武士のような自宅謹慎であった。暖房の効いた部屋で寝たり、パソコンのメンテナンスをしたりした。肺炎の咳も薬の効果で少しは緩和された。テレビもほとんど見なかったが、ニューヨークヤンキーズに残れば年収20億円の黒田投手が、自分を育ててくれた恩返しに年収4億で広島に復帰すると言うニュースが飛び込む。アメリカ人には理解しがたい美談である。私が20億か4億か選べと言われたら、何の躊躇もなく20億を選ぶ。凡人には理解しがたい話だ。さらにヤクルトに朗報。投手力強化のため米大リーグ、レッズのローガン・アンドルセク投手を獲得。2メートル超えの長身から最速155キロの直球を投げる守護神だ。貧乏球団ヤクルトは年末に一体いくら使ったのか20億?そんなお金がどこにあったの?

2014年12月26日 (金)

人的補償

米農家で毎年今頃餅つきをして丸餅を販売される。去年いただいてあまりにも美味しかったので今年もすこし分けてもらった。今晩早速食べたが、とにかく「つきたて」で伸びも味も最高だ。いよいよ餅つきも始まり、年の瀬だ。プロ野球で私が気になっているのがFA選手の去就が年内に決まるのかと言う事であった。金子がオリックス、前田健太が広島と元の鞘に収まり、中島はオリックス、松坂大輔はソフトバンク、相川が巨人、そして成瀬、大引が、われらがヤクルト軍に入団することになった。しかも成瀬と大引に関しては相手球団から人的補償の要求もなく金銭で解決し、主力選手の流出もなく、巨人から近日一人、人的補償でいい選手が取れそうなのでヤクルト球団はほぼ満点の補強となる。めでたしめでたし。裏を返せばヤクルトには人的補償で欲しいと思わせるだけの魅力ある選手がいないと言う事でもある。それで金銭での解決となった。結果的に今年のシーズンオフで補強に成功したのがオリックスとヤクルト。大失敗したのが巨人と阪神と言う事になるのか?

2014年12月25日 (木)

肺炎

年末のこの期に及んで風邪で体調が思わしくない。熱は3日前をピークに現在は下がり平熱である。鼻づまりも特にない。あるのは夜中の咳である。今日医者に行ったら「マイコプラズマ肺炎」ではないかと言われた。念の為にレントゲンを撮ったら案の定初期の症状が出ていた。「ジスロマック」という薬が処方されとりあえず3日間服用することになった。高齢者は肺炎のリスクが高いので、私も来春肺炎球菌のワクチン接種をしようと思っていたところなので、肺炎について考えるいい機会になった。咳~うがい~手洗い~マスク~のど飴という素人の発想は危険であることがよくわかった。高齢者が気をつけなければならない肺炎は、肺炎球菌性肺炎、マイコプラズマ肺炎、レジオネラ肺炎であることも今日学習した。軽い症状のうちに発見出来て良かった。

2014年12月24日 (水)

題なし

民放の長寿番組と言えば「皇室アルバム」「ミュージックフェア」「よしもと新喜劇」そして48周年を迎えた「笑点」もすごいが50年続いている「題名のない音楽会」はもっとすごい長寿番組だ。黛敏郎、永六輔、武田鉄矢、羽田健太郎、佐渡裕と司会者は変わっていったが、クラシックは嫌いとか縁遠いと思える人にクラシック音楽の楽しさを教えてくれる番組だった。出光興産という地味~なスポンサーというのも面白い。ただ私には黛敏郎さんが亡くなってからこの番組はあまり見なくなった。佐渡裕さんも素晴らしいが、黛敏郎さんはインテリで意志強固で、右翼的でちょっとキザでカッコイイ作曲家で、番組にブレないポリシーがあった。当時が懐かしい。題名のないと言えばもう一つ昔ラジオ大阪で「題名のない番組」と言うのがあった。落語家の桂米朝、SF作家の小松左京、アナウンサーの菊地美智子が繰り広げるトーク番組だが面白い投稿があり、幅広いジャンルの話や世相が果てしなく広がって行く面白い番組であった。私が高校生の頃「題名のない音楽会」と「題名のない番組」・・・この二つの「題なし」で育ったと言っても過言ではない。

2014年12月23日 (火)

今年のニュース国内編

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらによるSTAP細胞論文の改ざん・消費税8%スタート・田中将大ヤンキースで大活躍・ASKA容疑者覚せい剤所持で逮捕・集団的自衛権を国会議論なく閣議決定・政務活動費を巡り野々村議員の号泣会見・ベネッセ顧客情報3500万件流出・中国の期限切れ鶏肉問題で揺れたマクドとファミマ・危険ドラッグ事故相次ぐ・朝日新聞今さら慰安婦報道一部撤回・広島北部土砂災害で74人死亡・デング熱エボラ出血熱が話題に・錦織圭全米で準優勝・御嶽山噴火・青色LED開発で赤崎勇、天野浩、中村修二氏がノーベル物理学賞受賞・10月に台風18号19号が2週続けて上陸・セリーグ2位の阪神が巨人を破り日本シリーズ進出したがソフトバンクに敗れた・中国漁船のサンゴ密漁・小渕経産相松島法相ダブル辞任と意味不明の年末解散総選挙・ガンバ大阪がリーグ戦、ナビスコ杯、天皇杯で「三冠」を達成

2014年12月22日 (月)

Suica

東京駅開業100周年を記念した限定15000枚のIC乗車券「Suica」の販売が、予想以上の人出で大混乱したため中止された。これを買うため遠方から交通費を使って来た人、中には前日ホテルに宿泊した人もいたそうだ。なぜ混乱が予想できなかったのか対策が甘すぎると思う。確実な方法ははがきで事前申し込みさせ抽選で当選者を決め当選券を送付すれば何も問題は起こらないはず。結局はJRは警備対応など未だお役所仕事の域を出ていないと言うわけだ。それにしても限定だからこそ値打ちがあるのに希望者全員に販売するとその価値は大きく下がる。ドサクサでSuicaを買ってオークションで50倍以上の値段で販売した人は大儲けで、またそれを落札した金持ちはバカを見たと言う事だ。

2014年12月21日 (日)

2014訃報

2014年も有名人が大勢亡くなられた。海原しおり(58歳脳腫瘍での死は早すぎる)、やしきたかじん(関西の重鎮の死は影響甚大)、森本哲郎(「ことばへの旅」はわたしが愛読した名著だ)、淡路恵子(駅前シリーズの映画が有名)、岩見隆夫(毎日新聞のコラムで正論を執筆)、小林カツ代(料理研究家)、宇津井健(ザガードマンで視聴率30%超え)、安西マリア(涙の太陽が大ヒット)、蟹江敬三(渋い個性派俳優)、周富徳(中華の鉄人)、神戸一郎(「十代の恋よさようなら」「銀座九丁目は水の上」)、渡辺淳一(「遠き落日」「麻酔」「失楽園」)、林隆三(NHK時代劇「吉原裏同心」が遺作となった名優)、ボビー・ウーマック(ソウルのシンガーソングライター)、ホレス・シルバー(ハードバップのジャズピアニスト)、ゲリー・ゴフィン(作詞家でキャロルキングの最初の旦那)、ロビン・ウィリアムス(「グッドウィルハンティング」「レナードの朝」)、三島敏夫(演歌、ハワイアン歌手「まつの木小唄」)、米倉斉加年(名わき役「男はつらいよ」)、山口洋子(作詞家「よこはまたそがれ」「愛の始発」)、山口淑子(李香蘭「支那の夜」)、坂井義則(東京オリンピック最終聖火ランナー)、ジョー・サンプル(ヒュージョン界のピアニスト)、土井たか子(日本社会党委員長)、香川伸行(ドカベン)、中川安奈(女優でNHK音楽遊覧飛行DJ、49歳は早すぎ)、徳大寺有恒(自動車評論家)、奥大介(サッカー)、高倉健(「網走番外地シリーズ」)、マイク・ニコルズ(映画監督「卒業」)、中島啓江(オペラ歌手)、菅原文太(「仁義なき戦い」「トラック野郎」)ご冥福を祈ります。

2014年12月20日 (土)

CMタレント

2014年CM起用社数ランキングまずは女性の部①ローラ②有村架純③上戸彩・大島優子・桐谷美玲・島崎遥香・堀北真希⑧武井咲・渡辺麻友、そして男性の部①櫻井翔②松岡修造③相葉雅紀・阿部寛・本田圭佑⑥大野智・岡田准一・木村拓哉・西島秀俊二宮和也・向井理・・・女性はAKB、男性は嵐が強い。あくまでCMに起用された企業数であってギャラはまた別物である。

2014年12月19日 (金)

企業経営

世界で1700万台規模のリコールで揺れるシートベルトの「タカタ」。ゴキブリ混入で「ペヤングやきそば」など全24商品の生産と販売を当面休止した製造元「まるか食品」。ナッツの出し方がおかしいと激怒し、乗務員を降機させた「大韓航空」わがまま元副社長に国民の怒り爆発する韓国。アイダホポテトの入荷が遅れSサイズのみの販売縮小を余儀なくされた「日本マクドナルド」。北朝鮮のサイバー攻撃と脅迫に屈した映画「ザ・インタビュー」上映中止で制作費53億円がパアになった「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント」。雇われサラリーマンの凡人にはわからないが企業経営も何かと大変なようだ。

2014年12月18日 (木)

関電値上げ

今日は最低気温マイナス1度、最高気温3度・・・とにかく寒い。小保方晴子さんが11月末まで取り組んでいたSTAP細胞の有無を確かめる検証実験で、論文と同じ手法で細胞を作製できなかったことが判明。「STAP細胞はあります」という歴史的名言も「STAP細胞はありませんでした」と言うことになってしまった。あの涙は何だったのか?残念!東電がコスト削減で2年連続の黒字が出たので来年一年間は値上げしないと明言。一方関電の八木誠社長は。「原発が再稼働しておらず、安定供給に支障を来す恐れがある」と言う理由で消費税が値上がりする前に来春電気料金を値上げすると発表!人は見かけで判断してはいけないが、あの不遜な態度の八木社長。心の声を想像してみると「こらっ!関西人!てめえらが脱原発とかぬかすから、わしらはコストダウン出来ひんのじゃ。ガタガタ言うから仕返しに値上したるんじゃ~、文句あってもうちからしか買う事出来ひんやろ!ざま見ろバカたれ!」・・・何の経営努力もしないで、独占企業の甘い汁を吸って来た企業に未来はないぞ!

2014年12月17日 (水)

ポテト

先日日曜日寒風が吹く中、自宅庭のジャガイモを掘った。昨年よりは立派なイモが収穫できた。イモと言えばマクドナルドが15日からマックフライポテトの販売をSサイズ限定にした。アメリカ西海岸における港湾労使交渉の長期化で原材料の安定調達が難しくなっていることが原因だが、マクドナルドのポテトはアメリカのアイダホ産だが、なぜ北海道産ではダメなのか。とは言え我等高齢者にはマクドナルドのセットメニューについてくるポテトの量が多すぎるといつも感じている。セットのポテトはSで十分だ。その分安くして欲しい。若い人は物足りないが、あんな脂コテコテのものは絶対体に悪い。王将が餃子の皮や麺に使う小麦を米国やカナダ産から日本産に替え、餃子のあんに使用するショウガはインドネシア産だったのも日本産に替えた。キャベツも日本産だ。中国料理の代表餃子が日本産の食材を使うのだから、日本マクドナルドもアイダホにこだわらず、北海道産でいいのではないのか?

2014年12月16日 (火)

暴風厳寒

低気圧が急速に、まるで台風並みの950hpまで発達し、明日明後日は日本中暴風が吹き、最低気温が0度で最高気温も3度の日が2日間続く予報だ。朝凍った道路が、一日中解けないのかもしれない。難しいことは分からないが、例年の寒い冬でも西の高気圧と東の低気圧の間の等圧線は6~8本程度なのに明日の予想では16本ほどあって混み合っている。尋常ではない。確か今年の9月ごろの長期予報で今年の冬は前半が平年並みで後半が温暖であると言う発表があった記憶がある。この寒さは一体何だ!責任者!ホカホカカイロ持って出てこ~い!

2014年12月15日 (月)

選挙結果

 選挙結果については言いたいことは山ほどあるが、評論家でもあるまいし、言っても空しいだけだからやめておこう。ただ、選択肢のない選挙だった。大阪3区5区のように候補者が公明と共産だけで選挙民はそれ以外の選択肢はない。宗教団体か極左政党かどちらか選べと言われても、バカと書くか白紙投票するしかない。いずれにせよ今回の選挙で残念ながら落選した人・・・海江田万里、渡辺喜美、中田宏、増元照明、田中美絵子、樽床伸二、森ゆうこ、西村真悟、細川律夫、平岡秀夫、田母神俊雄、青木愛、山田宏・・・何かの間違いで当選した人・・・松島みどり、小渕優子、小沢一郎、菅直人・・・選挙で禊??悪いことをした奴が再選される不思議な国ニッポン。結局この選挙は一体何だったのか?

2014年12月14日 (日)

総選挙

「解散総選挙」前の先日、阪神百貨店のデパ地下で「海産草鮮魚」セールをやっていた。ネーミングを考えた人はエライ!大義なき解散であったが、まずは投票に行ってきた。マスコミ報道は投票前から自公圧勝と報じているので、そうかなあと思いつつ世論調査の事前アンケートなど伏せて置けばよいのに、発表してしまうから面白くない。しかも毎回選挙特番で8時開始と同時に当選確実が次々発表されるのが、これまた面白くない。また番組に出るコメンテイターのピントはずれな解説も聞いているのがばかばかしい。開票結果報道はNHKに任せておいて、民放はドラマでもバラエティでもやっていればいい。にもかかわらず全チャンネル同じような得票グラフ表示と当選者の万歳映像を流す。当選者は声を枯らして、謝意を述べ決意を語るが、1週間後にはそんなことすっかり忘れてしまっている。初心忘るべからず。今も昔もわかっちゃいるけど忘れてしまうものだ。

2014年12月13日 (土)

ビール工場見学

おう最高気温が7度程度の厳しい寒さの中、こんな時はビールよりも熱燗と言いたいところだが、年末多忙?の今日、京都長岡京付近のサントリービールの工場見学に行ってきた。当然?試飲もあることを前提に、バスと電車の乗り継ぎで参加。JR長岡京から工場までシャトルバスで送迎してくれた。さすが大企業で設備は素晴らしい。製造のこだわり、製造工程などを見てお楽しみの試飲。樽から直接注いだビールなので極上の味だった。3杯までおかわり自由でおつまみ付とは言え、空き腹なので2杯で終了。見学のお陰ですっかりサントリービールのファンになった。昼から飲酒の楽しい体験だった。サントリーさんありがとう。

Dsc_0317Dsc_0312




2014年12月12日 (金)

漢字一字

1年の世相を表す「今年の漢字」が「12月12日の漢字の日」の今日、清水寺の森清範貫主の揮毫により「税」発表された。消費税増税、10%先送りなど税は国民を苦しめ右往左往させられた。「雨」「崩」「噴」「泣」「涙」「熱」「虚」「偽」「騙」など私の予想はことごとく外れた。それにしても、野田政権解散時、自公民が国民が見守るテレビの前で堂々と約束をした「増税の前にまず最初に身を切る改革をする」と言ったのはやはり大嘘だった。そんなことも忘れて年末の忙しい時期に出来もしない美辞麗句、響きの良い大嘘の公約を連呼して騒いでいる国会議員候補者。バカと議員につける薬はなさそうだ。なぜ12月12日が漢字の日なのか?「いい字一字」で1212のごろ合わせだとか。

2014年12月11日 (木)

パラグライダー事故

あー10日午後4時頃、私が仕事でよく通る竜王町綾戸の高圧送電線の避雷用ワイヤにモーターパラグライダーが引っかかり、操縦していた59歳の男性が宙づりになった。男性は約3時間半後に救助されたが人騒がせだ。それに救出後の本人のコメントが反省してるとは言え意外とあっけらかんとしているのに違和感を感じた。救急車やはしご車が出動し、落下の危険を考えて、地上では消防隊員らが救助マットを広げて待ち構え、報道ヘリが飛び交い、高圧線の周辺に近づくと感電する恐れがあるため、関西電力が送電を止め、多大な迷惑をかけたのに反省はこれだけ?まさか救出に要した費用はすべて税金で賄われるの?そんな馬鹿な話はない。応分の負担は本人が出すべきだし、それをしないのなら1年くらい刑務所で反省してもらいたいものだ。

2014年12月10日 (水)

タッチペン

スマホタッチペンをプレゼントしてもらった。冬になると仕事上手袋をするので、スマホが使えなかったが、このペンがあると楽々使えて便利だ。ストラップの先につけて持ち歩いている。若い人はスマホをワンハンドでシカシカと言うかシャカシャカ使っているが、われらオヤジは、スマホを左手に持って、右の人差し指で使うことが多い。きっとこのペンは寒がりのオヤジが、手袋してスマホを操作することはできないかと思い悩んで発明したのではないかと勝手に思っている。必要は発明の母なり。

2014年12月 9日 (火)

大雪の徳島

日本海側から四国にかけて、12月5日頃から珍しい大雪に見舞われた。日頃は雪とは縁の薄い徳島県では集落の700世帯1350名が孤立状態となり寒さで死者も出た。大雪を降らせた大きな要因は、上空の非常に強い寒気であるが、日本上空の偏西風が南に蛇行したことで、寒気が南下しやすくなったとみられる。買い物が不便なので平素から食料は備蓄している家が多いそうだが、停電で、暖房も、電話も、電気製品は何もかも使えなくなったとか。自衛隊の派遣でようやく復旧に向けて動き出したが、アベノミクス効果の行き渡らない集落は選挙をやっている場合ではない。

2014年12月 8日 (月)

タイヤ交換

車のリコールと法定点検のついでに、ちょっと早いかもしれないが冬用タイヤへの交換もしてもらった。4本替えて「早割」で950円なり。洗車もサービスだ。寒い中1時間以上かけて自分ですることを思えば安い。これで車の冬支度の出来ることはした。車は良いのだが体がガタガタ。寒さのせいで「固まって?」眠るので肩こりがヒドイ。肩がこると歯も痛い。いずれにせよ予想していた通りの状況なので12月中旬歯医者の予約をした。「正月前に治したい」「冬休み中に診てもらいたい」というニーズが多く、予約もままならない状況だ。選挙はどうでもいいが、歯の治療は必ず行こうと思う。歯が元気に復活したら、これぞ「歯医者」復活戦だ。 

2014年12月 7日 (日)

雪隠

日頃めったにしないトイレ掃除に挑戦した。高粘度のトロ~リ濃いライオンの「トイレのルック」とジョンソンの「スクラビングバブルシャット」流せる トイレブラシとの併用で徹底掃除。これはなかなか優れものだ。使用するのがもったいないほどきれいになった。トイレはいろんな呼称がある。便所、ご不浄、厠、禅寺では雪隠(せっちん)とも言う。普通掃除は小僧が行うと思うが、雪隠に関しては、意外に高い位の禅僧が引き受けるそうだ。掃除は重要な修行で、「下座行ができぬ者は、大成せぬ」といわれるらしいので、トイレ掃除は重要な修行なのだ。今日はエライ坊さんになった気分だ。

2014年12月 6日 (土)

冬支度

最高気温が7~8度の真冬の天気が続いている。1月並みでとにかく寒い。寒いので家に引きこもりの予定であったが、折込チラシに誘われて久々近所のUNIQLOで冬物2点購入。さすがに年末で混雑している。毎年4世帯分の年賀状を作っているが、とりあえず2世帯分は仕上がった。そろそろ自分の分も取り掛かろう。今年は「喪中ハガキ」が思ったより少ないので良かった。明日も寒さが続くとか。月曜日には、自家用車のリコール補修のついでに定期点検とタイヤ交換もセットで予約してある。冬に備えてこれでひとまず安心だ。

2014年12月 5日 (金)

買うべきか

 滋賀県湖南市にイオンタウンが4日からオープンし、日頃スイスイ走れる国道一号線バイパスが大渋滞している。都会では考えられない平屋建てで駐車場も広々している。この地域住民の購買行動もガラッと一変しそうな規模と中身だ。そろそろ年末。去年はほぼデザインが出来上がっていた年賀状も今年は未だ手つかず。チョッと明日から気合を入れて仕上げようと思う。年末ジャンボ宝くじ買うべきか買わざるべきか?20枚買ったら6000円の出費で、最低で600円の当選金なので5400円の損。何も買わなければ6000円の出費が防げる。5400円あればちょっとした衣料品が買える。夢を買うか、現実を見て買わないか、それが問題だ。

2014年12月 4日 (木)

今日は最低気温が7度で最高気温が8度という状況で、一日寒々していた。インフルエンザが大流行しているそうだ。私は無防備にも予防注射はしていないが、うがい手洗いは励行している。予防注射といえば、大人だって注射は痛いし、子供ならなおさらだ。しかし技術の進歩は素晴らしく、このたび針を使わずに気泡の圧力で試薬や遺伝子を体内に届けられる「針なし注射器」を芝浦工業大学の山西准教授が発明?したそうだ。直接皮膚に押し当てるだけで、痛みを伴わずに試薬や遺伝子を目的の場所へ高精度に輸送できるという。実用化したら大儲け間違いなし。針なしと言えば、昔レコードは針がなければ鳴らなかった。CDが出た時、針がないのが不思議だった。最近レトロブームというかレコードプレイヤーが売れていて、もはや廃版だったレコード針が少しずつではあるが売れているそうだ。針無し注射器と針ありレコードが対照的だ。1960年頃、レコード針メーカーはナガオカの独壇場だった。当時レコード針はサファイア製であったが、1970年代に入ってからはダイアモンド針が主流となった。ところが1980年代に入って、CDの普及でレコード針の販売は衰退し今日に至っている。会社が解散した今日も、別会社で販売するレコード針と言えばナガオカである。

2014年12月 3日 (水)

子供の名前

明治安田生命保険が発表した2014年に生まれた子どもの名前のランキング・・・男の子は「蓮(れん)」「大翔(ひろと)」「陽向(ひなた)」、女の子は「陽菜(ひな)」「凛(りん)」「結菜(ゆな)」だった。私が生まれた頃のランキングベスト10・・・男の子は「博」「茂」「清」「進」「実」「修」「明」「隆」「豊」「誠」と漢字一文字が多く、女の子は「幸子」「和子」「洋子」「節子」「恵子」「悦子」「京子」「恵美子」「啓子」「久美子」と「子」がつく名前が多かった。昔は漢字の持つ意味を重視した名前が多く、現代は漢字の意味よりも読み方の響きを重視するようだ。

2014年12月 2日 (火)

ダメヨ

最低気温が一気に10度ほど下がって、一日中真冬の寒さだ。昨日発表された今年の流行語大賞は日本エレキテル連合のコントの台詞「ダメよダメダメ」と集団的自衛権だって?日本エレキテル連合と言われても私は民放のバラエティは殆ど見ないのでその存在自体知らなかった。私の知っている「だめよだめだめ」は1960年代森進一が歌った「年上の女(ひと)」の歌詞くらいだ。「だからわかって ほしいのと、そっとからんだ 白い指。放したくない つらいのよ、だめよだめだめ つらいのと、泣いてすがった 年上の女(ひと)」・・・早い話が今年の流行語大賞は、言っちゃ悪いが森進一のヒット曲のパクリなのだ。パクリはダメよダメダメ。

2014年12月 1日 (月)

ガサイレ

現在は今野敏著「捜査組曲」を読んでいる。最近刑事ものの本をよく読む。お蔭で専門用語と言うか業界用語で色々知った。家宅捜査にはガサイレとウチコミがある。「ガサイレ」は押収を目的にした場合で「ウチコミ」は被疑者の身柄確保を目的としている。他にも「地どり」は周辺の聞き込み、「帳場」は捜査本部、「とりかご」は留置所、「ハコ」は交番、「マルB」は暴力団、「まんじゅう」は死体、「ワッパ」は手錠、「うさぎ」は脱走犯、「おしどり」は警部、「あんぱん」はシンナー、「太夫」は被疑者のことだ。なぜそうなったのか由来は各自で調べてください。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »