« 題なし | トップページ | 人的補償 »

2014年12月25日 (木)

肺炎

年末のこの期に及んで風邪で体調が思わしくない。熱は3日前をピークに現在は下がり平熱である。鼻づまりも特にない。あるのは夜中の咳である。今日医者に行ったら「マイコプラズマ肺炎」ではないかと言われた。念の為にレントゲンを撮ったら案の定初期の症状が出ていた。「ジスロマック」という薬が処方されとりあえず3日間服用することになった。高齢者は肺炎のリスクが高いので、私も来春肺炎球菌のワクチン接種をしようと思っていたところなので、肺炎について考えるいい機会になった。咳~うがい~手洗い~マスク~のど飴という素人の発想は危険であることがよくわかった。高齢者が気をつけなければならない肺炎は、肺炎球菌性肺炎、マイコプラズマ肺炎、レジオネラ肺炎であることも今日学習した。軽い症状のうちに発見出来て良かった。

« 題なし | トップページ | 人的補償 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 題なし | トップページ | 人的補償 »