« 2014訃報 | トップページ | 今年のニュース国内編 »

2014年12月22日 (月)

Suica

東京駅開業100周年を記念した限定15000枚のIC乗車券「Suica」の販売が、予想以上の人出で大混乱したため中止された。これを買うため遠方から交通費を使って来た人、中には前日ホテルに宿泊した人もいたそうだ。なぜ混乱が予想できなかったのか対策が甘すぎると思う。確実な方法ははがきで事前申し込みさせ抽選で当選者を決め当選券を送付すれば何も問題は起こらないはず。結局はJRは警備対応など未だお役所仕事の域を出ていないと言うわけだ。それにしても限定だからこそ値打ちがあるのに希望者全員に販売するとその価値は大きく下がる。ドサクサでSuicaを買ってオークションで50倍以上の値段で販売した人は大儲けで、またそれを落札した金持ちはバカを見たと言う事だ。

« 2014訃報 | トップページ | 今年のニュース国内編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014訃報 | トップページ | 今年のニュース国内編 »