« 今年のニュース国内編 | トップページ | 肺炎 »

2014年12月24日 (水)

題なし

民放の長寿番組と言えば「皇室アルバム」「ミュージックフェア」「よしもと新喜劇」そして48周年を迎えた「笑点」もすごいが50年続いている「題名のない音楽会」はもっとすごい長寿番組だ。黛敏郎、永六輔、武田鉄矢、羽田健太郎、佐渡裕と司会者は変わっていったが、クラシックは嫌いとか縁遠いと思える人にクラシック音楽の楽しさを教えてくれる番組だった。出光興産という地味~なスポンサーというのも面白い。ただ私には黛敏郎さんが亡くなってからこの番組はあまり見なくなった。佐渡裕さんも素晴らしいが、黛敏郎さんはインテリで意志強固で、右翼的でちょっとキザでカッコイイ作曲家で、番組にブレないポリシーがあった。当時が懐かしい。題名のないと言えばもう一つ昔ラジオ大阪で「題名のない番組」と言うのがあった。落語家の桂米朝、SF作家の小松左京、アナウンサーの菊地美智子が繰り広げるトーク番組だが面白い投稿があり、幅広いジャンルの話や世相が果てしなく広がって行く面白い番組であった。私が高校生の頃「題名のない音楽会」と「題名のない番組」・・・この二つの「題なし」で育ったと言っても過言ではない。

« 今年のニュース国内編 | トップページ | 肺炎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のニュース国内編 | トップページ | 肺炎 »