« タッチペン | トップページ | 漢字一字 »

2014年12月11日 (木)

パラグライダー事故

あー10日午後4時頃、私が仕事でよく通る竜王町綾戸の高圧送電線の避雷用ワイヤにモーターパラグライダーが引っかかり、操縦していた59歳の男性が宙づりになった。男性は約3時間半後に救助されたが人騒がせだ。それに救出後の本人のコメントが反省してるとは言え意外とあっけらかんとしているのに違和感を感じた。救急車やはしご車が出動し、落下の危険を考えて、地上では消防隊員らが救助マットを広げて待ち構え、報道ヘリが飛び交い、高圧線の周辺に近づくと感電する恐れがあるため、関西電力が送電を止め、多大な迷惑をかけたのに反省はこれだけ?まさか救出に要した費用はすべて税金で賄われるの?そんな馬鹿な話はない。応分の負担は本人が出すべきだし、それをしないのなら1年くらい刑務所で反省してもらいたいものだ。

« タッチペン | トップページ | 漢字一字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タッチペン | トップページ | 漢字一字 »