« 切磋琢磨 | トップページ | チェンジ »

2015年1月26日 (月)

巨人大鵬卵焼き

今年の大相撲初場所は15日間連日満員御礼の大人気で、懸賞金の数も過去最高の1625本だったそうだ。NHKは公共放送の性格上、懸賞の垂れ幕が土俵を巡回する時、社名が見えないよう中継カメラを引く。だから大相撲の懸賞にどれほどの宣伝効果があるのか疑問だが、昨日の結びの一番白鵬対鶴竜戦に61本の懸賞がかかった。過去最高本数だそうだ。勝ち力士には税金など差し引いて1本あたり手取り3万円だから、昨日白鵬は183万円をゲットしたわけだ。大鵬の優勝回数を超えた白鵬は素晴らしい。昔「巨人大鵬卵焼き」と言う言葉があった。子供が大好きなものとして一般的には理解されていた。その逆の意味で「江川ピーマン北の湖」と言うのもあった。「巨人大鵬卵焼き」は当時の通産省の役人が考え、堺屋太一が発表したもので「高度経済成長はみんなに好まれる。それは巨人、大鵬、卵焼きが好かれるのと同じことだ」と言う意味で言われた。その真意は「国民もマスコミもはバカだから高度成長すればみんなが喜ぶ」と言う事だった。「巨人大鵬卵焼き」を現代風に言えば「錦織唐揚げ妖怪ウォッチ」??

« 切磋琢磨 | トップページ | チェンジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 切磋琢磨 | トップページ | チェンジ »