« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

愛称

テレビで言ってた話だが、大阪では相手と親しくなったら苗字を愛称で呼ぶ。鈴木さんはすーさん、山口さんはぐっさん、谷口さんはたにやん、渡辺さんはなべちゃん、小林さんはこばちゃん・・・阪神のゴメスはゴメちゃん、そういえば元ヤクルトのラミレスはラミちゃんだった。これと言った法則やら根拠はなさそうだが、基本は名前を2文字にしてあとに敬称愛称をつけるみたいだ。伊集院さんや小笠原さんや勅使河原さんや熊埜御堂さんや小比類巻さんなどはどう略すのだろう?

2015年2月27日 (金)

ストリートビュー

最近のGoogleのストリートビューは、世界中の町中が見られて興味深い。初めて行く目的地に出かける前にストリートビューで近辺の様子を見ておくと便利だ。ただ恐ろしいほど精度があって大変便利だが、都会だけでなく普通の住宅地の隅々まで見られるので撮影された日時によっては、自家用車の車種や干してある洗濯物や表札まで撮影されていて個人情報もバレバレだ。早い話が、先日自宅付近を見てみたら、洗濯物が干してあるときに我が家が撮影されていた。もっといいところを写真に撮って欲しいものだ。

2015年2月26日 (木)

近江

今、県議会で県の名前を滋賀から近江に変更しようと言う動きがある。全国的に見て、滋賀と言うイメージと言うかブランド力は低い。逆に近江は「近江牛」「近江米」「近江八景」「近江神宮」など、滋賀と言うより近江という方が認知度が高い。ただ、実際に県名を変えるには、国会で県名変更の特別法をつくり、住民投票で県内有権者の過半数の同意を得る必要がある。県が2010年に県民153人から回答を得たアンケートでは8割近くが今の県名でよいと答えている。大阪都構想とはまた違う呼称変更だけの問題だが、香川県をうどん県と呼ぶのとはまた意味合いも違う。さあどうする?

2015年2月25日 (水)

病気見舞い

い今日知人の病気見舞いに大津市の病院に行ってきた。最悪の状況も手術でクリアされ、ご家族も少し安心されていたのが何よりだが、まだ完治までの先は長そうだ。患者ご本人も大変だがご家族のご心労もいかばかりかとお察しする。病院は色んな人間ドラマの縮図のような場所だ。悲壮感漂う表情でエレベーターに乗り込む家族や、警察官が交通事故被害者と激しいやり取りをされている場面もあれば、認知症気味の患者さんがナースステーションの前で車いすに乗ってただぼんやりされている場面にも出くわす。反面デイルームで患者とそのご家族が楽しそうに歓談されている場面もある。病院に行って健康の有難さを再認識した。

2015年2月24日 (火)

関西人

先日暇なので私が生まれてから何回引っ越したか数えたら10回であった。そして現在の家が11軒目の家と言う事になった。そして現在の自宅に30年以上住んでいるので、人生の半分は現在地で過ごしていることになる。年齢がばれないように、生まれてからこれまで住んだ都道府県を構成比で言えば滋賀(3か所)に57% 、大阪(6か所)に31%、兵庫(1か所)に8%、岡山(1か所)に4%の年月過ごしたことになる。もし私をジャンル分けすると間違いなく関西人だが、やや滋賀県民と言うべきか?ただ小さいころ育ったのがほとんど大阪だったので微妙である。

2015年2月23日 (月)

中国人観光客

今、日本の繁華街や観光地にはなぜか中国人観光客が大勢いるそうだ。旧正月の春節休みを利用した富裕層たちだろう。円安効果+観光ビザ条件の緩和+ユニクロなど免税店の増加が追い風となっている。しっかりお金を落としていっとくれ!いま、アベノミクスの悪影響で日本人の貧富の格差は着実に広がっているような実感がするが、中国の貧富の差は日本とは比べ物にならないほど大きい。近い将来これが引き金となって大暴動が起こるような気がする。

2015年2月22日 (日)

カジノ

安倍首相はカジノを含む統合型リゾート(IR)法案を進めようとしている。経済の活性化を大義名分に、近い将来大阪にカジノが生まれそうだ。私はどちらかと言えば反対派だ。ちょっと前、製紙会社Dの三代目、東大卒のIが106億円をカジノにつぎ込んで身の破滅を招いたのは記憶に新しい。カジノ=依存症=身の破滅・・・パチンコや競輪競馬とは桁違いの損が起こり得る。そして反社会的勢力が暗躍し、町の治安が保てない。そして何より、カジノを運営するのがアメリカやマカオの外国企業なのに、なぜ日本国内の経済が活性化するのかわからない。外国人観光客がドドッと押し寄せてお金をばらまいてくれるメリットより、モラルの悪い外国人の来日で町が汚く、防犯上危険になるデメリットの方が大きいと思う。先進国でカジノのない国は日本くらいだと言う推進派もいるが、だから日本はいい国なのだ。やってみないとわからないと言う人がいるが、やるまでもない愚行だと私は思う。

2015年2月21日 (土)

虫よけ

あの哀愁に満ちた「虫よけ当番」のCMソング。玄関先やベランダなど屋外で使用するつり下げ式の虫よけ剤が景品表示法違反にあたるとしてメーカーが措置命令を受けた。アース製薬「バポナ虫よけネットW」、興和「ウナコーワ虫よけ当番」、大日本除虫菊「虫コナーズ」、フマキラー「虫よけバリア」などの製品が対象である。私も以前から風の強いときにこんなもん効果あるのか疑問に思ってきたが消費者庁は「雨風などで薬剤は空間にとどまらず、虫の侵入を防ぐなどの表示に見合う根拠は認められないと判断した」そうだ。最近の虫よけ当番のCMで歌うKis-My-Ft2には落ち度はないが、彼らでは「君を守れないぞ!」・・・どうする?

2015年2月20日 (金)

スペイン語

プロ野球もオープン戦が行われ、いよいよ開幕に向けて始動した。今年はセリーグは広島とヤクルトの補強がすごいが、DeNAも外人をしっかり補強している。ただちょっと心配なのは内野手にスペイン語圏の外人が多いこと。一塁ロペス(ベネズエラ)、二塁グリエル(キューバ)、三塁バルディリス(ベネズエラ)、これで投手モスコーソ(ベネズエラ)が先発でもしたら、ピンチの時、内野手が集まってスペイン語をペラペラ話しても日本人の捕手と遊撃手はわからない。通訳はどうするのだろう?とりあえず黒羽根捕手はスペイン語マスターが急務だ。私だって多少は知ってるスペイン語。ブエイスディアス、アディオス、コモエスタス、ムイビエーン、グラーシアス、ウノ、ドス、トレス、クアトロ、シンコ、セイス、シエテ、オーチョ、ヌエベ、ディエス、パルケエスパーニャ・・何となく巻き舌になって来た。

2015年2月19日 (木)

WIKIが重い

Wikipediaはネットで無料で何でも調べられる大変便利な百科事典である。ところが最近Wikipediaの動きが重く、なかなか開かない?我が家のパソコンの問題かと思ったが、会社でやってもやはり同じで反応が遅い。ウィルスセキュリティの問題でもなさそうだが、なんでだろう?

スペイン語

プロ野球もオープン戦が行われ、いよいよ開幕に向けて始動した。今年はセリーグは広島とヤクルトの補強がすごいが、DeNAも外人をしっかり補強している。ただちょっと心配なのは内野手にスペイン語圏の外人が多いこと。一塁ロペス(ベネズエラ)、二塁グリエル(キューバ)、三塁バルディリス(ベネズエラ)、これで投手モスコーソ(ベネズエラ)が先発でもしたら、ピンチの時、内野手が集まってスペイン語をペラペラ話しても日本人の捕手と遊撃手はわからない。通訳はどうするのだろう?とりあえず黒羽根捕手はスペイン語マスターが急務だ。私だって多少は知ってるスペイン語。ブエイスディアス、アディオス、コモエスタス、ムイビエーン、グラーシアス、ウノ、ドス、トレス、クアトロ、シンコ、セイス、シエテ、オーチョ、ヌエベ、ディエス、パルケエスパーニャ・・何となく巻き舌になって来た。

2015年2月18日 (水)

灰の水曜日

 カトリックの世界ではキリストの復活の前の、日曜日を除く40日間を四旬節と呼ぶ。今年の場合復活祭は4月5日であり、そのスタートに当たるのが2月18日で、この日を特に「灰の水曜日」と呼ぶ。なぜそう呼ぶのかは話が長くなるので割愛。イエスが荒れ野で40日間断食をしたことに由来して、この日は断食まではしないが十分な食事は控え、特に肉食は口にしないようだ。またこの日は復活祭に洗礼を受けようとする志願者の準備期間のスタートの日でもある。日本では2015年2月18日は大安吉日であるが、カトリックの世界ではまた違う意味合いの日でもある。

2015年2月17日 (火)

メロンキャラメル

朝8:06頃三陸沖で地震が発生し、青森秋田岩手県を中心に震度4。20cmの津波も発生した。今日の「マッサン」は明日8時から再放送されるそうだ。私には関係ないが・・・。そしてさらに13:46頃青森県で震度5強の地震。東北は揺れている。★会社の近くにローソンがオープンしたので行った。その中で目を引いたのが「草津メロンキャラメル」である。滋賀ふるさと観光大使を務めるアーティスト西川貴教(T.M.Revolution)をモチーフにしたタボくんがイメージされている。味はビミョーだが大量陳列してあるのでつい買ってしまった。西川貴教は滋賀県彦根市生まれで野洲市出身の県民の星?である。

4729617

2015年2月16日 (月)

三種の神器

三種の神器とは「鏡・玉・剣」のこと。1960年前後の家電三種の神器は「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」であった。そして1960年代半ばは「カラーテレビ・クーラー・自動車」が三種の神器であった。2003年以降は「デジタルカメラ・DVDレコーダー・薄型テレビ」がデジタル三種の神器と言われたこともあった。最近働く母親たちが「新・三種の神器」と呼ぶ家電がある。「掃除ロボット」「乾燥機付き洗濯機」「食器洗い機」・・・世の中ますます便利になるが高齢者にとってはそんなの関係ねえ。欲しいのは「義歯に眼鏡に補聴器」なのだ。それとも「入れ歯安定剤・湿布薬・グルコサミン」 ?「睡眠薬・血圧降下剤・便秘薬」・・・ああ高齢化社会。

2015年2月15日 (日)

廃炉

今朝の新聞によると、「世界で最も多く原発を保有する米国で、原発の廃炉が続いている。電力自由化に伴う価格競争が激しくなる中、シェール革命で火力発電のコストが安くなり、原発の優位性が低下。風力発電にも押されているためだ」と言う。日本だってメタンハイドレードの発掘が商業ベースに乗れば、火力発電のコストが一気に下がるはずだ。どこかの電力需給検証委員会の資料によると、電気1Kw/hの発電をするのに単価を比べると、石油16円、液化天然ガス10円、石炭4円、原子力1円・・・結局原発が一番安く、電力会社は儲かると言うことになるが、しかし廃炉のリスクを考えるとある意味原発はめちゃコスト高とも言えるし、今新たに増やすべきではない。日本も今は出来る限り原発の廃炉をすすめて、再生可能エネルギーにシフトすべきだ。目先の金儲け第一主義の関電の社長には理解できないだろうが・・・。

2015年2月14日 (土)

体脂肪よし!

今日は大阪で「健康増進セミナー」に参加。昼はイタリアンSZでランチを食べて、大丸10階の東急ハンズに行ってちょいと買い物をし、、セミナーに先立って測定器で健康診断。結果は体脂肪は極めて良好で基礎代謝量も良好。体重と骨格筋量がやや不足で、適正体重まで10㎏不足との事。たんぱく質をしっかり摂って、吹けば飛ぶような体重をもう少し増やそうと思う。セミナーでは「生活習慣病」と「骨関節老化予防について」楽しく勉強してきた。お土産もしっかりもらって、帰路LUCUAでウインドウショッピング。帰ってきたら宅配便さんがバレンタインのチョコを配達してくれた。そうだ!今日はバレンタインデーなのだ。みなさん有難うございました。

Dsc_0381

セミナーでいただいたお土産

2015年2月13日 (金)

父になる

映画「そして父になる」をテレビで観た。感動的な映画だった。一流企業の仕事人間でエリート福山雅治、尾野真千子夫婦と、町の電気屋さんリリー・フランキー、真木よう子夫婦の6歳の子供が、取り違えられていたことが判明する。イロイロ葛藤があってとりあえず子供を交換するが福山パパは、交換してしまった前の子供のもとへ向かい、福山パパは子供の気持ちに向き合い、彼にたくさんの言葉を投げかけ、そして最後に心が通じ抱き合うという話だ。ただ果たしてこのまま交換をやめるのかどうなのか、実ははっきりしない終わり方であるがそれは観客に想像させるという結末だ。簡単にいえば「生みの親か育ての親か」という問題だが、もっと違う福山パパの心情の変化が非常に興味深い映画だった。福山パパの演技はガリレオの時とは全く違った本物の役者の演技だった。感動した。

2015年2月12日 (木)

いらつくCM

見たくなくても見てしまうテレビCM・・・イトーヨーカドーやauやエディオンなどに大人びた子役を起用するのはちょっとイラッと来る。西友のCMは見ただけで絶対買いに行かないぞと思ってしまう。スマホをガチャガチャ扱ったり意味不明なゲームソフトの宣伝にムカつく。渡辺直美のボートレースのCMは気持ち悪い。吉田沙保里他レスリング選手が安心フィーバーと叫ぶ時代錯誤で感じの悪いアルソックのCM。久慈暁子演ずる小生意気な小娘が大人をバカにするヘーベルROOMSのCM。俺は大金持ちだと言いふらしているような成金趣味の高須クリニックのCM。CMは本来イメージアップのはずなのに、空気が読めず、こんなCMを垂れ流す企業に明日はない。

2015年2月11日 (水)

盛況の廃墟

昨年末2度目のオープンをした明るい廃虚?ピエリ守山に行ってきた。休日だけあって結構混雑していた。高級ブランド品から安売りスーパ-動物園まであって、幅広く楽しめる。近日オープンの店もあり、全面オープンしたら結構流行りそうだ。ピエリのすぐそばに守山第2なぎさ公園があって、菜の花畑をターゲットにカメラマンが大勢来ていた。帰路スーパーによって、ついでにコメダ珈琲店で休憩。とにかく超満員である。スタバやドトールにはないくつろぎ感があり、さすがにコーヒーの味が良い。家から往復50kmの小旅行?であった。

Dscn3830

2015年2月10日 (火)

女装子

今シーズン最大級の寒波襲来!9日夜から10日にかけて北日本東日本上空約5000メートルにマイナス42℃以下の強い寒気が流れ込み、北海道や東北では瞬間最大風速30mのところもあり、北陸や近畿北部まで大雪。今朝は格別な寒さだった。気温とは別に寒々する話。ジェンダー問題とか男女共同参画社会とか難しい話は別にして、おかま、ゲイ、ニューハーフ、そして女装子(じょそこ)・・・私の嫌いな言葉だ。普通の若い男子が仕事ではなく趣味で女装する。そんな女装子が普通に街を歩いている。ファッションなのか趣味なのか、私には理解できない。こんな日本に誰がしたと悪寒が走る思いだ。男女の関係は世界的に歪んできていると私は思う。同性愛は悪ではないが、違和感がある。エルトンジョンやジョージマイケル、そして昨日今年のグラミー賞の主要3部門を独占したサムスミスなどなど。イスラム教徒が多数派のマレーシアでは、アンワル・イブラヒム元副首相が同性愛であることで禁固5年の判決。日本だけでなく世界が変だ。と思う私が変なのか?

2015年2月 9日 (月)

増田寛也

昨日は大阪で増田寛也さんの講演を聴きに行った。元岩手県知事で元総務大臣で日本創成会議の座長として2040年に女性の人口減で全国約1800市町村のうち523が消滅するおそれがあると発表して衝撃を与えた人だ。穏やかな語り口調で非常に説得力のある話だったが、急激な人口減で日本の未来が危うい事を実感した。ただ少々官僚的な上から目線の学校の講義のような講演だったので期待していたほどの面白味がなかったのが残念だ。せっかく大阪まで行ったので、オノボリサン精神を発揮しユニクロ梅田店を訪問。さすがにカラフルで品揃えも良く、圧倒された。

Dsc_0365

2015年2月 8日 (日)

24時間営業

コーヒーチェーン店で知っているのがスターバックス、ドトール、コメダ珈琲、上島珈琲、珈琲館、タリーズ、サンマルクカフェ、エクセルシオールカフェ・・・東京に最近ブルーボトルコーヒーと言うのが上陸して来たそうだ。いくら洒落た店が進出してきても、コーヒー豆自体が不足しつつあるのに、これでは過当競争で共倒れになるのでは?最近新聞折り込みに求人広告が目立つ。それだけ景気が良くなってきたのかも知れないが、よく見ると物販業が多い。特にコンビニや大型スーパーの出店で求人が多い。よほど人が集まらないのだろう。特に、大都会ならともかく、昨今は夜間物騒な世の中。我等地方都市には24時間営業の店など不要だと思う。昔のようにスーパーは20時閉店、飲食店は23時閉店、コンビニやガソリンスタンドは24時閉店でいいと思うのだが。

2015年2月 7日 (土)

蓮と陸

2月6日10時29分、徳島県牟岐町で震度5強★昨年生まれた男の子の名前。書き方では「蓮・大翔・陽向・陽太・悠真・湊・悠人・陸」が多く、読み方では「はると・ゆうと・そうた・ゆうま・りく・そうま・はるき・れん」などが多かったそうだ。私達にはふりがながないとほとんど読めないものばかりだ。私達が生まれた頃は「勝・稔・清・博・茂・隆・誠・浩」など漢字一文字が多かった。しかもその漢字に親の思いがこもった意味があった。時代の変遷をつくづく感じる。1980年代は大輔、1990年代は健太・拓也、2000年には翔、そして最近は蓮と陸の時代だ。蓮(ハス)の花はドロの中から美しい花を咲かせる。辛いことや困難な事にくじけずに乗り切って欲しいと言う親の願いなのか?では陸は?私にはこの名づけの意図が全く不明だ。

2015年2月 6日 (金)

裁判員制度

裁判員裁判による死刑判決を破棄し、無期懲役とした2件の高裁の判断を支持する結論を出した。「市民感覚」を反映するために導入された裁判員制度なのに最高裁は「死刑は究極の刑罰で、裁判結果は何人にも公平であるべきだ」と指摘。死刑については、「先例から逸脱した判決」は裁判員裁判の結論でも認められないとした。プロの考えを優先し先例に沿って判決を出すのだったら、裁判員制度なんか不要だ。最近の日本の裁判は被害者に厳しく辛く、加害者には甘すぎると言う普通の庶民の考え方を反映して欲しいのだ。加害者は目にいっぱい涙をため、反省しているふりをすれば罪は軽減され、責任が取れないバカを装ったら無罪になるのだ。国民はみんな忙しいのだから無意味な裁判員制度なんか即刻廃止にすべきだ。

2015年2月 5日 (木)

チョコ不足

2020年問題!聞き捨てならない話しである。私の大好物は今も昔もチョコレート菓子であるが「2020年チョコレート危機説」なるものがささやかれている。チョコレートの原料・カカオが干魃や病害などで不足し始めているところに、人口13億人の中国での需要が急拡大。ある調査で、2020年、世界のカカオ供給量は400万トン弱なのに対し需要量は約500万トンと推定されカカオが100万トン不足する。しかも、農家は手間がかかって利益の少ないカカオよりもトウモロコシなど生産性の高い作物の生産へ転向する傾向があるそうだ。ただでさえ最近のチョコレートは混ざりものが多くて不味くなってきている。日本ではカカオが12.6%以上であれば「チョコレート」とされ、それ以下の場合は「チョコレート菓子」とよばれる。カカオが不足して、今後チョコレートと呼べる菓子はますます高級品になって行くのだろう。今さらチョコレートを楽しむ歳ではないが・・・。中国人はますますコーヒーを飲みチョコを食べる。ならば私はウーロン茶飲んで月餅でも食べようか?

2015年2月 4日 (水)

生の豚肉

2月3日は節分。と言うより海苔巻きを恵方向いて丸かじりする日と言うのが定着してきた。私はバカバカしいのでこんな馬鹿げたことはしないが、名古屋のデパートで販売された恵方巻きに生の豚肉が入っていたそうだ。何たるこっちゃ。昔から豚肉は生で食べたらいかんと言われているが、なぜだ?かつてはトキソプラズマという原虫に感染している豚が多く良くないそうだが、だからといって鶏だって生肉はカンピロバクターやサルモネラなどに汚染されやすく、毎年、食中毒患者が出ている。牛肉は比較的安全と言われているがそれはあくまで特定の食肉処理場のものだけが安全であって、基本的には生食は不可である。私は最近ビンボーなのでステーキなど食べる機会はないが、あったとしてもレアやミディアムは絶対ダメで、ウェルダンのみ口にする事にしている。馬刺し、鹿刺しが美味いという人がいるが、私には絶対ありえない食材だ。

2015年2月 3日 (火)

視聴率

アメリカプロフットボール「NFLのスーパーボウル」の視聴率が史上最高の49.7%に達したと発表した。これを見る限りアメリカの国民的スポーツは野球でもなく、バスケットボールでもなくフットボールのようだ。対してNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率が史上最悪の12.8パーセントだとか。井上真央一人の責任でもないのに、いつも視聴率の記事が出ると彼女の写真が掲載されるのが気の毒だ。スポンサーの顔色を見て仕事をしている民放と違ってNHKは視聴率が悪いからといって途中で打ち切りと言うことはないはずだ。これに対して「マッサン」は善戦しているようだ。「花燃ゆ」同様ほとんど見たことはないので評論はやめておこう。視聴率はどうなのか知らないが、私は「流星ワゴン」と「ゴーストライター」が気に入っている。しかし私は録画で見ているので視聴率にはカウントされないそうだ。ビデオリサーチによると、視聴率の計算は日本全体で約5000万世帯あるがその中から全国27地区6600世帯を抽出して調査をしているそうだ。そんな0.00??%の調査で精度が出るのか疑問だが、偉い人が考えた方法なのでそれでいいのだろう。視聴率など所詮広告料を計算するだけのものだ。井上真央さん!視聴率など気にせず頑張ってちょ~だい。

2015年2月 2日 (月)

メール便

安くて便利なクロネコメール便が3月末で廃止になるそうだ。郵便以外で信書を送ることは犯罪であり「三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金」と言う郵便法で郵政の既得権益が法律で保護されていることに対するヤマトの怒り爆発による廃止だ。なぜ親書をメール便で送る行為が暴行罪や脅迫罪より罪が重いのか多数の国民には納得できない。犯罪には二通りある。被害者のあるものと被害者のないもの。暴行は被害者がある。麻薬所持には被害者はない。信書を郵便以外で送る場合の被害者は誰?結局利権を独占している郵政?郵政が民営化されいよいよ株式上場するわけだがこんな体質で健全な民間企業になれないのは明らかだ。いっそクロネコ便を全部開封して戦時中みたいに信書が入っていないか国が検閲でもするの?

2015年2月 1日 (日)

後藤健二さん

ジャーナリストの後藤健二さんがイスラム国と名乗る暴力集団に殺害された。このような暴力集団が誕生する地理的歴史的背景を私は知らないが、少なくとも人を殺しても良いと言う宗教はこの世にはないはず。仏教もキリスト教もイスラム教も、神の教えに差はあっても殺人を容認する神などありえない。報復の連鎖が限りなく続いて行く。無力な我々にはただ平和を祈るしか術がないのがもどかしい。後藤さんのご冥福を祈るのみ。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »