« 生の豚肉 | トップページ | 裁判員制度 »

2015年2月 5日 (木)

チョコ不足

2020年問題!聞き捨てならない話しである。私の大好物は今も昔もチョコレート菓子であるが「2020年チョコレート危機説」なるものがささやかれている。チョコレートの原料・カカオが干魃や病害などで不足し始めているところに、人口13億人の中国での需要が急拡大。ある調査で、2020年、世界のカカオ供給量は400万トン弱なのに対し需要量は約500万トンと推定されカカオが100万トン不足する。しかも、農家は手間がかかって利益の少ないカカオよりもトウモロコシなど生産性の高い作物の生産へ転向する傾向があるそうだ。ただでさえ最近のチョコレートは混ざりものが多くて不味くなってきている。日本ではカカオが12.6%以上であれば「チョコレート」とされ、それ以下の場合は「チョコレート菓子」とよばれる。カカオが不足して、今後チョコレートと呼べる菓子はますます高級品になって行くのだろう。今さらチョコレートを楽しむ歳ではないが・・・。中国人はますますコーヒーを飲みチョコを食べる。ならば私はウーロン茶飲んで月餅でも食べようか?

« 生の豚肉 | トップページ | 裁判員制度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生の豚肉 | トップページ | 裁判員制度 »