« チョコ不足 | トップページ | 蓮と陸 »

2015年2月 6日 (金)

裁判員制度

裁判員裁判による死刑判決を破棄し、無期懲役とした2件の高裁の判断を支持する結論を出した。「市民感覚」を反映するために導入された裁判員制度なのに最高裁は「死刑は究極の刑罰で、裁判結果は何人にも公平であるべきだ」と指摘。死刑については、「先例から逸脱した判決」は裁判員裁判の結論でも認められないとした。プロの考えを優先し先例に沿って判決を出すのだったら、裁判員制度なんか不要だ。最近の日本の裁判は被害者に厳しく辛く、加害者には甘すぎると言う普通の庶民の考え方を反映して欲しいのだ。加害者は目にいっぱい涙をため、反省しているふりをすれば罪は軽減され、責任が取れないバカを装ったら無罪になるのだ。国民はみんな忙しいのだから無意味な裁判員制度なんか即刻廃止にすべきだ。

« チョコ不足 | トップページ | 蓮と陸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョコ不足 | トップページ | 蓮と陸 »