« 裁判員制度 | トップページ | 24時間営業 »

2015年2月 7日 (土)

蓮と陸

2月6日10時29分、徳島県牟岐町で震度5強★昨年生まれた男の子の名前。書き方では「蓮・大翔・陽向・陽太・悠真・湊・悠人・陸」が多く、読み方では「はると・ゆうと・そうた・ゆうま・りく・そうま・はるき・れん」などが多かったそうだ。私達にはふりがながないとほとんど読めないものばかりだ。私達が生まれた頃は「勝・稔・清・博・茂・隆・誠・浩」など漢字一文字が多かった。しかもその漢字に親の思いがこもった意味があった。時代の変遷をつくづく感じる。1980年代は大輔、1990年代は健太・拓也、2000年には翔、そして最近は蓮と陸の時代だ。蓮(ハス)の花はドロの中から美しい花を咲かせる。辛いことや困難な事にくじけずに乗り切って欲しいと言う親の願いなのか?では陸は?私にはこの名づけの意図が全く不明だ。

« 裁判員制度 | トップページ | 24時間営業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判員制度 | トップページ | 24時間営業 »