« 体脂肪よし! | トップページ | 三種の神器 »

2015年2月15日 (日)

廃炉

今朝の新聞によると、「世界で最も多く原発を保有する米国で、原発の廃炉が続いている。電力自由化に伴う価格競争が激しくなる中、シェール革命で火力発電のコストが安くなり、原発の優位性が低下。風力発電にも押されているためだ」と言う。日本だってメタンハイドレードの発掘が商業ベースに乗れば、火力発電のコストが一気に下がるはずだ。どこかの電力需給検証委員会の資料によると、電気1Kw/hの発電をするのに単価を比べると、石油16円、液化天然ガス10円、石炭4円、原子力1円・・・結局原発が一番安く、電力会社は儲かると言うことになるが、しかし廃炉のリスクを考えるとある意味原発はめちゃコスト高とも言えるし、今新たに増やすべきではない。日本も今は出来る限り原発の廃炉をすすめて、再生可能エネルギーにシフトすべきだ。目先の金儲け第一主義の関電の社長には理解できないだろうが・・・。

« 体脂肪よし! | トップページ | 三種の神器 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体脂肪よし! | トップページ | 三種の神器 »