« いらつくCM | トップページ | 体脂肪よし! »

2015年2月13日 (金)

父になる

映画「そして父になる」をテレビで観た。感動的な映画だった。一流企業の仕事人間でエリート福山雅治、尾野真千子夫婦と、町の電気屋さんリリー・フランキー、真木よう子夫婦の6歳の子供が、取り違えられていたことが判明する。イロイロ葛藤があってとりあえず子供を交換するが福山パパは、交換してしまった前の子供のもとへ向かい、福山パパは子供の気持ちに向き合い、彼にたくさんの言葉を投げかけ、そして最後に心が通じ抱き合うという話だ。ただ果たしてこのまま交換をやめるのかどうなのか、実ははっきりしない終わり方であるがそれは観客に想像させるという結末だ。簡単にいえば「生みの親か育ての親か」という問題だが、もっと違う福山パパの心情の変化が非常に興味深い映画だった。福山パパの演技はガリレオの時とは全く違った本物の役者の演技だった。感動した。

« いらつくCM | トップページ | 体脂肪よし! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いらつくCM | トップページ | 体脂肪よし! »