« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

黒田凱旋

各地で桜の開花が始まった。花を見るのも良いがテレビも面白い。3月29日黒田投手が登板した広島ヤクルト戦、広島テレビの視聴率が30%を超えたそうだ。金に目もくれず世話になった広島に帰ってきた「男気」黒田はカッコイイが、金に目がくらんで?西武を裏切ってオリックスに入った中島は大ブーイング。ファンは良く見ている。「マッサン」の初回から最終回までの平均視聴率が21.1%と好調だった反面、大河ドラマ「花燃ゆ」は相変わらず視聴率12~14%と低迷。籾井会長が檄を飛ばしたそうだが、それもそのはず。政府が「右と言うことを左と言うわけにはいかない」人だから、安倍総理のお膝元を舞台にしているだけに、政治的にも気合が入るのも無理はない。

2015年3月30日 (月)

珈琲

同じ嗜好品でもタバコは99害あって1利しかないと思えるが、適量のコーヒーはイロイロメリットも有るようだ。ダイエット効果、アンチエイジング、リラックス効果、脳の活性化、うつ病予防、消化促進など多岐にわたる。最近はコンビニで安くコーヒーが飲める。休憩時一人の時はコンビニコーヒーで済ませる。個人的な趣味の問題だがセブン、ローソン、ファミマ、サークルKあたりで比較してみると、総合的にはセブンの味が良い。ただし紙コップと言うか容器がイマイチ。ローソンは味がちょっと苦く、味にバラつきがあるが、容器は高級感があって良い。ファミリーマートはやや苦味があって個人的には一番気に入っている。サークルKはあまり美味しいと感じたことがない。スタバやドトールはあまり行かないので省略。コメダ珈琲、星乃珈琲店、珈琲館、珈琲屋らんぷなどは一緒に行く相手がいない。

2015年3月29日 (日)

卵の賞味期限

近くのスーパーでは毎週末卵の安売りがある。賞味期限の一番新しいものを安く買って満足しているが、これには大きな問題がある事を本で知った。そもそも鶏は特売日にあわせて卵を生むわけではない。何日か前に産んだ卵をパックし、産んだ日ではなく、パックした日が一番新しい賞味期限になるそうだ。要するに卵の賞味期限は「パックされた日から何日後」で決まる。パックの中には月曜日に産んだものもあれば木曜日に産んだものもある。ついでながら黄身の濃い卵は栄養価が高いと言うのは嘘である。しかしそう信じている人が多いので餌に米やトウモロコシを使うと黄身が白っぽくなるので餌にパプリカを混ぜて濃くしているそうだ。さらに赤玉は白玉より高級と言う迷信について、店頭では赤玉の方が高いように思える。しかし玉の色は一般的には赤い羽の鶏は赤玉、白い羽の鶏は白玉を産み、栄養価には差がないそうだ。毎日口にする卵。色々問題ありそうだ。

2015年3月28日 (土)

プロ野球開幕

3月27日プロ野球が開幕した。そんなわけで遅ればせながら順位予想。パリーグは①オリックス②ソフトバンク③日本ハム④西武⑤ロッテ⑥楽天・・・セリーグは①阪神②広島③巨人④ヤクルト⑤DeNA⑥中日・・・今年はセパとも2強4弱?・・・今年の5人の新人監督の力量が問われる。勝てば名監督、負ければ休養の厳しい世界だ。広島緒方、ヤクルト真中、西武田辺、ロッテ伊東、楽天大久保、さて誰が名監督になれるか?

2015年3月27日 (金)

大阪桐蔭

大阪桐蔭の前校長らが5億円を超える裏金を隠していた問題で、球児たちが築いてきた名門校のイメージが傷ついた。私学だから優秀な生徒を集めるための営業活動に各方面の接待が必要なのはわからないでもないが、私的流用も含め、教育者にあるまじき醜態だ。西岡剛、西田直斗、浅村栄人、中田翔、中村剛也、平田良介、森友哉、丸毛謙一、岩田稔、藤浪晋太郎・・・この選手たちは悪くない。現在甲子園春の選抜でベスト8入りした選手諸君!雑音を気にせず最後までがんばって、先生たちを教育してやって下さい。

2015年3月26日 (木)

自動運転

メルセデスベンツが完全自動運転のコンセプトカーを公開し、2030年実用化を目指すと言う。レールの上を走るのならわかるが、車の場合、道に穴が開いてるとか、動物や自転車が飛び込んでくるとか何が起こるかわからないので、私はこんな車恐ろしくて乗れない・・・と言うか15年後は死んでるか?車ではなく寝たきりでベッドに乗っているのが関の山だ。昔映画でバック・トゥ・ザ・フューチャーと言うのがあったが、それとちょっと似た、テレビドラマ「流星ワゴン」はなかなか面白かった。後悔の人生をやり直すために過去に向かってドライブするのだ。私の場合、自分の人生に後悔は今のところない。たぶん。

2015年3月25日 (水)

高額療養制度

高額療養費制度が今年の1月から一部変更になった。家計に対する医療費の自己負担が多くならないよう医療費の自己負担に一定の歯止めを設ける仕組みなのだ。70歳未満で年収370万円未満の場合、負担の上限額が57600円となる。例えばこの人が病気や怪我で、1ヶ月で実際に掛った医療費が100万円の場合、通常は3割負担で30万円支払わなければならないが、国から高額療養費が242400円支給され、個人負担は57600円で済む。負担の上限額は、年齢や所得によって異なるが、ありがたい制度だ。高額療養費制度では、他にも「世帯合算」や「多数回該当」などさらに自己負担が軽減される内容になっている。いつも国には文句ばかり言っているが、こういう制度がある日本はやはりイイクニなのだ。

2015年3月24日 (火)

きんのぶた

関西には2時間限定でしゃぶしゃぶ食べ放題で人気のある「きんのぶた」と言う店がある。我が家から車で10分程度の距離にあり何度か行った事があるが、このたび値上げされた。理由はすべての食材を国産に変更したからだ。食の安全がある程度保証されるのであれば歓迎だ。餃子の王将も食材をほとんど国産にチェンジしたが、値上げにもかかわらず繁盛している。価格か安全かを天秤にかけたら、今は安全が優先される風潮だ。ただ、値上げにも限度と言うものがある。そのバランスが難しい所だ。

2015年3月23日 (月)

布団の解体

身の回りは元気なうちに片付けようと思い、今日は布団の解体をした。布団など3枚800円で市が回収してくれるとは言え、やっぱり800円が惜しいので自分でやってみた。布団3枚1時間半を要した。マスクとハサミとカッターナイフとゴミ袋と綿埃がつかないような上着を用意し、窓を開けて換気をよくし、まずは布を外し、ところどころにある、布を止める糸を外し、脇の縫い糸を外してゆく。綿をハサミで細長く切り、丸めてゴミ袋に入れて終了。人件費?手間を考えると、結論とすれば、800円で捨てた方が良かったと反省。

2015年3月22日 (日)

肺炎球菌

一昨日肺炎球菌の感染症予防のワクチン接種を受けた。高齢になると抵抗力が弱まり、軽い病気から気管支炎、肺炎、敗血症などの合併症を引き起こす可能性がある。これらの予防のために今後も5年ごとに予防接種を受けた方が良いそうだ。人間、死ぬときは死ぬ。いつ何時何が起こるかわからないが、予防できるものなら受けておくに越したことはない。本来10000円くらいする接種費用も、2600円で済んだのでありがたい話だ。

2015年3月21日 (土)

桂米朝

19日、三代目桂米朝が89歳で亡くなった。六代目笑福亭松鶴、三代目桂春團治、三代目桂文枝と共に三代目桂米朝は上方落語四天王とよばれていた。私は大阪ミナミに住んでいたので子供の頃から中座、角座の看板を見ながら育った。吉本興業が台頭してくるまで、中座、角座は漫才、落語の殿堂であった。「ダイマル・ラケット」「いとし・こいし」「お浜・小浜」「ラッパ・日佐丸」「はんじ・けんじ」「唄子・啓助」らが連日出演し人気を博し、「渋谷天外、藤山寛美」らの松竹新喜劇が全盛の頃、私は小学生だった。また落語といえば林家染丸・桂米朝を思い出す。桂米朝はとりわけカッコイイ落語家だった。ラジオ番組も多数出演し、若者に人気があった。89歳でなくなるまで、私にとって落語家は桂米朝なのである。

2015年3月20日 (金)

院内ショップ

今思えば昔の病院は旧態然とした売店がぽつりとあり、無競争の独占的な商売をしていたように思う。5箱200円のティッシュを1箱200円だったり、200円程度のスリッパが500円だったり、2000円程度のパジャマが5000円で販売されていた。先日知人の見舞いに京都の病院に行ってきたら様相が変わっている。町中にあるのと同じ形態のローソンがあり、パジャマや杖など入院患者に必要なものまで品揃えされ、食事をとるスペースもある。またセブン&アイが経営するファミールダイニングもあり、昼食時は行列ができている。またドトールコーヒーのショップまであり、暗い病院のイメージとはまたひと味ちがう雰囲気だ。さらには薬店、花店、理容美容店、郵便ポスト、コインランドリー、銀行ATMまで完備している。巷でコンビニが過当競争気味に氾濫しているが、病院内で競争してもらえるのは患者さんにも大歓迎だろう。

2015年3月19日 (木)

免震装置

東洋ゴム工業の子会社が製造販売した免震装置に国の性能基準を満たさないゴムを使った製品が含まれていた。全国に55棟。問題発覚から納入中止までの間12棟おさめられていたというのが悪質だ。公共施設も大変な事だが、分譲マンション住民は資産価値がどんと下がるかも。不正、隠ぺい、改ざんはどこの世界でも尽きることがない。責任者出てこ~~い!これからどんな天災が起こるかもしれない。住むんだったら家賃も下がり気味の賃貸を渡り歩いた方が無難かも?

2015年3月18日 (水)

バヌアツ

勢力の強さが5段階で最大の「カテゴリー5」に発達した超大型サイクロンは、3月13日(金)の夜から翌14日(土)の朝にかけて人口24万人の島国バヌアツで猛威を振るい、首都の90%の建物が崩壊したそうだ。ところでサイクロンとハリケーンと台風とどう違う??みんな熱帯性低気圧であることには変わりない。サイクロンはインド洋、南太平洋、に発生するもの・・ハリケーンは太平洋(赤道以北、日付変更線以東)、大西洋、に発生するもの・・台風は東アジア周辺の太平洋(赤道以北、日付変更線以西)に発生するものとのこと。救援と言っても何から手を付けたらよいのか?

2015年3月17日 (火)

YMO

細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一が1978年に結成したのがイエロー・マジック・オーケストラすなわちYMOである。テクノポップとして一世を風靡した。YMOは最近整理整頓で見直されている。なに?すなわちYMO=床に、物を、置くな・・・である。片付かない部屋、究極はゴミ屋敷などに共通するのは床や階段にものが散乱しているということである。片付けの第一段階はまず不要なものを捨てること。第二段階は床においてあるものを机や衣装ケースや棚に戻し、その定位置を決めておく事である。すべてのものに指定席を決めておき、必ずこまめに戻すことが整理整頓の基本だそうだ。でもなかなか出来ない。YMO=やって、見ようと、思うのだが・・・である。

2015年3月16日 (月)

古川ロッパ

大昔のコメディアン古川緑波(1903-1961)著「ロッパの悲食記」と言う文庫本を読んだ。エノケン(榎本健一1904-1970)と並び称されるお笑いの黄金時代を築いた、グルメ通のタレントだ。「このたび大阪」と言う章の中で次のような文章を発見した。「南のバアのママさんが、夜おそくても、寿司のおどりでも何でも食える店へ案内しましょうと誘って呉れた。黒門というところだった。そこの屋台店みたいな、すし平という店で、なるほど、おどりがいくらでもあった。・・・何故黒門というところだけに、おどりが夜おそくまであるのか、その点は、未だに判らない。」「K氏邸へ招待され、集英楼の中華料理を御馳走になる。燕巣にはじまる此の一コース、頗るよかった」とある。私が小学校低学年の時の自宅が黒門付近で、小学校高学年の時、自宅が集英楼の裏あたりにあったので懐かしい。当時、集英楼は出前もしてくれて、当時食べた「やわらかい焼きそば」の味は今でも覚えている。私は大阪ミナミで育ったので「エノケン・ロッパ・アチャコ・エンタツ」のラジオのお笑いを子供心にかろうじて覚えている高齢者である。

2015年3月15日 (日)

北陸新幹線

3月に入ってJRの新旧が交代し、新しいステージに入ったようだ。4日に新大阪駅構内に駅マルシェがオープンし、12日に大阪と札幌の間を結ぶ寝台特急「トワイライトエクスプレス」が老朽化のため26年の歴史に幕を閉じることになり、最後の列車がJR大阪駅を出発した。 そして14日に東京と金沢を最速2時間28分で結ぶ北陸新幹線が開業、そして関西人の私にはどう言う利点があるのか知らないが上野が終点だったJR常磐、宇都宮、高崎各線が東海道線に直接乗り入れる上野東京ラインが開業・・・時代の変化に徐々について行けなくなりそうだ。

2015年3月14日 (土)

選手選考

釈然としない話。その1、鳩山元首相がウクライナ南部のクリミアを訪れ、ロシアへの編入を決めた住民投票について肯定的な見方を示したそうだ。宇宙人は今なお健在なのか?何を考えて生きているのか?議員でもない普通の大金持ちのおっさんが何を血迷っているのか意味不明だ。だれか静止する人はいないのか。今から思えばこんな人物を総理大臣に祭りあげてしまった国民にも責任があるのかもしれない。その2、日本陸連は8月に中国北京で行われる世界選手権の女子マラソン代表最後の1枠に、選考会で唯一優勝した横浜国際覇者の田中智美を外し、大阪で日本人トップの3位だった重友梨佐を選出した。優勝者が選ばれないのだったら選考会なんかやらなければよい。もっと誰もが納得する選び方をすべきだ。でも落選した田中さん!あんな空気の汚い不潔な北京に行かなくて済んだ事を喜ぶべきだ。

2015年3月13日 (金)

珈琲店

昨日は所用があって、京都の東大路通りを延々と30分ほど歩いた。京都は街並みが碁盤の目のようになっているので基本的には方向音痴の私でも道に迷うことはない。途中熊野神社付近の「からふね屋珈琲店」に寄り道をした。けっして安い値段ではないがさすが老舗の珈琲店だけあって美味しいコーヒーが堪能できた。コンビニの珈琲も最近はそれなりに美味しくなってきたが、ゆったりとした椅子に座って飲むお洒落なカップに入った一杯の珈琲は「五臓六腑に」染み渡る。「違いの分かる男」ダバダ~ダバダ~と言うネスカフェのテレビCMを知っている人はかなり高齢だ。

2015年3月12日 (木)

食糧自給

日本の食糧自給率は未だ40%未満に低迷している。2020年には50%と言う目標も現実的でないので2025年に45%に修正された。これも問題だが人口1億人の日本は年間11兆円相当の食糧を廃棄しているそうだ。むしろそちらのほうが問題だ。食品スーパーは品種在庫とも充実しており、賞味期限が切れたらさっさと廃棄。しかもスーパー、コンビニ、ドラッグなど食料品を販売する店数が多すぎるので、歯止めが効かない。こんな罰当たりなことをしていたらいつかしっぺ返しが来るに違いない。もう一度鎖国の江戸時代に戻って反省するしかない。

2015年3月11日 (水)

ハリル

オフト、ファルカン、加茂周、岡田武史、トルシエ、ジーコ、オシム、ザッケローニ、アギーレ・・・サッカー日本代表新監督に内定したヴァヒド・ハリルホジッチ氏「わたしは平和主義者で理想主義者だが、同時に完璧主義者でもある。物事を中途半端にやることはわたしにはありえない。そして、常に『勝利』を追求する。スポーツにおいて、わたしが関心があるのは『勝つこと』。ただそれだけだ」・・・こんなカッコのええ言葉は並みの人では絶対言えない。勝てば官軍名監督、負ければ賊軍‥‥‥期待してます、ちょっとだけ。

2015年3月10日 (火)

寒波襲来

寒波襲来。この寒さが今シーズン最後になって欲しいものだ。そして週末にはタイヤ交換出来たらと思う。3月9日淡路島の静かな山里、長閑な住宅地で5人の男女が刺殺される事件が起きた。亡くなったのは60~80歳の高齢者。容疑者は日頃引きこもりがちな40歳の地元住人。人間の運命は予測がつかない。明日は我が身かも知れない恐ろしい事件だ。

2015年3月 9日 (月)

甘え

40年以上前に出版された土居健郎の名著 「甘えの構造」が今見直されている。「甘える」と言う言葉に該当する外国語が存在しない。これは日本人特有の心理だとか。すねる、ひがむ、ひねくれる、うらむ・・・これらすべて甘えから生じた行動だと著者は言う。最近の若い奴は…と言うと嫌われるが、「教えてもらってません」「聞いてません」「無理です」としゃあしゃあと言ってのける若者。学生ならともかく、昔の企業だったら給料をもらっている社会人がこんな事を発言したら先輩にぶっ飛ばされたが、今は、イチイチ手取り足取り教えないといけないらしく、90%褒めて10%注意するくらいが関の山だとか。最近の若い奴は・・・!

2015年3月 8日 (日)

江戸患い

江戸患いと言う言葉がある。俗にいう脚気である。江戸時代参勤交代制度があって地方にいた殿様が元気だったのに江戸に行くと体調を壊す。原因はストレスもあろうが、白米のとり過ぎによるビタミンB1の不足によるものだそうだ。地方では玄米雑穀を食べていたのに江戸では武士や町人まで白米を食べるようになった。白米にお茶漬けサラサラと言う食事を続けると確実に体調を壊す。特に最近の若者の食生活を見ていると危険に思う。ジャンクフードは高塩分、高カロリーで大量の糖分を含むものが多く、多食するとビタミン、繊維、ミネラルが不足する。junk      food とはそもそも屑とかガラクタと言う意味だ。ジャンクフード主体の食生活をおくる若者が増えると、平均寿命世界1の日本で、若者の早死にが増えて、ますます高齢者だけの国になってしまいそうだ。若者よ!正しい食生活で元気に高齢者をささえておくれ!

2015年3月 7日 (土)

星乃珈琲店

最近気になる店、それは星乃珈琲店。滋賀県には現在2店しかないが、現在草津店が工事中だ。値段が高そうでちょっと入る勇気は今はないが(株)ドトール・日レスホールディングスが運営する店だ。コンビニで100円で珈琲が気軽に飲める時代にこんな高級店も流行るのが面白い。コンビニと言えばこの度ファミリーマートとサークルKが合体してセブンやローソンもウカウカできない。それにしても私はいつも思うのだが、コンビニと自販機は飽和状態で多すぎると思う。砂漠のオアシスとまでは言わないが、本来欲しい地域にはなくて、大都会には必要以上にあり過ぎる。コンビニはどこまで増えるのだろう?

2015年3月 6日 (金)

ナウイ

最近ツイッターやフェイスブックの書き込みで若者が死語を書き込むのが流行っているとか?「ナウイ」「ヤング」「チョベリグー」「シェー」「ズコッ」「許してちょんまげ」「そんなバナナ」「おっはー」「バッチグー」「コギャル」「半ドン」「花金」「アベック」「フィーバー」「バタンキュー」・・・死語と言う古臭さを逆手に取って楽しむ若者の心情が面白い。我ら高齢者は、無理して新しい言葉を使うより、死語と言われる古い言い回しを恥ずかしがらずに堂々と使ったら、若者から逆に尊敬評価されるのかも?

2015年3月 5日 (木)

震度1

4日の夜中の0時過ぎ、地震があったと思って目が覚めた。家族に聞いてもそんなの知らんと言われ、きっと疲れでめまいがしているのかと思った。しかし気になるので調べてみたらその時刻に岐阜県愛知県などで震度4から3、三重県長野県滋賀県でも震度3から2、我が住まいの付近は震度1だった。先週から少々過労気味で寝不足であるが、めまいではなく地震が本当にあったので変な意味ホッとしている。今年に入ってからも日本全国アチラコチラで地震が頻発しているのがちょいと不気味だが地震大国日本の宿命だから致し方なし。

2015年3月 4日 (水)

くいだおれ

中国資本は日本のきれいな水資源を求めて山林を買い漁っているが、今度は関西人の聖地?「くいだおれビル」がついに中国人に買収されてしまった。香港のファンドが100億円で買収したとか。くいだおれ太郎はリストラされずにそのまま置かれるそうだ。あとは「かに道楽」の松葉ガニが中国モズクガニにならないことを祈るばかりだ。1989年日本の三菱地所がロックフェラーセンターを約2200億円で買収しニューヨーク市民の大きな反感を買った記憶がよみがえる。実体の伴わないバブルは必ず崩壊する。しばし我慢だ。

2015年3月 3日 (火)

ひなまつり

3月3日はひなまつりである。灯りをつけましょボンボリに~で歌われるお内裏様とお雛様という表現は正しくない。内裏雛(だいりびな)とは雛人形の「男雛」と「女雛」の一対を指す言葉である。男雛を「お内裏様」、女雛を「お雛様」と呼ぶのはサトウハチローが作詞した「うれしいひなまつり」の歌詞から広がった間違いである。ところでこの、うれしいはずの歌がなぜ短調なのか疑問に思うこともある。西洋音楽的にはこの歌は短調だが、難しい話はわからないが、短調というよりは、日本音階の、陰旋法(みやこぶし)といったほうが適当だとされている。この作曲法で日本古来の雰囲気を醸し出しているのだ。たぶん。明るいはずの「リンゴの唄」も「青い山脈」も何故か短調だ。ところでSMAPの「夜空のムコウ」は長調なのに短調のような雰囲気になるのはなぜ?

2015年3月 2日 (月)

近江ちゃんぽん

スーパーに行くと日清の「近江ちゃんぽん」が大量陳列されている。滋賀県彦根市発祥のご当地グルメ「近江ちゃんぽん」を商品化したものだ。私は滋賀県彦根市に10年余り住んでいたので駅前の「をかべのちゃんぽん」をよく食べた。和風だしの中華めんに野菜が山盛り載っていてヘルシーな麺だ。特製の酢をかけて食べるのが特徴なのだ。これがカップめんになったので一度食べてみたい。近畿地区限定発売だが。

Image9s1upzhb

2015年3月 1日 (日)

同窓会

井同窓会の案内が来た。5月開催で、対象者が500名として2割参加で100名程度になるのだろうが、参加しようかと思っている。しかしなぜか平日の午後開催である。たぶん65歳を超えているので定年退職して毎日が日曜日だからと言う幹事さんの思い込みかもしれない。色々やってくれる幹事さんには感謝もし申し訳ないが私のように今でも現役で働いている人間もいると思う。仕事を抜けるのがちょっと辛いが、みんなと元気に逢えるのはおそらく人生最後だと思うと感慨深い。久しぶりに出会っても「病気」「介護」「孫」「年金」の高齢者4大テーマに終始するかもしれないが、参加の方向で日程を調整してみようと思う。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »