« 免震装置 | トップページ | 桂米朝 »

2015年3月20日 (金)

院内ショップ

今思えば昔の病院は旧態然とした売店がぽつりとあり、無競争の独占的な商売をしていたように思う。5箱200円のティッシュを1箱200円だったり、200円程度のスリッパが500円だったり、2000円程度のパジャマが5000円で販売されていた。先日知人の見舞いに京都の病院に行ってきたら様相が変わっている。町中にあるのと同じ形態のローソンがあり、パジャマや杖など入院患者に必要なものまで品揃えされ、食事をとるスペースもある。またセブン&アイが経営するファミールダイニングもあり、昼食時は行列ができている。またドトールコーヒーのショップまであり、暗い病院のイメージとはまたひと味ちがう雰囲気だ。さらには薬店、花店、理容美容店、郵便ポスト、コインランドリー、銀行ATMまで完備している。巷でコンビニが過当競争気味に氾濫しているが、病院内で競争してもらえるのは患者さんにも大歓迎だろう。

« 免震装置 | トップページ | 桂米朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 免震装置 | トップページ | 桂米朝 »