« LED照明 | トップページ | モラハラ »

2015年4月10日 (金)

パラオ

天皇、皇后両陛下は、太平洋戦争で約1万人の日本人が命を落としたパラオ共和国ペリリュー島を訪問され、慰霊碑に花を供えられた。中国や韓国が日本の歴史認識がどうのこうの言いがかりをつけているが、そんなドロドロした政治の駆け引きなどを超越した、純粋に心の底から平和を願われている証だ。パラオは大変な親日国である。国旗も日本とよく似ていて青い海に黄色い満月をイメージした「月の丸」である。パラオは昔スペインに占領され搾取され、その後ドイツに売却されココナッツ・タピオカの栽培、リン鉱石の採掘などの「産業振興」に熱心だったものの、インフラ整備や現地人の教育などには、全くの無関心であった。その後日本が占領したが、日本は「教育」にも熱心であり、現地人の住環境整備とともに、多数の学校や病院を建設した。日本の行ったそんなことが結果としてパラオに「未曾有の経済発展」をもたらし、人口も2万人から5万人へと激増したそうだ。大丈夫、どうぞ、ごめん、浴衣、扇風機という言葉がパラオの言葉でそのまま生きている。こんな素晴らしい国と国民を私は全く知らなかった。

« LED照明 | トップページ | モラハラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LED照明 | トップページ | モラハラ »