« ルピナス | トップページ | 台風6号 »

2015年5月10日 (日)

シャーロット

大分の高崎山自然動物園が赤ちゃんザルを英国王女にちなみ「シャーロット」と命名し、賛否両論が起きているが、「多くの方につけてもらった名前で、英国からの指摘もないので、見直す必要はないと思う」と一件落着。日本人は相手に対する気配りをする国民だ。相手が不愉快に思わないのか?迷惑がかかるのではないか?むしろ英国での祝い事が地球の裏側の日本まで及んでいるという喜ばしいことなのだ。批判的な意見の代表例は、もし逆に日本の皇族の名前が生まれた猿に命名されたら?ということだが、杞憂に過ぎないと思う。これで高崎山のお猿のシャーロットちゃんも人気者になるだろう。

« ルピナス | トップページ | 台風6号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルピナス | トップページ | 台風6号 »