« 半端ない | トップページ | スパークリングワイン »

2015年6月 8日 (月)

オオキンケイギク

車で走っていると、最近やたらと黄色い花が目立つ。田畑の畦道、工場の敷地の法面、空き地など、たぶん特定外来種のオオキンケイギクだと思う。鮮やかな黄色で美しい花なので10年ほど前まで国が緑化対象種として推奨してきたが、あまりに繁殖力が強く県内いたるところに広がってしまって、生態系を脅かしているそうだ。昭和の時代はセイタカアワダチソウ(キリンソウ)が日本全国に広がり、これが花粉症の原因だとデマが流され大騒ぎになったが、今はかなり減ったように思う。オオキンケイギクを以前は推奨し、今度は駆除対象になり、方針がコロコロ変わる。むしろ花粉症を引き起こすブタクサこそ駆除対象にすべきだと思うのだが。ブタクサはハナハダ迷惑だ。

« 半端ない | トップページ | スパークリングワイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半端ない | トップページ | スパークリングワイン »