« ギリシャ危機 | トップページ | 給食 »

2015年7月 1日 (水)

新幹線火災

九州を中心に降り続く雨・・鹿児島県で50年に一度の雨で大きな被害が出ているようだ。また箱根山大涌谷で、小規模な噴火が発生し、噴火警戒レベルを現在の「2」から「3」に引き上げられたのも不気味だ。そして何より開業から半世紀、安全神話を誇る東海道新幹線で、6月30日午前、小田原市付近で71歳の男が1号車で頭から油をかぶり、焼身自殺を図った。犯人の命などどうでもいいが、巻き添えになった人は悲劇という他ない。いくら安全と言っても航空機とは違って、新幹線は乗客の手荷物検査は行なわないし、外国人観光客も増え、オリンピックもひかえ、今後はテロとかの標的にされる可能性もあり現行の運行管理態勢を根底から揺さぶる事件となってしまった。幸せな人生を歩んでいても、ある日突然悲劇が起こる。人間みな、危険と隣り合わせだ。

« ギリシャ危機 | トップページ | 給食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギリシャ危機 | トップページ | 給食 »