« セレブ | トップページ | 不具合 »

2015年9月18日 (金)

安保関連法案

集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案が可決された。国民の多数が反対する中、強行された。民主党は対案を出さないまま、戦争法案反対と言う理由で反対してもイマイチ説得力がない。山本太郎に至っては喪服を着たパーフォーマンスばかりで、テレビのワイドショーと勘違いしている。国会議員としての程度が低すぎる。ただ、この法案がどんな意味を持つのか、なぜ大反対を押し切ってでも、いま通過させなければならないのか、正直わからない。5年後10年後になればこの法案の意味が理解できるのかもしれない。

« セレブ | トップページ | 不具合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セレブ | トップページ | 不具合 »