« 鳥越俊太郎 | トップページ | 秋のドラマ »

2015年10月11日 (日)

CS

昔マーケティングを勉強していた時、顧客満足と言う言葉をたびたび耳にしてきた。英語で書くとCS(Customer Satisfaction)=顧客満足である。プロ野球もいま違う意味でのCS(Climax Series)=クライマックスシリーズで盛り上がっている。プロ野球セパ交流戦が始まり、巨人:阪神も日ハム:ロッテも共に1勝1敗の接戦で面白くなってきた。興行的にも3試合行うと2位球団の本拠地に億単位の売り上げが転がり込んでくるのでホクホクだろう。以前にも書いたが、プロ野球はペナントレースと言うくらいだから、セパの優勝ペナントを受け取ったヤクルトとソフトバンクが各リーグの最高の栄誉を受けるべきであり、2位3位チームがリーグを代表するのは邪道だ。しかし消化試合というつまらない試合をやるよりはクライマックスシリーズ(CS)で最後の最後まで盛り上げる方がファンとしては面白い。まさに顧客満足だ。特に今年は最終ゲームまで目を離せない混戦だったのでCSは成功だと思うが、3位のチームがリーグ代表になるという下剋上はやはりおかしいと私は思う。

« 鳥越俊太郎 | トップページ | 秋のドラマ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥越俊太郎 | トップページ | 秋のドラマ »