« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月30日 (水)

遺品整理

母親の遺品整理と家の片づけ本日完了!ああ疲れた。タンス、本箱、電気カーペット、ソファー、布団数枚、壊れたエアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ファンヒーター大型ゴミの廃棄料もバカにならない。お蔭で我が家の掃除はほったらかし。今年はおそらく年賀状も来ないはずだし、おせち料理もないし、正月三が日は読書と自宅室内の掃除だ。

2015年12月29日 (火)

お坊さん便

本日無事仕事納め。とは言え来週の火曜日から仕事だからそれほど長期休暇と言う気がしない。テレビのニュースでは新幹線で里帰りする人、空港から海外旅行に行く人のニュースが目立つが、羨ましい限りだ。空港から海外に飛んで行く旅行とは裏腹に、今、ネットでamazonから注文すれば、坊さんが飛んでくる?みんれび「お坊さん便」が物議を醸している。読経法話、御膳料、お車代、心づけがセットで35000円だとか。昔はお寺と檀家の結びつきは強かったが今はそんなもの関係ないのだろうか?何かしら罰当たりなシステムのようだ。仏教でなく、キリスト教やイスラム教だったらどうなるの?

2015年12月28日 (月)

日韓関係

日韓外相会談で何やら発表があった。歴史観も価値観も違う両国で、国民が納得できるような問題の全面解決が出来るとは思えないし、同じ問題を蒸し返さないと言っても、政権が代われば国民の人気取りのためにまたこの問題を政争の具にする可能性は否定できない。政治の世界は別にして、経済、文化、芸能、芸術、スポーツ、宗教など民間レベルでは日本と韓国は結びつきが強い。問題は国民の民意を利用する政権が民意をどのようにコントロールするかにある。とりあえず前進したのでよしとしよう。

2015年12月27日 (日)

閑古鳥

色々事情があって、今日エアコンを購入した。市の制度で、古いエアコンを☆☆☆以上のエコなものに買い替えると、最大1万円の補助金が出るのだ。補助金は申請できるし、電気代も画期的に安くなるはずだ。家電店でちょっと気になったことがある。年末の日曜日、店内は明々と照明されていると言うのに店内はガラガラである。ネット販売の普及で客数が減るのはわかるがそれにしても閑古鳥が鳴いている状況だ。しかも取り付け工事でさぞや年末はパニックで越年も覚悟したが、意外や希望日いつでもOKと言う。仕事があるので30日にお願いすることにしたが、希望通りになった。さらに消費税アップになると小売業は一体どうなってしまうのだろうか?それでも政府は好景気だと言うが、どこの国の話だろうかと思う。

2015年12月25日 (金)

宛先不明

12月20日にポストに投函した大切な手紙が宛先不明で返ってきた。もう一度郵便番号住所名前を真剣に確認したがどこも間違っていない。同じ住所で先日送った喪中はがきも、先週送った宅急便もきっちり届いている。郵便局に文句を言っても、もはやタイミングを逸しているのであまり意味がないし、今一番忙しい時期で配達員を責めるのも酷だし、切手代を返せとわざわざ郵便局に怒鳴り込んでも空しいのでやめた。目上の人なので一生懸命考えた文章だっただけに残念だが仕方ない。「私たちの罪をお許しください。私たちも人を許します」と言うカトリックの主の祈りをクリスマスの夜に実践したみたいだ。年末はみんな忙しいのだと大人の対応をした。

2015年12月24日 (木)

10大ニュース

①大村さん梶田さん何をした人か知らないけどノーベル賞おめでとう。②ラグビーワールドカップで日本が歴史的3勝。五郎丸と言う名前を覚えた。③イスラム国日本人殺害。人を殺してもよい宗教などあるのがおかしい。④マイナンバー開始したが国民のためにはマイナスの、無駄な制度だ⑤関東東北豪雨災害。それだけではない異常気象続く⑥安全保障関連法成立。中身がよくわかりましぇ~ん⑦北陸新幹線開通。太平洋と日本海をつなぐ快挙だ⑧旭化成建材の杭データ偽装。やっていいことと悪いことの区別も出来んのかバカモン!⑨TPP大筋合意。中身がいまいちわからないが甘利さんお疲れさん⑩東京五輪エンブレム撤回。スタジアム建設とともにケチのついた五輪ももはや末期的。こりゃまったくご臨終だ。

2015年12月23日 (水)

A案

2つの案で争われていた新国立競技場の建設について、A案の大成建設、梓設計、建築家・隈研吾さんデザインの案が採用されることになった。先走って森元総理が推薦した竹中工務店グループで建築家・伊東豊雄さんがデザインしたB案が落選し、面目丸つぶれになったのが愉快だ。屋根に木材をたくさん使い、周辺環境と調和を考えて高さを抑えたデザインで、工費はおよそ1490億円で、2019年11月末の完成を目指すそうだ。でも50歩100歩で、借金大国ニッポンにとってはムダ金には違いない。

2015年12月22日 (火)

ちらっ!

我らオノボリサンは東京に行ったらぜひ見たいのが、昔ならば皇居と東京タワーであるが今なら東京駅とスカイツリーである。今回は全く観光が出来なかったが、それでも「鬼の執念」で写真撮影した。東京駅は東北新幹線のホームから屋根だけ撮影に成功。さらに帰路東京に近づいたとき、車掌さんが「間もなく上野~」と言う放送があり、その1分後左前方にちらっとスカイツリーが出現!かろうじて写真撮影した。やればできる。

2015年12月21日 (月)

那須与一

昨日栃木県那須市に行って、ふと思ったこの「那須」の名前。那須と言えば那須与一。那須与一は弓の名手として知られている。源平屋島の合戦で、海上に舟を浮かべた平家の軍勢が掲げた扇を射落とせるかと挑発され、源義経側の那須与一が見事撃ち落とした話しは有名だ。しかし屋島と言えば四国高松市。なんで栃木県那須郡那珂川町生まれの与一が源義経と知り合い、四国まで行って合戦に参加したのか?兄の源頼朝が那須野ケ原一帯でシカやイノシシを追い詰めて射る大規模な巻狩りを行ったという話しなど異説イロイロ?古い話なので信ぴょう性はなさそうだが、那須は那須氏の住まいであったことは間違いなさそうだ。

2015年12月20日 (日)

東北新幹線

諸般の事情で、1泊2日で栃木県那須に行ってきた。東海道新幹線に乗ったのは10年ぶり?東北新幹線に乗ったのは生まれて初めてで、好奇心いっぱいの「田舎のおっさん心躍る」 2日間であった。那須ガーデンアウトレット以外は特に観光はしなかったが、往復の車中の駅弁で十分旅行気分を堪能した。一人往復4万円の旅費は厳しいが、これが最初で、たぶん最後で、今後こんなことはあるまいと思う。夏には天皇ご一家がご静養される地であるが、こんな真冬に行くのも酔狂だ。

Dsc_0157

那須ガーデンアウトレットの有名なチーズケーキ屋さん

2015年12月19日 (土)

語呂合わせ

マイナンバーは好むと好まざるとにかかわらず、今後一生ついて回る数字だ。国による個人情報管理、役人の便利さだけのために割り振られた大変迷惑千万な制度で、究極の税金の無駄遣いだが、お上には逆らえない。仕方ないのでこの番号を覚えることにした。色々語呂合わせを風呂やトイレの中で考え、ようやく書類を見なくても言えるようになった。素晴らしい語呂合わせが出来たので皆さんに発表したいが、個人情報がばれるのでやめておく。

2015年12月18日 (金)

スマホ代

スマホの利用料が高すぎる。我が家ではeo光の電話テレビネット代が毎月7000円ほどかかり、スマホの6800円程度を加算すると毎月14000円も支払うことになっている。せめてスマホが月々5000円以下になったらと思っていたが、データ通信をあまり利用しない人向けの低料金プランを国の指導圧力?で始めることになりそうだ。またを携帯「実質0円」で販売するといった過剰な値引きの是正も促すそうだ。通信大手3社が国に屈した感じだが、冷静に考えてみたら、国の指導で実質0円をやめろと言ってくれるので、各社は「他社からの乗り換えの場合解約金を負担したり」しなくて済むので結果的には儲かるのではないか?と勘繰る。今の携帯プランは「常連さんに厳しく、一見さんに優しい」日本文化にそぐわない奇妙な状況にある。上得意様で設けた利益を、通りすがりの客にばら撒く構図はやはりおかしい。株でいえばステークホルダーを粗末に扱い、シェアホルダーに優待などで優遇する構図に似ている。

2015年12月17日 (木)

乗換案内

気温が一気に下がってきた。今日は真冬の寒さだ。今度の土日、諸般の事情で東京から東北新幹線に乗ることになっているが、雪が降らなければよいが・・・。そんなわけでここんとこ列車の時刻調べを連日行っている。今までは駅探を使っていたが最近はジョルダンと併用している。長年の慣れで駅探の方が見やすいが、バスの時刻とか細やかさではジョルダンの方がすぐれているかと思う。とは言え天候の事情でダイヤが乱れたらスマホも意味なしだ。

2015年12月16日 (水)

夫婦同姓

民法の夫婦同姓の規定と、女性のみに再婚禁止期間6か月を定めた規定が憲法に反するかどうかが争われた2件の訴訟で最高裁は夫婦同姓については、「合憲」とする一方、再婚禁止期間の100日を超える部分は「違憲」と判断した。夫婦同姓は日本の文化習慣から考えて私は正しい判断だと思う。ただ現実的には企業でも、芸能界でも、夫婦別姓のケースがいくらでもあるし、運用上合理的な姓を名乗ればよい事だ。ただ離婚後夫はすぐ再婚出来て妻は6カ月できないと言うのは現実的ではないので100日程度に変えた方が良いと思う。ただもっと大きな問題は、長期的に言えば最近は結婚しない男女が増え、色々な事情で子供のいない夫婦も多いので、日本古来の「家」制度は間違いなく崩壊して行くと思う。先祖代々が一代二代で終わってしまうのが現実だ。

2015年12月15日 (火)

変病弔痛結

私にとって、今年はあまり良い年ではなかった。漢字一文字で表せば年始は色々新しい事を始め「変」であったが、親族の長期入院で「病」、そして母が亡くなり「弔」、腰痛足攣歯痛がひどく「痛」・・・になりそうだ。ただ家族やご近所との結びつきが一層強くなった良い年でもあった。世間では「絆」と言う言葉を使うが、私はこの言葉はお仕着せがましいしので大嫌いである。漢字で書けば「結」の方が当たっているように思う。

2015年12月14日 (月)

暖冬

今年はエルニーニョ現象で長期的には暖冬らしいが、短期的地域的には厳しい寒さの日もあるだろう。一昨日早々と冬用タイヤへの交換をしてもらった。早期割引で、洗車込み1026円で交換してもらった。今週末急激に寒くなりそうなので、絶妙のタイミングであった。今年は知らないうちに年末年始が近づいてきた感じがする。年賀状は書かなくても良いが、大掃除は全く手つかず。身辺整理や散髪などは正月に入ったらゆっくりしよう。

2015年12月13日 (日)

冷凍お節

正月と言えばお節である。お節が重箱に入っているのは「めでたさを重ねる」と言う意味合いがあるそうだ。しかし所詮お節は保存食品。けっして美味しいとは思わない。昔は神様を家に迎えるお正月は、煮炊きなど台所での作業を極力控えたそうだ。そして何より正月くらい主婦は休んでもらおうと言う配慮があるのかもしれない。そのため、冷蔵庫がない時代に、日持ちを工夫したのが理由と言われる。お節はデパートなどで3万5万7万円と庶民には高価だ。しかも最近はその具材も冷凍食品を詰めるだけと言うものが主流だ。出来立てのお節が欲しけりゃ自宅で作るしかない。ただ昨今は元旦から飲食店もスーパーも開店しているので、正月だからと言って、同じものを三が日食べることもない。究極の和食「お節」も年々様変わりする。

2015年12月12日 (土)

滅裂税率

昨日の朝は風が生暖かく、師走だというのに三重県で25度以上の夏日。大阪市では午前7時台に22.5度を観測し、12月としては観測史上2番目の高温となり、1890年以来、125年ぶりの暖かさとなったそうだ。もう無茶苦茶である。政治も無茶苦茶である。軽減税率の対象は生鮮食料だけだったのに、公明の圧力で加工食品も含まれるようになり、これでは運営が複雑になるとかで今度は自民が外食まで対象にするとか。軽減税率は弱者救済の意味合いがあるのに、高級料亭や三ツ星レストランで大金持ちがバカ高い食事をするのにも軽減措置が取られると言うのは大金持ち支援ではないのか。結局外食は対象から外れることになったが、昔強力な力を持っていた税制調査会は存在すら薄れ、選挙のためには土下座も辞さないアホノミクス政府のへっぴり腰に呆れるばかり。これでは益々公明が増長する。信仰は自由だが特定の宗教団体が日本の政治を牛耳るようになったら、日本はおしまいだ。

2015年12月11日 (金)

老々介護

老老介護は悲しい。80代の愛する妻が認知症になり、妻を救う方法は殺すしかないと80代の夫が殺人事件を犯した。「認知症は治らない。希望も楽しみもなかった」と述べ、施設に入所させる金銭的余裕もなく、止む無く殺したという。当然殺人罪は罪が重いが、なんとも悲しい事件だ。私も「介護する側」の人間だと思っていたが、いつの間にか介護保険料を払う「介護される側」の年齢になってきた。それでも年金介護制度は今の政治では近未来に破たんするのは目に見えている。そうなった時、老老介護をする側かされる側かどちらに転んでも苦しい老後になることは目に見えている。若い人は知るまいが、昔アン真理子と言う歌手がいた。彼女の唯一の?ヒット曲「悲しみは駆け足でやってくる」と言うちょっとさみしげだが希望のある歌のイントロ部分は「明日という字は明るい日と書くのね」で始まる。アン真理子には希望があったが、我らの明日は「俺たちに明日はない」・・・アンマリだ!

2015年12月10日 (木)

移住構想

高齢者移住構想で3500名の高齢者を15市町が受け入れるそうだ。地方創生と言えば響きはよいが、大都会で身寄りがなかったり、家族に見捨てられた高齢者の姥捨て山のような気がする。施設があってもそこで働く人材は確保できるのだろうか?家族でも手を焼く「頑固じじい」「我儘ばばあ」をいくら仕事とはいえ、安い賃金で世話をするストレスは計り知れない。若者は大都会で貢献し、歳をとったら地方へ追いやるというのは都会のエゴではないかとも思う。安全保障は必要だと言いながら基地負担を沖縄に依存する日本本土の身勝手とかぶる。

2015年12月 9日 (水)

図書館

図書館にリクエストしてあった東野圭吾著「人魚の眠る家」と五十嵐貴久著「蘇生」、その他経済書1冊、ハウツーもの1冊、趣味の本1冊、計5冊が手に入った。返却期限が1月6日だから、これで正月読む本がとりあえず確保できた。税金で運営されているとはいえ図書館に感謝である。お蔭で我が家には自分で買った本がほとんどない。本や写真や家具や衣類や食器などを残しても死んだら遺品整理で邪魔者扱いされるのがオチだ。今年の年末も年始も「断捨離」がキーワードだ。

2015年12月 8日 (火)

あかつき

ドラマ「下町ロケット」を見ているせいか、ロケットに最近興味が出てきた。2003年はやぶさがイトカワの試料採取に成功、2007年かぐやが月の周回探査に成功、そして2010年エンジン故障で金星軌道投入に失敗してから5年後の昨日、あかつきが金星周回のめどが立った。5年間よく頑張ったと言うか意外と丈夫なものだと感心する。

2015年12月 7日 (月)

おにぎらず

日本の食文化を後世に遺す「2015年 今年の一皿」に「おにぎらず」が選ばれたそうだ。作り方を見たら、結局は手巻き寿司と何ら変わらないし、珍しくもないが、ネーミングが良かったのかもしれない。ネーミングと言えば医薬品、特に小林製薬のがわかりやすくて面白い。熱さまシート、ガスピタン、サカムケア、ナイシトール、のどぬーるスプレー、ケシミン、コムレケア、トイレその後に・・・いくら素晴らしい製品でもネーミングが悪ければ売れない。

2015年12月 6日 (日)

今年の漢字

15日に発表される年末恒例今年の漢字を予想してみた。安保法案の「安」か「法」、トリプルスリーや化けの皮がはがれた三本の矢の「三」 、五輪エンブレム問題やマンションデータ捏造の「隠」「騙」、それとも大物芸能人の結婚ラッシュで「婚」か「福」・・・どうせすぐ離婚するから2年後の漢字一文字は「離」になるかも?

2015年12月 5日 (土)

2015年訃報

2015年亡くなった人。齋藤仁(柔道家)・桂米朝(上方落語の重鎮)・愛川欽也(俳優)・シンシアレノン(ジョンレノンの前妻)・加瀬邦彦(ワイルドワンズリーダー)・ベンEキング(ソウル歌手)・BBキング(ブルース歌手)・今いくよ(漫才)・町村信孝(自民政治家)・オーネットコールマン(ジャズサックス奏者)・音羽山親方(元大関貴ノ浪)・岩田聡(任天堂社長)・原節子(女優)・塩川正十郎(大物政治家)・高橋一三(巨人投手)・リンアンダーソン(アメリカカントリー歌手)・泉政行(俳優享年35歳)・阿川弘之(作家)・花紀京(お笑い芸人)・黒木奈々(アナウンサー)・中村勝広(阪神GM)・川島なおみ(女優)・橘家円蔵(落語家)・熊倉一雄(声優)・盛田幸妃(横浜投手、奇跡のカムバック)・モーリンオハラ(西部劇によく出演した女優)・北の湖敏満(大横綱、大相撲理事長・水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎作者)・そして私の母11月に89歳で亡くなった。

2015年12月 4日 (金)

データ削除

2002年から書き始めたこのブログ、内容はともかく、丸13年4700日あまり、一度も休んだことがない。まるでどこかの修行僧のようだ。他人様にはどうでもいいことだが、もし私がポックリ死んだりボケたりしたら、更新はどうなるのか?書き残した下らないデジタルデータはずっとさまよい続けるのか?更新の仕方やパスワードなど家族は誰も知らない。市役所に死亡届を出してもデジタルデータは誰も削除してくれない。写真や手紙などの遺品整理は破って捨てれば終わるが、デジタルデータはそんなわけには行かない。と言う事は家族の誰かに色んなサービスのIDとパスワードの一覧表を作成し、通帳など貴重品と一緒に保管しておく必要がありそうだ。この世から消え去るのは大変手続きが厄介だ。もう少し長生きしよう。

2015年12月 3日 (木)

さおだけ

物干しざおの詐欺販売は今も横行しているらしい。「2本で1000円」とマイクで放送し、自宅にあう長さに切断したので加工賃込みで1本3万円と吹っかけられる。もう一つのケースは「2本で1000円、20年前の値段です」と放送しOKしたら「20年前は1000円でも今は6万円」と凄まれ、泣く泣く購入させられるケース。先日我が家もホームセンターでステンレス物干しさおを買ったが1本800円だった。訪問販売はどんなに相手が凄んできてもクーリングオフ制度が適用されるので泣き寝入りする必要は全くないが、悲しき高齢者は騙されるのである。世知辛い世の中だ。

2015年12月 2日 (水)

予防接種

何十年ぶりだか忘れたが、インフルエンザの予防接種を受けた。通常3500円程度だが、65歳以上の高齢者には特別割引で1300円だった。6割引きとは太っ腹だが、考えてみれば高齢者が風邪をこじらせて入院でもされたら余計に医療費がかかるから、それだったら予防接種の費用を多少負担してでも安いという政治判断なのだろうか。日本はいい国だ。

2015年12月 1日 (火)

333爆買い

今日から12月。師走である。年末になると色々発表される。今年の流行語大賞は「トリプルスリー」と「爆買い」であった。 「アベ政治を許さない」「1億総活躍社会」「SEALDs」など政治がらみの言葉がトップテンに入ったのも特徴的だが、さすがに未だに届かないマイナンバーは選ばれなかった。本のベストセラーも発表されたが、予想通り又吉直樹著「火花」が1位だった。毎年恒例の宗教団体の教祖様が出版した本は必ずベスト10に選ばれる。信者が一人で大量に買うのだろう。壺や、数珠や、印鑑などを売りつける霊感商法とは若干趣きが違うかもしれないし、信教、思想、学問、表現、集会、結社、通信などの精神的自由は日本国憲法で守られているのだから、とやかく言うまい。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »