« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

カサリンチュ

視聴率はどうだか知らないがNHKBSで放映されていた「鴨川食堂」と言うドラマはなかなか良かった。萩原健一と忽那汐里が演じる父娘がいろんなお客さんの思い出の食を探すと言うドラマである。ドラマも良かったが、エンディングに流れる歌がアコースティックギターとマッチして印象的であった。カサリンチュと言うデュオが歌う「風」と言う曲である。温かみがあってメロディの転調部分がなかなか泣かせる。鹿児島県奄美大島笠利町出身でグループ名カサリンチュとは「笠利町の人」と言う意味だそうだ。

2016年2月28日 (日)

猫ブーム

私は猫嫌いであるが、癒しや安らぎを求めてペットを飼う人が多い。昔からペットと言えば犬か猫である。昔は猫より犬を飼う人が多かったが、住宅事情などで、犬を飼う人が減り猫を飼う人が増えてきているそうだ。全国ペットフード協会の調査によると、飼育頭数では、犬:991万7千頭、猫:987万4千頭となっている。特に最近は猫ブームらしい。自由気ままな生き方をする猫に対する憧れなのか?理由はわからない。猫と言えば和歌山電鉄のたま駅長が有名だが、Ne-netやPAUL&JOEなど猫柄で商売をしているブランドも多い。以前にフェリシモと言う通販会社の株を少し買ったら、株主優待として自社製品が送られてきたが、その中に猫の顔を描いたマシュマロが入っていた。調べてみたら値段はかなりお高いが良く売れているそうだ。それでも吾輩は猫が嫌いである。

2016年2月27日 (土)

みずかがみ

あ全国のブランド米を評価する2015年度の「米の食味ランキング」で滋賀県の開発した「みずかがみ」と「秋の詩(うた)」が最高ランクの「特A」を獲得した。現在のランク分けになった1989年以降、滋賀県産米が特Aを得たのは初めてで、めでたい。誇らしい。一時は日本人の米離れが進んだが、最近は和食ブームもあって、多少はコメの消費量が増えたのではないかと勝手に思っている。生きている限り日本の米を食べ続けたいものだ。

2016年2月26日 (金)

民主維新

現在の国会議員の政党別順位は、自民・民主・公明・共産・維新・おおさか維新の順になる。企業に例えると1位と3位メーカーとが合併して政権与党にあり、このたびその牙城を崩すべく、2位と5位メーカーが合併する。企業活動なら競争が激しくなり面白い展開だが、政治となると話が別だ。企業合併は売上とか利益とか進むべき方向が基本的に同じでわかりやすいが、政党は結党の経緯や主義主張の異なる同士との合流で、やはり無理がある。それでも何もしないよりは何かやってみて自公の暴走を止めて欲しい。巷で噂されている党名・・・「新党がけっぷち」「七転八党」「新党まつのおかだ」「新党イオンのバカ」「新党ミス日本の父」「新党ベントレー」「民衆一心党」「民意に大耳を傾け党」・・・まあ頑張ってください。

2016年2月25日 (木)

シャープ

昼間の大阪梅田の繁華街で50代男性が運転する奈良ナンバーの黒のプリウスが歩行者10名をはね、運転者と歩行者の50代男性が死亡、1名が重体、歩行者8名が重軽傷を負った。詳細がわかるまでコメントは控えよう。シャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に7000億円で売られてゆくことになった。借金の形に遊郭に売られていった遊女シャープが台湾の大店のホンハイ様に見初められ、7000億円で身請けされた構図だ。遊女シャープは幸せになるのかそれとも一層不幸な生き地獄に行くのか、わからない。技術だけ奪われて後は捨てられる運命かも。ただ日本を代表する企業が台湾の企業の軍門にくだるのは日本人として口惜しい。

2016年2月24日 (水)

特A米

日本人にとって何が幸せかと言うとやはり美味しいご飯を食べる事、特に良い米に出会えた時が幸せである。昔は米と言えば「コシヒカリ」と「ササニシキ」が代表であったが、今はどんどん進化して、「特A」と呼ばれるランクに入る米が次々開発されてきた。米の美味しさは料理内容や人それぞれの好みで違うだろうが、基本的にはもっちり系かさっぱり系に分類される。「ゆめぴりか」「ミルキークイーン」「夢ごこち」「コシヒカリ」「森のくまさん」などはもっちり系で、「ななつぼし」「青天の霹靂」「つや姫」「ササニシキ」「ひとめぼれ」などはさっぱり系である。先日結婚式のお祝いをしたら、内祝いに「全国の特A米10ブランドセット」と言うのをいただいた。それ以降しばらく毎日美味しいご飯を堪能することが出来た。日本人はなんたって米だ。

2016年2月23日 (火)

金庫

日本アイエスケイ・エーコー・ダイヤセーフ・クマヒラ・イトーキ・サガワなど、金庫メーカーに注目が集まっている。日銀総裁がマイナス金利の方針を打ち出してから、個人の預金金利も限りなくゼロまたはマイナスになるのを予測して、銀行に貯金するより安全なタンス預金として金庫が見直されている。政府とつるんだ日銀黒田総裁が金利をマイナスにすればみんながお金を買い物や株投資に使うから景気が良くなるというアホノミクスそのまんまの方針を打ち出したが、おっとどっこい!日本の株主の半分以上は外国人投資家である。彼らには日本の金利など関係ねえ。株価の低迷は原油安、中国経済凋落、ヨーロッパの金融不安など外部要因の影響を受けているのは子供だってわかる。1200兆円の国の借金もギリシャと日本とでは状況が違うとはいえ、望ましいわけではない。一億総活躍など絵空事、危険極まりない原発再稼働など愚の骨頂、地方活性化のためのふるさと納税制度など優待狙いの株購入みたいなもので税金の考え方からすると本末転倒である。安倍政権もそろそろ化けの皮が剥がれてきた。うちも金庫を買おうかと思ったが、中に入れる金がない!金庫を買う金もない!500円玉いり貯金箱を庭の畑の下にでも埋めるか?

2016年2月22日 (月)

芸の肥やし

上方落語協会歴代会長は3代目林家染丸、6代目笑福亭松鶴、3代目桂春団治、3代目桂小文枝、2代目露の五郎、そして6代目桂文枝(三枝)である。基本はメンバーによる選挙で決まるが、色々事情があって桂米朝や笑福亭仁鶴は会長になっていないし、露の五郎選出の際に色々トラブルがあって、枝雀一門とざこば一門が脱会した。今は復帰したが・・・。そんな上方落語協会の会長桂文枝72歳が34歳年下の演歌歌手・紫艶との“20年不倫疑惑”発覚。国会議員が不倫をしたら議員辞職するご時世、「女遊びも芸の肥やし」と昔は言われたが、最近は芸もないのに不倫のオンパレード。さて会長職を辞するのか?肥やしにするのか?注目だ。それにしても文春やフライデーは「知る権利」「報道の自由」とか言いながらこんな仕事ばかりしているのか。

2016年2月21日 (日)

ビフ・タネン

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーでビフ・タネンと言う悪役が出てくる。シリーズ2作目ではスポーツの勝敗が全部掲載されている雑誌を未来の世界から過去に持ち帰り、賭けで大金持ちになると言う展開だがその悪役ぶりがどうしてもアメリカ大統領共和党候補トランプ氏とかぶる。実際この映画の脚本家ボブ・ゲイルも映画を作ったときにそれを考えていたとコメントしている。ではなぜこんな下品で暴言を吐く人物を大統領候補に押し上げたのか?オバマ大統領は弁舌がうまいが結果的にはアメリカの世界での地位を失墜させたのは事実であり、経済的に不満を持つ貧しい国民は、大ぼらを吹く候補から、嘘でもいいから夢を与えてもらえる。それで支持率が伸びているのだろう。しかしまさかこんな男がアメリカの大統領にでもなったら、アメリカもオシマイだろう。 

2016年2月20日 (土)

曾根崎心中

NHK木曜時代劇「ちかえもん」と言うのを観ている。近松門左衛門の「曾根崎心中」をコミカルに描いた時代劇で面白い。脚本家の藤本有紀さんによればこのドラマは時代劇で、コメディで、文芸もので、心中もので、友情もので、親子もので、ミュージカルで、ミステリーで、ラブストーリーで、サクセスストーリーと言う欲張った内容だと言う。せっかくテレビを観ているので今日、大雨の中大阪に行ったついでにお初天神をちらっと見てきた。お初と徳兵衛の運命やいかに?

Dsc_0045

2016年2月19日 (金)

十字架

カトリック教会内の壁には通常、キリストの受難のさまざまな場面が描かれた 14 枚の留(りゅう)と呼ばれる絵やレリーフがかけられている。不正な裁判から死に至るまでの様子が描かれ、各留の前でキリストの受難の道を黙想し、ひとつひとつの場面でのキリストの苦しみをキリストとともに心の中で追体験し、祈りながら移動して行くのが「十字架の道行き」である。四旬節と呼ばれる復活祭の46日前の期間中の金曜日に全世界でさかんに行われる。今年の場合2月10日から復活祭の3月27日までを四旬節と呼ぶ。ついでながら復活祭の決め方は春分の日(3月20日)以降一番近い満月の日(今年の場合3月23日)から最初の日曜日(今年の場合3月27日)が復活祭である。

2016年2月18日 (木)

はかま満緒

はかま満緒さんが16日78歳で亡くなった。昔シャボン玉ホリデーと言う番組で青島幸男や前田武彦らとともに番組構成に携わっていた人だ。はかま満緒さんと言えば1970年代後半から続いていたNHKFMのトーク番組日曜喫茶室はよく聞いた。はかま満緒さんが喫茶店のマスターで、小泉裕美子さんがウェイトレス、ゲストが常連客と言う設定でトークが行われる。こんなトーク番組が30年以上続いたのは、はかまさんの人柄と好奇心と豊富な話題と巧みな話術の賜物だと思う。テレビの徹子の部屋に勝るとも劣らない長寿番組だった。

2016年2月17日 (水)

電気とガス

4月から電力が自由化される。イーレックス、大阪ガス、ケイオプティコム、アイグリッド、ソフトバンク、HTBエナジー、ジェイコム、KDDI・・・いったいどこから電気を買えばお得なのかさっぱりわからん?!@・・・しかも1年遅れで2017年ガスも自由化される。そこで大阪ガスが電力とセットで買うとお得と言うプランを考えているそうだ。ところが今度は来年から関西電力がガスを販売し、セットで買うとお得だと言う。関西電力が電気とガスを販売し、大阪ガスが電気とガスを販売し、ややこしい話だ。いっそ合併すりゃいいのだ。

2016年2月16日 (火)

右か左か

朝日は左?日経は右?・・・そんな話ではない。ひな人形、男雛と女雛の左右はどちらが正しいか?一般的に関東では男雛が向かって左、京都では男雛が右である。昔日本では左が上座と言われていた。左と言うことは向かって右が上座であった。歌舞伎の世界でも向かって右が上手である。しかし大正時代あたりから西洋文明が入ってきて右が上座と言う西洋のしきたりを習うようになってきた。右と言うことは、すなわち向かって左が上座となり、現在は天皇皇后陛下も行事の際は天皇陛下が左、皇后陛下は右となっているようだ。カトリックの世界で信仰宣言の中に「主イエスキリストは・・・天に昇って全能の父である神の右の座に着き」・・・と言う言葉がある。これについては深い話なので別の機会に考えよう。

2016年2月15日 (月)

乱高下

昨日の最高気温は東京23度大阪20度と4月上旬並みの暖かさであったが、今日はまたまた真冬に逆戻り。体調も狂いそうだ。日経平均株価も乱高下、今日はなんと1069円高の16022円。上昇幅は過去13番目で、昨年9月9日以来だとか。預金金利がますます下がるのは良くないが、ガソリン価格がますます下がるのは歓迎だ。昨日は冬物一掃在庫処分?の衣料をシーズン当初の半額以下で買ったが、この寒さでまだまだ着られそうだ。議員の不祥事やNHKの殿様商売には頭に血が上る思いだが、幸い血圧は上120台下80台で乱高下せず正常範囲だ。

2016年2月14日 (日)

バレンタイン

若い兵士が結婚すると士気が下がると言う理由でローマの皇帝が結婚を禁止したが、キリスト教司祭の英語名バレンタインが不憫な兵士たちを見かねて内緒で結婚させた。それが皇帝にばれて投獄され西暦269年2月14日に処刑された。その後キリスト教が盛り返し、バレンタインが聖人として奉られ、2月14日には花束やカードを贈る習慣になった。日本でチョコを贈る風習を広めたのは神戸のモロゾフである。今年もまた、私も少しチョコをいただいた。私はチョコ大好き爺であるが、来年あたりから、チョコより入れ歯安定剤が必要になりそうだ。

2016年2月13日 (土)

東西

キリスト教は過去にいろんな経緯があって、1054年西のローマカトリック教会と東のギリシャ(ロシア)正教会とに分裂した。その頃日本は平安時代の話である。そのキリスト教カトリック教会の頂点に立つフランシスコ・ローマ法王と、ロシア正教会最高位のキリル・モスクワ総主教・・・2016年2月12日、両教会トップの歴史的会談が分裂後史上初めて実現した。イスラム過激派組織によるキリスト教徒迫害に対する危機感の表明だ。中東の混乱が新たな世界戦争にならなければよいのだが。宗教別信者数ランキング・・・キリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教・仏教・シーク教・ユダヤ教・儒教・バハーイ教・ジャイナ教・道教・神道・・・しかもそれぞれに分派もあって、世界の宗教の数だけ争いも絶えないのかも。

2016年2月12日 (金)

育休

国会議員の育休取得で世間を騒がせ、女性タレントとの不倫疑惑を週刊文春で報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員が辞職した。早稲田大学卒業後日本生命入社。一年で人材派遣会社インテリジェンスに転職。さらに1年でドリコムに転職。2006年大物政治家加藤紘一氏の三女鮎子さんと結婚。2009年離婚。2012年衆議院議員当選。2015年金子恵美議員とできちゃった婚との噂あり。そして一児の父となる間際に不倫。・・・何かと忙しい人だ。モテ男は何かとバッシングを受けるのが世の常だ。とは言え、自分の生活のために働くサラリーマンなら育休も結構だが、国会議員は国民の代表と言う特殊な仕事であり、総理大臣同様365日国家国民のために働く気概が欲しいし、公務員として金銭面他破格で最大級の待遇を受けている事も考え合わせると、私は育休は取得すべきではないと思うのだが・・・。

2016年2月11日 (木)

建国記念日

祭日の今日、ほぼ1年間休んでいたバイオリンの合奏レッスンに久々参加した。一人で練習するのと、大勢で演奏するのとでは緊張感が全く違う。何とか遅れまいと頑張ったが、1週間のにわか練習で、さすがに無理がある。それでも少しだけ感覚が戻って一安心だ。ところで今日は何の日だったか?そうだ建国記念日だ。では何をもって日本は今日建国記念日なのか?初代天皇である神武天皇の即位した日が旧暦の紀元前660年の1月1日。明治に新しい暦に換算したら2月11日が紀元節となり、1966年に祝日となそ決めただ。まあ休みであれば何でもよい。

2016年2月10日 (水)

借金

日経平均株価も昨日919円下がって、今日も372円下がって15713円と一気に16000円台を割ってしまった。安倍総理が何と言おうと、日本経済は私の実感としては悪いのだ。ところで昨年末現在で国の借金が1044兆5904億円になった。人口1億2682万人として国民一人当たり823万円となる。借金と言えば最近、過払い金を取り戻すという種類の法律事務所のCMが目立つ。でもこれはそんなに簡単なことではない。時効になってしまったらだめ。業者が倒産していたらだめ。相手が悪徳違法業者ならだめ。もっと言えばCMを出している法律事務所にも、過払い金を着服する悪徳弁護士がいるとかで、借金返済は怖い一面を持つ。・・・誰か立派な弁護士先生!国の借金を何とか減らしてちょうだい!

2016年2月 9日 (火)

テレビの設置

NHKテレビ設置状況調査と言う手紙が会社に届いた。 テレビの設置場所ごとに台数を書けと言う。後日、確認のため担当者が見に来るという。おそらく今後はテレビ設置台数に応じて企業から受信料を取ろうという算段なのだろう。なぜそんなに金がいるのか?一般企業で400万円、国家公務員でも600万円の平均年収。NHK職員の平均は1200万円とか、また新社屋3000億円超えの贅沢、公共放送と言いながら、くだらないバラエティ、ドラマや、見もしないスポーツ、歌番組などを垂れ流し、なぜ法外な受信料を払わなければいけないのか?報道も必ずしも中立とは言えないものが散見される。単純に言えば視聴率20%と言うことは80%の国民は見ていないわけだ。何度も言うが、NHKは税金で運営しニュース報道に特化すればよい。それができないのならば優良企業から広告収入を取ればよい。政府の言いなりに世論をコントロールし、受信料の法外な搾取は金正恩や習近平がやっている事と大差ない。

2016年2月 8日 (月)

ジャガイモ

休日にジャガイモを植えた。男爵とメイクィーン各1kgと少量だが順調に育てば立派な食材になる。 ジャガイモは連作障害を起こしやすいので昨年植えた場所は避けて、庭の片隅にスペースを開拓?して、ジャガイモ専用肥料も買ってちょっと混ぜて植えた。ポテトサラダやカレー、肉じゃがが出来るほど収穫出来ればよいが・・・。

2016年2月 7日 (日)

女子アナ

午前9時半、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した。例によってピンクの衣装を纏った72歳の李春姫(リ・チュニ)アナウンサーが笑顔と独特の語り口で、成果を発表した。このおばさん実は28歳からアナウンサーをしている。一つ間違えば死刑になるかもしれない恐ろしい国で、金日成、金正日、金正恩と三代にわたって第一線で活躍する経歴45年の看板アナウンサーだ。水卜麻美も加藤綾子も、田中みな実、桑子真帆、竹内由恵、夏目三久など孫のような、まだまだひよっこアナウンサーだ。それにしても許しがたい迷惑な国だ。

2016年2月 6日 (土)

南向き

昔から日本の住宅は、南向きが最善で、南向き以外は嫌われてきた。日本は高温多湿で、日当たりが悪いとカビが生える。だから日が差し込み、暖かい南風が入る南向きの家が理想だった。 これを「南向き信仰」と呼ぶそうだ。しかし超高層マンションはそうではないらしい。高層マンションでは日当たりが良すぎて冷房が効かないそうだ。なるほどと合点するが、大金をはたいてローンを組んで、高層マンションの南向きの部屋を購入した人は悲惨だ。地震災害なども含め、家は賃貸に限る。

2016年2月 5日 (金)

目先の利益

日本の新幹線導入を断って中国に発注したインドネシアの高速鉄道だが、工事が未だに着工せず、2019年開業は絶望的で、中国に札束をちらつかせられて、インドネシア政府は目先の利益を優先し、中国にまんまと騙された格好だ。その中国は旧正月にあたる春節に入り、日本各地で爆買いが始まりそうだ。大阪では道頓堀や心斎橋は中国人だらけで日本人は近寄れない。デパート、ドラッグ、家電店などは、中国人対応の看板、店内放送、接客対応で万全の態勢で臨んでいるが、結果的には日本人の客足が遠のくのは間違いない。今年爆買いがあっても来年はパタッとなくなる可能性もある。あまり目先の利益に走ると、あとで大きなツケが回って来そうだ。

2016年2月 4日 (木)

高齢運転

2月2日静岡県藤枝市の薬局に乗用車が突っ込んで、1人死亡。64歳の運転手を過失運転傷害の疑いで逮捕。2月2日愛知県豊田市の郵便局で、86歳の男性が運転する乗用車がガラスの壁を壊して2メートルほど中に突っ込んだ。「駐車場に止めようとしたらブレーキとアクセルを踏み間違えた」とか。1月4日長野市で71歳の男性が運転する乗用車がコンビニに突っ込み、同じく1月19日長野市で80歳の男性が運転する乗用車がコンビニエンスストアに突っ込んだ。1月29日には、北海道北広島市のスーパーに90歳の男性が、運転する乗用車が出入り口の前にある段差を乗り越えて店内に入り、10メートルほど進んだところで棚にぶつかり停止。1月31日山口県防府市では、コンビニエンスストアに70代の男性が運転する軽乗用車が突っ込み、店内にいた客が大けが。高齢者が運転する事故が頻発している。被害者になるか、加害者になるか、明日は我が身か?

2016年2月 3日 (水)

清原和博

中居正広、柴田恭兵、ロバートレッドフォード、吉川晃司、最澄、城山三郎、藤井流星、アントニオサリエリ、そして清原和博と私・・・誕生日が同じである。その清原和博が覚せい剤所持の現行犯で逮捕された。驚きと言うよりは、やっぱりと感じたのは私だけではないだろう。有名人の栄光と挫折はよくある話だが、何がそうさせたかは本人のみぞ知る。ドラフト会議で西武に指名されて流した涙、あと一球で巨人を倒して優勝の場面で守備位置で流した涙、素晴らしい成績を残したがなぜか新人王以外無冠の帝王、記録より記憶に残る野球選手の逮捕は寂しい。

2016年2月 2日 (火)

恵方巻き

恵方巻きを食べる習慣が業者の思惑通り、すっかり根付いてしまったようだ。そもそも恵方というのは4つしかない。真北の0度とした場合の角度が①75度(東北東)・②165度(南南東)・③255度(西南西)・④345度(北北西)のいずれかである。これと西暦の下一桁とが連動している。恵方が①になるのは西暦の下一桁が4・9 ②になるのは1・3・6・8 ③になるのは0・5 ④になるのは2・7 なので今年2016年は下一桁6だから南南東が恵方になる。願い事をして恵方に向かって海苔巻きを丸かじりするなどという行為は、信じる信じないは人それぞれ勝手であるが、私は完全に馬鹿にしている。海苔巻きは一口サイズに切ってゆっくり味わって食べるのが一番だ。食の安全安心のため、世界一食物を廃棄して粗末にする国日本。ギャル曽根など、大食いを売りにしている芸人が、今でもテレビバラエティに生き続けることができる日本。こんなバカなことは早くやめよう。

2016年2月 1日 (月)

ソナタ

諸般の事情で休止していたバイオリンのレッスンを2月から復活することにした。一昨日久々に鳴らそうとしたが、やはりまともな音がしない。楽器は正直だ。次に習う譜面もいただいたが、自慢じゃないが見たって弾けるわけでもない。とりあえずCDを20回ほど繰り返し聴いたが、前途多難だ。楽器の演奏は人間の「信用」と同じで、無くすのは容易いが、得るのは日々の努力の積み重ねだ。ヴィヴァルディから、「このソナタはそなたには無理だ」と言われているようだ。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »