« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

歌丸笑点引退

桂歌丸さんが笑点の司会を引退されることになった。笑点が始まったときからのメンバーで50年間笑点の顔として出演されていただけに、看板がなくなりポッカリ穴が空いたようだ。人気ある長寿番組なので後任司会者の人選も大変だ。順当なところで三遊亭円楽、外部からの招聘で、西田敏行、タモリ、萩本欽一、立川志の輔あたりから決まるのだろうか?

2016年4月28日 (木)

市松模様

市松模様とは江戸時代の歌舞伎役者佐野川市松が白と紺の正方形を交互に配した袴を穿いて人気になったことから広まっていったそうだ。東京オリンピックのエンブレムが市松模様をイメージした地味な作品に決まった。外国人には意味不明だろうがそんなことはどうでもよい。事前に情報が漏れていたのか盛り上がりのないエンブレム再発表であった。それよりも予期せぬ大災害や事故などのリスクも含めて莫大な予算をかけて建設予定のメインスタジアムがあと4年で本当に出来るのか不安だ。神宮球場資材置き場案もイマイチ納得ができない。プロ野球、大学野球、高校野球など年間400試合開催される野球の聖地をどうするつもりなのか?

2016年4月27日 (水)

フィッシング

 久々にパソコンのメールチェックをしたら、ひとつ怪しいのが来ていた。ゆうちょ銀行を名乗り「登録パスワードを変更された方へのメールです・・・お客さまご自身で変更していない場合は盗用の可能性がございます・・・以下のURLをクリックしてください」こんなメールが来ること自体オカシイのでネットで調べたら案の定「フィッシング詐欺」のようだった。即削除したので難を逃れたが、何となく、うっかりしていると暗証番号やら何もかも盗まれる所だった。基本的に金融機関からの連絡は店頭か封書しかありえない。電話やメールは詐欺と考えて間違いない。

2016年4月26日 (火)

ボチボチ

録画したドラマが1週間分貯まっているので何から見ようか迷うところだが、連休も近いしボチボチ見よう。そういえばもうすぐ5月。夏野菜の苗の植え付けも始める時期だが、これも今年は少し縮小してボチボチである。東京ヤクルトも打撃好調だが投手陣が不安で5位に低迷。ボチボチ上がってくれればいい。7月のバイオリンの演奏会も近づいてきた。これはボチボチ練習していては追いつかないのでちょっとまじめに練習しなければ。

2016年4月25日 (月)

退院

4月24日。入院5日目になると曜日も忘れてしまうが今日は日曜日だ。手術の痛みも少しは緩和したが少々不安も残る。最近は医療技術の進歩と制度の変更で、早く退院させようと言う風潮がある。贅沢にも個室なのでオチオチ入院していられない。普通に歩けるようになったので院内探索で、ローソンで少し買い物。入院後本も3冊目。最後まで読み終えてなかった伊坂幸太郎の「アイネクライネナハトムジーク」を読み始めた。 4月25日。まだ痛みがあるのに結局本日退院することになった。6日間ではありましたが病院スタッフの皆様大変お世話になりました。三菱自動車の燃費不正事件、新名神橋桁落下事故など知らなかったニュースを見てチョッと浦島太郎気分である。高額な医療になりそうなので健保で前もって高額医療の限度額適用認定証を取っておいたので思ったより安くで済んだ。

2016年4月24日 (日)

術後

4月22日。普通に目が覚めたが、多少の違和感あり。することがないのでノートパソコン持ち込みで時間つぶし。もっぱら音楽鑑賞専用である。ネットが使えないので興味半減だが仕方ない。本を一冊読んだ。伊坂幸太郎の「陽気なギャングは三つ数えろ」である。伊坂幸太郎はいつ読んでも笑ってしまう。一日で一冊読み終えるのは入院と言う環境ならではだ。 4月23日。入院して思ったが、たかが一人の手術のために、担当医師以外に昼夜の看護師、栄養士、麻酔担当、食事の配膳、部屋の清掃、事務職員、その他見えないところでも、食事を作る人、病理担当など大勢の関係者が携わっていただいていることを改めて知った。熊本では医師が不足していると言うのに申し訳ない話だ。今日も本を一冊読んだ。斎藤茂太著「老いへのケジメ」である。私も、もっとモノを減らし、未練も断ち切りスッキリしなければと反省。

2016年4月23日 (土)

手術

4月21日。手術前、熊本でも悲しいニュースがあったが、急性肺血栓症(エコノミ症候群)防止のための圧着ソックスをはいた。腹腔鏡下直腸腫瘍切除と手術の書類に書いてあった。腹腔鏡下と言えばG大学のあの医療事故を連想するが、全く問題なく無事終了。手術室で「ここに頭を置いて寝てください」と言う言葉を最後に意識がなくなり、全身麻酔をしたので、いわば臨死体験?をしたがあいにく「三途の川」を見ることは出来なかった。1時間あまり後「手術が無事終わりました」と言う医師の言葉も意識朦朧で記憶があやふやだ。担当医師がイメージ通り無事終えたとおっしゃっていたのでうまくいったようだ。

2016年4月22日 (金)

入院

4月20日から腸の病気で入院した。この歳になるまで入院した経験がなくハラハラ・ドキドキ・ウキウキ気分だ。初日は翌日の手術を控え、色んな検査とか、麻酔とか手術でのリスクについての説明があり、覚悟が出来た。と言うか、まな板の鯉なので医師に任せるしかない。人事を尽くして天命を待つと言うような大げさな話でもないが・・・。スマホ依存症の自分が丸一日スマホを使用せず、禁断症状もなく何とかなるもんだ。手術前なので食事も軽いものになった超薄味だ。文句は言うまい。

2016年4月20日 (水)

AC

熊本地震からACのテレビ宣伝が少しずつ増えてきたように思う。公共マナーや教育的内容で、5年前の東日本の震災の頃を思い出して憂鬱な気分になる。日本人には災害時にギャグやジョークや明るくふるまうのは不謹慎と言う考えがある。苦しみを分かち合う事は正しい自然な行為だと思う。民放は企業広告で成り立っている。企業がイメージダウンになると考えたら、CMは自粛される。ある意味当然かもしれないが、むしろ被災地が絶望的な気持ちになっている時こそ、日常通りにテレビ番組を流す放送局も1つくらいあっていいような気がする。見たくなければ見なくても良い。どうしてもCM自粛で空いた穴は、ACだけではなくヒーリング音楽や明るい情景を流すとかしてはどうか?これ見よがしに「日本国民よ!公共マナーを守りなさい!正しく生きなさい!」と言う、上から目線の映像は自粛してほしいと私は思う。

2016年4月19日 (火)

中傷

熊本地震で実家が全壊するなどの被害に遭ったタレントの井上晴美さんが自身のブログに自分の苦しい状況を呟いただけで、「愚痴りたいのはお前だけではない」と中傷する人間がいる。心ないと言うかひどい奴だ。有名人はいろんな意味でターゲットになりやすい。しかも書き込みは匿名性が高いので書きたい放題だ。一々気にしていてもしょうがないとは言え、許せない話だ。熊本出身と言えば矢代亜紀、石川さゆり、宮崎美子、スザンヌ、森高千里、上田桃子 、古閑美保、倉科カナ・・・津軽海峡冬景色を歌っていた石川さゆりを青森県出身と誤解されることが多いが、熊本県なのだ。

神宮球場

東京オリンピックに関して批判的な事ばかり書いているが、ついに怒りも頂点に達してきた。2020年オリンピック開催前の数か月、わが東京ヤクルトスワローズの聖地神宮球場をオリンピック用の資材置き場にすると言う。だれがこんなバカなことを考えたのか?ファンを愚弄するにもほどがある。ヤクルト球団はシーズンほとんどアウェイになるのか?昔、北海道日本ハムファイターズが北海道に行く前、後楽園球場を巨人と半々にして本拠地として使っていた時期がある。おそらくそれしか方法はないのだろうが、責任者はファンに納得のゆく説明と金銭的な補償をしてほしいものだ。神宮では夏は5回裏終了時に夜空に花火が打ち上げられ、雨が降っても降らなくても雨傘が舞う神宮はファンにはたまらない聖地なのだ。

2016年4月18日 (月)

ご近所さん

今年度は町内の役が当たっているので何かと忙しくなりそうだ。町内の清掃、グランドゴルフ大会、地蔵盆、運動会、ふれあい祭り・・・まあこれも大切なご近所付き合いの一環であるし「大過なく」役を全うしようと思う。熊本の大震災で被災者は想像を絶する困難と絶望の淵に立たされている姿を見て、明日は我が身であり、こんな時大切なのは遠くの親戚より近くの他人であるといつも思う。ご近所さんと平素からコミュニケーションをとっておくことが大切だと思う。

2016年4月17日 (日)

尼崎

兵庫県尼崎は3つの顔を持つ町だ。北の阪急沿線は、武庫之荘や塚口などハイソサエティで閑静な高級住宅地のイメージ。JR付近は、北側は開発が進むビルやショッピングモールがあり、南は昔のままの住宅地?そして南の阪神沿線はコテコテの庶民的な下町。昨日所要があって阪神尼崎駅前に行った。商店街はなぜかパチンコ屋が多く、食事もB級グルメで立ち食いやカウンター席の店が多い。阪神タイガースのファンでなければ歩くのが怖い?印象がある。尼崎市民も北と南で両者は互いに何となく敬遠し合っているような気もする。水と油のような関係の阪急と阪神がなんで合併してH2Oリテイリングになったのか今でも私は謎に思う。

2016年4月16日 (土)

前震と本震

14日午後9時過ぎの震度7の大地震は、前震であって16日午前1時25分に発生したマグニチュード7.3の地震が本震だった。しかも熊本、阿蘇、大分3つの地震が別々に発生した。死者37名。負傷者1000人以上、9万人が避難・・・などなど次から次へと情報が交錯し、何から手を付けてよいのかわからない状況だ。震源が少しずつ東へ移動しているのも不気味だ。南海トラフと言う大きな溝がいよいよ動き出したのだろうか?マスコミの取り扱いが東北の被災地から九州に注目が移行してしまうのも心配だ。日本全土非常事態だ。

2016年4月15日 (金)

熊本地震

4月14日午後9時26分ごろ、熊本県益城町で震度7、熊本市などで震度6の地震発生。15日午前6時現在、9人死亡、県内の負傷者は少なくとも860人で、505カ所の避難所に、約4万4400人が避難したそうだ。余震が120回ほどあったというから住民の皆さんの不安ははかり知れない。何もない平凡な日常を過ごせる私たちは幸せだ。被災地の逸早い復旧を祈るばかりだ。「平成28年熊本地震」と名付けられた今回の地震だが、私の知人が「益城」に住んでいるので心配で朝電話で安否を尋ねたが、幸い家族も家も無事だったそうだ。何よりだ。地震の後余震が続いて眠れなかったそうだ。何か手助けしたい気持ちはあるが、たちまち何も出来ないので静観するしかない。

2016年4月14日 (木)

マフィン

n朝がパン食の我が家は食パンと牛乳が欠かせない。ヤマザキパンは配合成分が気に入らないので、タカキベーカリーか敷島パンの製品を買うことが多い。特に敷島パンの山型超熟を買うことが多いが、最近イングリッシュマフィンを時々買う。外がカリカリ中がもっちりで美味しい。食べ方は色々試行錯誤しているが、具材を挟んでよし、載せてよし、意外と食べやすい。ところで、マフィンと言えばマクドナルドの朝マックのメニューの定番だが、なぜ朝だけエッグやソーセージマフィンがあるのに昼はないのだろう?しかも朝マックのメニューを見るとフィレオフィッシュやソーセージやエッグやハッシュポテトが主体でレタスがあまり使われていない。謎だ。

2016年4月13日 (水)

イチゴの品種

私が子供のころイチゴは練乳をかけて食べるものだと信じていた。今ではそれはありえない。イチゴにはいろんな品種がある。章姫、とよのか、とちおとめ、女峰、紅ほっぺ、アイベリー、さちのか、さがほのか、ひのしずく、あまおう、越後姫、とちひめ、やよいひめ、かなみひめ、などなど。なぜか「姫」という名前が多いのはイチゴは多分女性?なのだろうか?イチゴと言えばかつては西の「とよのか」、東の「女峰」と言われていたそうだが最近は西の「あまおう」、東の「とちおとめ」と言われているそうだ。私の知っているイチゴ園ではもっぱら「章姫」と「紅ほっぺ」が中心だ。「章姫」はほとんど酸味がなく、とにかく甘くておいしい。しかし冬が過ぎて春になるとやや薄味になる。一方「紅ほっぺ」は「章姫」と「さちのか」を掛け合わせた品種で、甘味と酸味のバランスが良く、傷みにくく香りが高いのが特徴だ。子供には少々酸っぱく感じるのが難点だが、フルーツ本来の味わい深さがある。昨日「紅ほっぺ」を食べたが、ほっぺたが落ちそうなくらい絶妙な味であった。

2016年4月12日 (火)

濃いピンクの桜

桜がほとんど散ってしまったが、近所に濃いピンク色の桜が見事に咲いていた。この花の名前がわからない。いろんな人に聞いてみたが「河津桜」と言う人もあれば「大島桜」と言う人もいる。はたまた「陽光桜」とか「寒緋桜」とか皆言うことが違うので真実は藪の中だ。誰か教えて?・・・いずれにせよ鮮やかなピンク色で見ていても元気の出る色だ。今年は例年通りに桜が開花したが、散ってからまた寒くなったり不順な天候だ。明日あたりから、そろそろ本格的な春の陽気になってほしいものだ。

2016年4月11日 (月)

北島康介

「チョー気持ちいい」とか「何も言えねえ」と言う名言を残して日本国民に感動を与えてくれた競泳男子平泳ぎの北島康介選手が引退を表明した。意味不明な選考基準の犠牲になったとしか思えなが、止むを得ない。いい潮時かもしれない。オリンピックと言えば東京五輪のエンブレム候補が発表された。地方創生に逆行するような東京中心?関西人にはあまり関係のないイベントなので、もはやどれでもいいと言う感じだ。とにかく安上がりな方法を考えてほしい。

2016年4月10日 (日)

空気の振動

昨日久々バイオリンの合奏練習に参加した。アンサンブルは弾けそうで弾けない、微妙に音合わせが難しい。それでも音がぴったり合った時が快感である。突然おかしなことを言うが、音楽の趣味は不思議だ。絵画なら絵が残る。釣りなら魚が釣れる。家庭菜園なら野菜が出来る。ドライブはいろんな場所に移動できる。日曜大工なら作品が残る。料理ならおかずが出来る。基本的に成果が目に見える。しかし音楽は目に見えないし、終われば消えてしまう。演奏中、空気が振動するだけで何も残らない。残るのは耳に残る音だけである。それでも音楽は心に響き、記憶に残り、気持ちを豊かにする。ただし演奏が一定水準以上あればの話だが。クラシックであれポップスロックであれ、音楽の趣味は死ぬまでやめられない。

2016年4月 9日 (土)

胃カメラ

会社の健康診断を長い間受診していなかったので3月の大腸内視鏡検査に引き続き4月6日胃カメラ検査をしてもらった。朝から食事も水も摂取不可で、オエっと苦しみながらも15分程度で無事終了。結果は後日の診察でわかるそうだが、胃カメラも大腸内視鏡も二度としたくない検査だ。胃の検査と言えば昔はバリウムを飲むのが定番だった。しかし最近は胃カメラの進歩でバリウム検査は減少傾向だそうだ。あと何年かしたら「胃の検査でバリウムを飲んだ」と言うのが昔話になるのかもしれない。

2016年4月 8日 (金)

リコール

日産ルークスがエアコンのコンプレッサの不具合でエンストするらしいのでリコール無料修理をしてもらった。ついでに冬用タイヤの交換もしてもらって懸案事項も解決した。待ち時間に展示してあった「日産ノート」を見て思ったが、軽自動車も普通車もほとんど値段が変わらない。何が違うのか?維持費である。ガソリン代も任意保険も税金もやはり軽の方が安いし、軽は4人乗りだが、中の広さは軽の方が大きい場合もある。次回買うとしたらやっぱり軽だと考えているが、平成27年4月以前に買った軽はとことん乗り続けた方が税金を考えると有利だ。

2016年4月 7日 (木)

前田健太

ドジャースに移籍した前田健太投手がメジャーで華々しいデビューを飾った。パドレス戦で初先発、6回を投げ5安打、4奪三振、無四球、無失点、84球でマウンドを降り、初勝利を飾り、メジャー初本塁打のおまけもついて、素晴らしい1日であった。前田健太と言えばPL学園出身。2013年暴力事件で対外試合禁止、清原和博覚せい剤事件、野球部休止など暗いニュースが続いていたが、同じPL出身の福留孝介も怪我もなく順調なスタート。久々明るいPLだ。

2016年4月 6日 (水)

スマホ代

Softbankのスマホを使っているが、月額使用料をもう少し下げたいのでデータ定額パック「小容量2」を4月21日から「小容量1」に変更することにした。ダウンロードなど2GBが1GBになるがまあ何とかなるだろう。1月も2月も600MB程度しか使っていなかったが、3月はあまり身に覚えがないのに1.5GBほどつかったのでショップで聞いてみたら、バックグラウンドで通信させる必要のないアプリの通信を制限したら良いと聞いたので、さっそくそれらのアプリを無効にした。YOUTUBEなどはスマホではなくパソコンを使い、さらにスマホのアップデートなどは自宅のスピードの速いWIFIを使うようにするとよいそうだ。これで5月からスマホ料金が600円ほど安くなるはずだ。

2016年4月 5日 (火)

ゲタさん

慶應大学経済学部の男声合唱団だった3名と後に1名加わって出来たダークダックス。60歳以上なら知らない人はいない国民的コーラスグループだった。NHK紅白歌合戦15回出場。30年以上一度もメンバーチェンジしなかったグループでもある。高見澤宏(パク)、佐々木行(マンガ)、喜早哲(ゲタ)遠山一(ゾウ)とメンバーそれぞれ愛称で呼ばれていた。1997年マンガさんが病気でリタイアし、パクさんが2011年心不全で亡くなり、そして先日ゲタさんが肺炎で亡くなった。最大のヒット曲は1966年の「山男の歌」である。その後雨後の竹の子のようにグループが結成された。デュークエイセス、ボニージャックス、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、和田宏とマヒナスターズ、黒沢明とロスプリモス、キングトーンズ、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、さらには、沢田研二や岸部一徳がいたタイガース、堺正章や井上順がいたスパイダーズ、萩原健一がいたテンプターズ、ヴィレッジシンガーズ、オックス、カーナビーツ、ゴールデンカップス、ワイルドワンズ・・・高齢者のみぞ知る古い話である。

2016年4月 4日 (月)

レンコン

日曜日の朝、テレビでレンコンの効能について放送していた。レンコンはビタミンCを多く含み、食物繊維、カリウム・鉄・亜鉛などのミネラル、さらに最近注目されているムチンやポリフェノール(タンニン)などを含んでいる。レンコンに含まれているビタミンCは熱しても壊れにくいそうだ。効能効果は胃腸の働きを助け、免疫力を高める効果もある。と言う事はアレルギーを抑える効果もあり花粉症も軽減するらしい。美容にも良いとか、いいことずくめである。レンコンは見通しが良いと言う事でお節にも入っているが、この食材、健康のため要チェックだ。

2016年4月 3日 (日)

南海トラフ

4月1日お昼前スマホがけたたましく鳴り、何かと思ったら緊急地震速報だった。三重南東沖で地震発生し、和歌山県では震度4だった。揺れは広域に発生し、あべのハルカスもかなり揺れてエレベーターが停止したそうだ。我が地方も震度2だったそうだがまったく揺れを感じなかった。緊急地震速報、まさかエイプリルフールの冗談かと思ったくらいなんともなかった。ただ、東海、東南海、南海地震はいつ発生してもおかしくないと言われている。もしやその予兆なのだろうか?南海トラフとは西は四国沖から東は駿河湾沖までの沖合100キロあたりに伸びた延長700キロ、深さ4000mの溝のことを言う。そこを震源域と考えられる大地震が周期的に発生している。1361年正平、1498年明応、1605年慶長、1707年宝永、1854年安政1944年昭和・・・周期を見ると137年・107年・102年・147年・90年・・・100年周期で来るとしたらそろそろ?である。ただ怪しげな予言者や宗教者まがいの言葉には振り回されないのが肝心だ。

2016年4月 2日 (土)

あさが終了

「あさが来た」最終回を観た。なかなか素晴らしいエンディングであった。朝ドラなど生涯見たことがなかったが、今回はほとんど全部録画して夜に見た。「朝ドラ」でなく「夜ドラ」だったが最終回を見ると何やら喪失感ロス感が漂う。関西弁の不自然さを除けばドラマとしては面白かった。少し朝ドラを忘れるため次回の「とと姉ちゃん」は一切見ないことに決めた。

2016年4月 1日 (金)

1回戦負け

昨日歌舞伎俳優の片岡愛之助と女優の藤原紀香が結婚。同じ日に女優の三船美佳とロック歌手の高橋ジョージの離婚成立が発表。またこの日、選抜高校野球大会で智弁学園(奈良)が延長十一回の末、高松商(香川)に2―1でサヨナラ勝ちし、春夏を通じて初優勝を果たした。そんな中、滋賀県では嫌な事件があった。激励会で県庁を訪れていた滋賀学園の選手に対して、自民党吉田清一県議がバスの駐車の仕方が悪いと注意し、腹いせに「1回戦負けしろ」と暴言を吐きこれから頑張ろうという高校生の気持ちを打ち砕いた。バスの駐車方法は選手には全く関係のない事。皮肉にもこの暴言が励ましとなってベスト8まで進出したのはあっぱれだが、こんな県議は「落選しろ」と言いたい。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »